何かと忙しい都会生活!
それでもダイビングを通じて海を身近に生活してるスタッフ達の不定期日記。

マサシ:筋肉の貯金はできる

マサシ:
筋肉の貯金はできる

ミカ:トイレ近い

ミカ:
トイレ近い

マイ:一番エライちび

マイ:
一番エライちび

スナオ:黒い。無知。

スナオ:
黒い。無知。

ユキヤ:祖父農家 米安定供給

ユキヤ:
祖父農家 米安定供給

マサ:脳が硬式野球

マサ:
脳が硬式野球

「ツアー」カテゴリーアーカイブ

のんびり、じっくり、まったり。

1月12日(水) 大瀬崎 透明度:15~20m 水温:15度

 

 

朝日が眩しい、東伊豆の海岸沿い。
キラキラ眩しい海が広がっている。
山々に隠れて富士山が見えないのだけが残念。

 

 

『今日、お願いしまーす』

 

『ごめんなさいー今日お休みなんですー』

 

 

まさかの・・・
定休日・・・でした・・・。

 

 

 

急遽私たちは山を越え。

 

こんなにも綺麗な富士山を見れたのでした。

 

 

富士山@大瀬崎ダイビングツアー

 

 

 

ずいぶんのんびりしたスタートでしたけど、
ほぼ貸し切りの大瀬崎はさらにのんびり。

 

 

カメラを構えた二人は、超~のんびり。
(というか・・・動かない・・・。)

 

 

ヒラメ@大瀬崎ダイビングツアー

 

 

ヒラメと私が遊んでいたことも、
撮影時間の長さに呆れたヒラメが泳ぎ去ったことも、
お二人は知らないのでしょう。

 

 

でも、粘った甲斐あり、
モデル貸し切りだったし、
素敵なお写真たくさん。。。

 

 

イロカエルアンコウ幼魚@大瀬崎ダイビングツアー
人生(魚生?)で一番注目されました。

 

フジタウミウシSP@大瀬崎ダイビングツアー
冬の子、ぞくぞく出てきたよ。

 

ヤマンバミノウミウシ@大瀬崎ダイビングツアー
下向きなウミウシ。

 

その時その場所でしか出会えない光景、
見事に切り取ってくれたお写真も。。。

 

 

イソカサゴ捕食@大瀬崎ダイビングツアー
あぐあぐ・・・

 

ホシクズミノウミウシとミズヒキガニ@大瀬崎ダイビングツアー
ホシクズミノウミウシonミズヒキガニの持ってる海草

 

 

そして何より本日のメイン・リクエスト。

 

 

『ピカチューに会いたい!』

 

 

ピカチュー@大瀬崎ダイビングツアー
初ピカチュー!!

 

ミサキさん、想いあふれる写真、
ありがとうございます。

 

 

マクロレンズもバッチリ使いこなしてるし。
ワイドもバッチリ。
・・・モデルのニモさんが大層喜んでおります(笑)

 

 

浮遊系@大瀬崎ダイビングツアー
浮遊系撮影中のニモさんwith一眼。

 

 

青空休憩、青空ランチ。
たまには自然の中でたっぷり深呼吸して。
のんびりお散歩しましょ。

 

 

ビャクシンの木々の間を抜け、
遅ればせながらみんなで初詣。

 

 

今年も、いい一年でありますように。

 

 

大瀬神社@大瀬崎ダイビングツアー
シーサーにしか見えない・・・狛犬さん。

 

みか

 

 

また、来週。

1月10日(月) 大瀬崎 透明度:15m~ 水温:16℃

 

 

 

ビャクシンの木々を抜けてエントリー。

 

 

ビャクシンの林を抜けて@大瀬崎ダイビングツアー

 

 

 

穏かまったりイメージの大瀬崎。
実は週末限定でOPENするポイントがあります。

 

 

水深あっという間に40mの急斜面。
時に急な流れの中をハナダイ乱舞。
ちょっぴり中上級者向け。

 

 

 

 

 

そこで中性浮力を取りながら、
余裕で泳ぐこの方々。

 

 

大瀬崎先端ダイビングツアー

 

 

長くても半年前に始めたばっかり。

 

 

それが気がつけばアドバンスを取り。
あっと言う間に50本を超えてたり、
沖縄に行って成長してたり?笑

 

 

おまけに本日皆さんの背中にはエンリッチタンク。
MSDへと着々と歩みを進めている・・・

 

 

その潜るペースと上達スピードに、
一人密かに驚き、感動。

 

 

 

なんて、ちょっと嬉しくなった先端のあとは、
安定穏やかな湾内へ。

 

 

浮遊系の生物がもーすごいっ。
キアンコウも出現しているらしい。
背中には無敵のエンリッチ♪

 

 

クラゲ@大瀬崎ダイビングツアー

 

ヒカリボヤ@大瀬崎ダイビングツアー

 

ウリクラゲ@大瀬崎ダイビングツアー

 

 

窒素に無敵のエンリッチ、
遊び・・・すぎましたね・・・。
エア切れという壁の前に敗れる・・・笑

 

 

まだまだMSDへの道のりは長い。
これからもどんどん潜りましょう。
え?みんな、来週もなの?!

 

 

 

おまけ。

 

 

 

 

 

休憩中、旬なミカンをもぐもぐしていると。

 

 

『ミカがミカン食べる・・・くすくす・・・』

 

 

オキシマさん、全然楽しくないですから。
でも、絵は、上手い・・・笑

 

 

みか

 

 

今後の楽しみ。

1月8~9日(土・日) 田子 透明度:15m 水温:15度

 

 

ここどーこだ。

 

 

外海ダイビング@田子PADIアドバンス講習

 

 

港からボートで走ること10分。
青い海のど真ん中。
ぽつりと浮かんがブイの下。

 

 

田子が誇る外洋ポイント、
沖の浮島根の水中世界へ、ようこそ。

 

 

初心者ツアーで練習した海とは一味違います。
魚が1匹、2匹、3・・・万匹はいます。
下だって、見えないくらい深い。

 

 

そんな海に、一緒に潜れる日が来たこと、
とっても嬉しかったです。

 

 

1年のブランクからの、復活。
15年のブランク(!)からの復活(笑)
おかえりなさい。

 

 

 

でももちろん、
ちょっと難しい海を楽しむためには、
特訓も必要です。

 

 

 

コンパスを見て、

 

同じ四角形を描いてね。

 

・・・・・同じ?笑

 

コンパスナビゲーション@PADIアドバンス講習

 

なぜか最後はお二人とも、
同じゴールに帰ってきましたが(笑)

 

 

夜の海も経験しましょ。

 

寝ている魚かわいいね。

 

・・・・・捕獲?汗

 

ボウズコウイカ@田子ナイトダイビング

 

狩の本能が目覚めちゃうのでしょうか?笑

 

 

楽しみにしていたカメラチャレンジ。
この楽しさに、目覚めちゃいましたか?

 

ニシキフウライウオ@水中写真

 

 

ちなみに、先輩はそれはそれは楽しそうです。

 

 

アカオニミノウミウシ@田子ダイビングツアー

 

フジイロウミウシ@田子ダイビングツアー

 

キンホシイソハゼ@田子ダイビングツアー

 

カイカムリ@田子ダイビングツアー

 

 

エキジット後の、この表情(笑)

 

 

田子ボートダイビングツアー

 

 

お正月明けで海は空いているし。
暖かいご飯に熱い温泉、豪華刺し盛まで。
海以外にも楽しみは多いなぁ。

 

 

さかなや食堂@田子アドバンス講習
お初です、さかなや食堂!!
とんてき定食@田子さかなや食堂
出前じゃ食べられない味♪
伊豆民宿あま@PADIアドバンス講習
あまのおばちゃん、いつもありがとうございます。

 

 

無事、アドバンス取得、おめでとうございます。
見守って頂いた皆さん、ありがとうございました!

 

 

あ、ヒカルもね。
スペシャリティ講習おつかれさまでした。
ナチュラリストへの道のりは長いね(笑)

 

 

さてと、次の海は~・・・
え?BBQツアーやりたい?
まぁ楽しみは、海だけじゃないですからね(笑)

 

 

みか

 

 

ウシの時期

 

 

 

2022.1.8 田子 透視度18ー20m 水温16‐17℃

 

 

 

 

 

 

 

 

ほとんどの人がこの日が潜り始め。

 

 

 

 

透視度20m。

 

 

 

 

さいこうっ♪♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも今日は、どーやら透視度なんてどーでもいいみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後ろには、キンギョハナダイがワサワサしている。

 

 

 

 

でもそんなのお構いなし。

 

 

 

 

今日はごめんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聞くところによると、ウミウシの時期が来ているようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

後ろには見向きもせず、壁をじっくり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たのしいっ♪たのしいっ♪♪

 

 

探せば、探した分だけ出てくるウミウシたち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆が散り散りになって探すと、

 

 

 

それぞれがマイウミウシを発見できちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しい季節になってきましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ小さ過ぎる時期ではありますが、

 

 

これからどんどん成長するはず。

 

 

 

 

 

 

 

興味ない人も興味持ってみては・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海ではウミウシが最高ですが、

 

 

陸上では、ウシの乳が染みる時期。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポッカポカにした、

 

 

車内で食べるソフトクリームと牛乳は、かくべつっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

冬はウシの時期です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご賞味あれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

 

 

 

今年もこの家族でスタート。

 

 

 

2022.1.2-3 IOP:井田 透視度10‐25m 水温14‐16℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20年くらい前は、

 

 

きっとこんな感じでデートしていたんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

年末年始は、どこか旅行へ行き、

 

 

絶景でも眺めながら、2人の将来の事を考えていたんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから20年が経ち、2人の間にはショータが誕生、

 

 

 

年末年始は3人でどこかに出かけるようになったようで・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2人が海を眺めながら、黄昏る姿を後ろから眺める子:ショータ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それをさらに後ろから眺める、ボクとウサミさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとも不思議な光景です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相変わらず子:ショータから父:アキさんへの当たり強めなのは

 

 

2022年も継続するようですが、

 

 

それもまたこの家族の特徴なのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて見たウサミさんは、最初びっくりしてましたが、

 

 

終わるころには、だいぶ馴染んだようで。

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで親戚の叔父さんのように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年に引き続き、今年も3人の家族旅行から始まりましたが、

 

 

2022年はどんな1年になるんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショータは次は高校生に、

 

 

 

ウサミさんは遂にマイ器材に。

 

 

 

 

 

 

今年も変化の1年になるでしょうけど、

 

1年間はお世話になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや