何かと忙しい都会生活!
それでもダイビングを通じて海を身近に生活してるスタッフ達の不定期日記。

マサシ:筋肉の貯金はできる

マサシ:
筋肉の貯金はできる

ミカ:トイレ近い

ミカ:
トイレ近い

マイ:一番エライちび

マイ:
一番エライちび

スナオ:黒い。無知。

スナオ:
黒い。無知。

ユキヤ:祖父農家 米安定供給

ユキヤ:
祖父農家 米安定供給

マサ:脳が硬式野球

マサ:
脳が硬式野球

「伊豆」カテゴリーアーカイブ

光と影のコントラスト、ゆえに。

8月28日(土) 雲見 透明度:10~15m 水温:27℃

 

 

 

水中洞窟は、美しい。
光と影のコントラストが。

 

 

水中洞窟は、難しい。
そのコントラスト、ゆえに。
前を泳ぐダイバーがみな同じに見える。

 

 

 

だから・・・

 

 

 

マサシさんチームに
ついて行ってしまったのですね・・・
名は触れないでおきましょう、ミャーキさん。

 

 

 

地形ダイビング@雲見日帰りツアー
このコントラストが仇となる・・・笑

 

 

2チームで向かった雲見は、
お天気に恵まれ、透明度もよく、
ベストコンディション。

 

 

初めての雲見という方が多かったこの日は、
水中地形をたっぷり満喫。

 

 

水中洞窟@雲見ダイビングツアー

 

キンメモドキ@雲見ダイビングツアー 水中洞窟@雲見ダイビングツアー

 

地形ポイント@雲見ダイビングツアー

 

 

洞窟の中を占める小魚の群れ。
鮮やかなソフトコーラルの上を泳ぐ魚。
たまーに手元の可愛い子たちも。

 

 

ブルーコーナー@雲見ダイビングツアー
穴の上も良い。

 

アオサハギ幼魚@雲見ダイビングツアー
キラキラの瞳も好き。

 

 

良き海に満足・満腹。
でも、胃袋は空っぽ。

 

 

さぁてと。
お昼ご飯は、青空弁当!

 

 

クーラーボックスには冷えた飲み物。
太陽さんさんに浴びて食べるご飯はいいですね。

 

 

本日のお弁当は・・・
メンチカツと魚の揚げ物♪

 

 

あれ?

 

 

一人だけ鳥のから揚げ・・・?

 

 

まさかフィッシュとチキンを間違える・・・
なんてことはもちろんありませんよね。
ミャーキさんのお弁当、いいなぁ(笑)

 

 

みか

 

 

たりない

 

 

 

2021.8.18 平沢 透視度8-12m 水温26℃

 

 

 

 

 

 

プール講習を担当したマサさんの報告では、彼女は

 

 

 

 

『すっごいパワフル。

フル器材を背負ったまま壁をよじ登って、プールから出ちゃう。』

 

 

 

 

 

そんな大学生の女子のM莉ちゃん。

 

 

 

 

さぞ、凄いんだと思い、海洋実習を担当することに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

報告の通り、彼女はとてもパワフルです。

 

 

 

 

 

 

一度フィンキックを開始させれば、

 

フィンが気の毒に感じるほど、もの凄く曲がってしまう。

 

 

 

 

 

ぐんぐん進む彼女の姿には、惚れ惚れしてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変な方に泳いでいったなーと思えば、

 

急いでまた戻ってくるし、

 

 

 

群れに入って消えたかと思えば、

 

突然出てきたり、

 

 

 

 

 

 

彼女はエネルギーに溢れている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女にとって、ダイビングの40分は短過ぎるそうだ。

 

 

 

陸上に上がってから、

 

彼女は「もっと潜りたいです。」と嘆いていた。

 

 

 

 

きっと60分、90分くらいがちょうど良いんでしょうね。

 

 

 

 

それをやったら、彼女以外の人がぐったりしてしまいそう・・・

 

 

とんでもない体力ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女はまだ講習初日。

 

まだまだ上手くなれる。

 

 

 

 

ただ、彼女がものすごく上手くなった時は・・・

 

恐ろしいでしょうね。

 

 

 

 

 

負けないようにしないと。

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

強がりは、だめよ

 

 

 

2020.10.24 平沢 透視度5~7m 水温23.4℃

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽は暖かい
裸の大将

 

 

 

 

 

 

 

すっかり、寒くなった。

 

 

ドライスーツで快適に潜れる日が続いている今日この頃。

 

 

 

 

 

 

 

ホシはまだウェットスーツ。

 

 

 

この日は地上に上がるなり、寒くて日向ぼっこ。

 

 

 

 

 

 

皆はドライスーツでぬくぬくとしているのに、ホシはウェット。

 

 

早く自分のドライスーツ届くと良いね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

ドライが快適ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

彼を見ていると、3年前の僕を思い出します。

 

 

 

僕も始めた当初は、ウェットスーツしか持っていなく、

 

11月末までずっとウェットスーツでした。

 

 

 

 

 

『自分暑がりですから。』

 

 

 

 

 

 

そう豪語し、決してドライスーツを着ようしていませんでした。

 

7月上旬にライセンスを取得したボクは、

 

8月、9月とウェットスーツで快適に潜っていました。

 

 

 

 

 

 

 

あなたは寒くないの?

 

 

 

 

 

 

 

ひょんなことから、9月中ごろ本栖湖ツアーに参加することに。

 

皆がドライスーツを持っているのにも関わらず、僕はウェット。

 

 

 

 

『玉ちゃんなら大丈夫だよ。』とミカさんがニコニコしながら、

 

言うもんだから、信じてついていくと・・・水温11℃。

 

 

 

 

 

 

当時殺意がわいたのを、今でも覚えています。

 

 

 

 

 

 

寒いのは、つらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネンブツダイの幼魚

 

 

 

 

 

 

 

ホシは今、3年前の僕のような状態。

 

 

 

 

ほら、周りを見てごらん。

 

 

ミヤコシさんだって、サキさんだって、

 

ドライが初のリマちゃんだって・・・快適そう。

 

 

 

 

 

誰もさむがってないよ。

 

 

 

 

 

 

 

きもちいいね~

 

 

 

 

 

 

ホシ!!

 

 

 

強がりは、ダメよ。

 

 

 

自分が、寒くなるだけだから。

 

 

 

 

 

 

ゆきや

祝。

9月6~7日(金夜・土) 神子元 透明度:30m! 水温:27℃!!

 

 

 

ここは沖縄??

 

 

 

透視度30m、光のカーテンが見える伊豆の海にて、
ハンマーヘッドシャークの群れと出会う。

 

 

カナイさんの興奮の声入りまくりの動画をお楽しみください(笑)

 

 

 

 

明日、船が出るかを気にしながら床についたこの日。
ダイコンに目をやると、2時だった・・・。

 

 

前泊神子元ダイビングツアー
つい、ついね・・・。

 

お風呂渋滞で、杯が進んじゃうのです。

 

正座派タマちゃんを、囲っちゃうのです。

 

ミチルさんの説教が始まっちゃうのです。

 

要は、楽しいのです(笑)

 

 

 

 

やってしまった・・・眠たい目をこすり、後悔の念を抱く。
でも、そんな眠気をも吹き飛ばす海。

 

それが、神子元。

 

 

タカベ@神子元ダイビングツアー
タカベの雨。
イサキ@神子元ダイビングツアー
イサキの霰。

 

タカベとイサキの雨あられ。
右見ても左見ても、魚。
うっすら何か見えたなーと思ったら・・・

 

 

ハンマーリバー@神子元ダイビングツアー
このフォルム!!

 

ハンマーヘッドシャーク@神子元ダイビングツアー
で、で、で・・・でたーーー!!

 

カマストガリザメ@神子元ダイビング
カマストガリザメも!!

 

さっきまで私が手を引いていたミチルさんに、引っ張られていく。
いつも最後尾で写真を撮っているレナさんが・・・男をぶち抜いて消えていった。
唯一ドライだったリューイチさんが辛そうだった・・・ゴメンナサイっ。

 

 

何はともあれ2チーム全員でハンマーリバーGET。
自分がどっちチームかわかっていなかった男がいたとかいないとか?笑

 

そして本日お誕生日のカナイさん、おめでとうございます。
過去最強のプレゼント間違いなしっ。

 

 

ハンマーヘッドシャーク@神子元ダイビング
かっこいーーー!

 

 

よかった、よかったーーーーー!!

 

 

 

満面の笑みで帰港。
祝杯をあげるためいそいそとシャワーを済ませるみんな。

 

 

さぁ、かんぱー・・・

 

 

まさかのビール売り切れという緊急事態。
ついでにアンザイさんお楽しみのペヤングが行方不明。

 

食料と黄金色の液体を求めて、
喜びも束の間に、私たちが早々に撤収したのは言うまでもなく。
続きは帰りのハイエースにて(笑)

 

 

みか

多種多様な面々

 

 

 

2019.8.26~27(月・火) 大瀬崎・井田 透視度3~10m 水温27.6℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多種多様な人が集まるスポーツ、ダイビング。

 

 

 

このお泊りも面白い人5人が集まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい顔してる!!
あれ一人足りない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怪我した回数は数知れず、話せばネタの宝庫のユカさん。

 

男前なフリして何気にお化けが大っ嫌いなアユミさん。

 

早寝早起きのノブエさんとケトジェニックのケンタさん。

 

結構毒舌なナナミちゃん。

 

将来禿げる予定のぼく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さ~行くぞー!
器材・・・・重いなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重たい器材。

 

 

果てしなく感じる砂浜。

 

 

ジリジリ照りつける日光。

 

 

ちょっと辛い陸地を乗り越え、いざ海の中へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見失わないよーに。慎重に。

 

美味しそう!!

 

夫婦で助け合い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

透視度3m。

 

 

お互いが見えにくい中、目を凝らす。

 

 

目を凝らすと、そこには砂煙が。余計見えない。

 

 

見えないストレスと戦いながら、

 

 

迷子にならないように、迷子にならないように気を付ける。

 

 

時には迷子になったり。

 

 

そんな経験をしながら、楽しみの夜へと移る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケトを極めし男

 

あつ~い

 

疲れたな~

 

曇っているけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しい美味しい、それは美味しい晩ご飯。

 

 

ボリューム満点の食事に箸が進む。

 

 

そして、オヤジのお気に入りになるアユミさん。

 

 

『イエちゃん旨いか?』

 

 

『イエちゃん飲んでるか?』

 

 

『どうだイエちゃん、辛いか?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユカさん、見過ぎです。
ユカさん、見過ぎです。

 

 

 

 

 

 

 

 

部屋では、何故かぼくの過去を根掘り葉掘り。

 

 

思い出し、悲しくなる僕。

 

 

それを見て、喜ぶナナミちゃん。

 

 

母のように眺めるユカさん。

 

 

押し入れに入ろうとするアユミさん。

 

 

突っ込みどころ満載の面々に夜は笑いが止まらなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

模範のような『アーッ』

 

 

使い方聞いてませんでした。
使い方聞いてませんでした。

 

 

正解!
正解!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事全員が合格。

 

 

ご飯屋の時間がギリギリに迫ってきたため、

 

 

急いで車を走らせる。

 

 

 

 

 

 

結果、間に合わず。

 

 

5分の4で車酔いになる。

 

 

締まりが悪かったなあ。

 

 

ただ、疲労と車酔いの体には、

 

 

アジのまご茶漬けが沁みた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲーージいくつー?

 

 

 

 

 

 

 

 

ケンタさん、ノブエさん、仲良くするんですよ。

 

 

進むときは振り返って、

 

 

お互いがちゃんといる確認してくださいね。

 

 

 

 

 

 

皆、ほんとうにおめでとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや