何かと忙しい都会生活!
それでもダイビングを通じて海を身近に生活してるスタッフ達の不定期日記。

店長:マサシ

マサシ:
筋肉の貯金はできる

スタッフ:ミカ

ミカ:
トイレ近い

スタッフ:マイ

マイ:
一番エライちび

スタッフ:スズカ

スズカ:
すぐ寝る。

スタッフ:ユキヤ

ユキヤ:
祖父農家 米安定供給

スタッフ:マサ

マサ:
脳が硬式野球

「ランクアップ」カテゴリーアーカイブ

真剣な時の面白さ。

 

 

 

2022.11.12₋13 レスキュー講習 in 大瀬崎 

 

 

 

 

 

 

レスキュー講習@レスキュー講習

 

レスキュー講習@レスキュー講習

 

 

 

 

 

 

正直、「またやりたい」とはなってないはず・・・。

 

顔は日焼けするし、

 

身体にはとんでもない疲労感が襲ってきて、

 

翌日にはあっちこっち痛くなる。

 

 

 

 

 

 

今回もそれはそれは激しいレスキュー講習でした。

 

 

 

 

 

 

レスキュー講習@レスキュー講習 レスキュー講習@レスキュー講習

 

レスキュー講習@レスキュー講習 レスキュー講習@レスキュー講習 レスキュー講習@レスキュー講習

 

レスキュー講習@レスキュー講習レスキュー講習@レスキュー講習 レスキュー講習@レスキュー講習

 

 

 

 

見慣れない真剣な表情、

 

そして真剣な時にこそ起きる、皆の面白アクシデント。

 

 

 

 

 

特にノゾムさんにはだいぶ笑わせてもらい、

 

水中で探し物(僕のオレンジ色のフロート)を探す練習中、

 

円形サーチで捜索してもらったら、

 

ノゾムさんは砂まみれになった黒のウェイトベルトを持ってきて、

 

「あったよー!!」

 

とアピールしてきたり、

 

 

 

 

 

ファイヤーマンズキャリーという担ぎ方の練習中、

 

ノゾムさんには僕を担いでもらった。

 

事前にコツを説明したのだが・・・、なぜかこの体勢に・・・。

 

 

 

 

レスキュー講習@レスキュー講習
イチャイチャしているわけではありません。

 

 

 

 

この時ボクはノズムさんの膝の上に座っています。

 

 

左手は僕の足を、右手は僕の背中を掴んでいました。

 

 

なぜでしょう。。。

 

 

ボクはとても不思議な気持ちになりました。

 

 

笑いが止まりませんでした。

 

 

 

 

 

レスキュー講習@レスキュー講習レスキュー講習@レスキュー講習

 

レスキュー講習@レスキュー講習レスキュー講習@レスキュー講習

 

 

レスキュー講習@レスキュー講習

 

 

 

 

 

身体を使い、

 

 

 

 

 

レスキュー講習@レスキュー講習

 

 

 

 

 

胃を使い、

 

 

 

 

レスキュー講習@レスキュー講習

 

 

 

 

 

思い出の濃い2日間だったけど、

 

きっとこれ以上キツイことはこの先あまりないはず。

 

 

 

 

皆はまたひとつ強くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

終えた後のダイビング。

 

普通に潜る事がどんだけ楽しいか。

 

改めて感じたはず。

 

 

 

 

クマノミ@レスキュー講習

 

 

 

 

 

これから新たな気持ちで楽しんでいきましょ!!

 

 

 

 

レスキュー講習@レスキュー講習

 

 

 

 

 

お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

たま

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

↓インスタはこちらから↓

OCEANTRIBEのインスタグラム

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ベストさかなや。

10月16日(日) 田子 透明度:15m 水温:24℃

 

 

さかなや食堂@田子ダイビングツアー
1000本ダイバーもお初。

 

 

今日のベストポイント談義。
アケボノハゼが出ているという大瀬崎、気になる。
でも、最終的に田子に決定。

 

どうでしょう?このミサコさんの笑顔。
多分、今日のベストポイント。

 

 

1000本超え、しかも田子LOVEなミサコさん。
推定、半分以上は田子の海だと思う。

 

 

そのミサコさんが、なんと・・・
いつも田子で出前をお願いする、
『さかなや食堂』を知らないと言う。

 

 

これは、行くしかない!!

 

 

田子到着は、推定自己最速。
2ダイブは手練れの皆様、サクサク。
片付けは、撤収トライブの本領発揮。

 

 

ペコペコの胃袋と期待値MAX!!
急いでお店の前に車をつけると、
シャッター降りてる・・・?

 

 

先ほどの電話の者ですと伝えると中へ。
そこにはところせましと・・・

 

 

出前の品物がずらり。

 

 

非常に忙しそうな店内にそっと入店。
でも、ビールは飲みたいからセルフで注ぐ。
待つこと少々・・・

 

 

幸せそうなのは、ミサコさんだけではなかった。
健康診断のため2日間断酒したと豪語するムラキ氏。

 

 

朝から肉まん2個食べていましたよね?
さっき海上がりに田子で缶ビール開けていましたよね?
目の前のビールと餃子はきっと幻。

 

 

さかなや食堂@田子ダイビングツアー

 

 

幸せそうなムラキさんのお隣で、
2日前の飛び込みで良い田子の海が潜れたデザキさん。
いい笑顔、ありがとございます。笑

 

 

おっと忘れていないですよ。
田子の海も、グッドコンディションでした~

 

 

ボートダイビング@田子ツアー
水滴フォーカスですが。

ベタ凪の海。
水中は秋らしい魚影。
流れ着いた季節来遊魚に深場からのお客様。

 

 

キンギョハナダイ@田子ダイビングツアー

 

ハタタテハゼ@田子ダイビングツアー

 

ウイゴンベ@田子ダイビングツアー

 

ベニハナダイ@田子ダイビングツアー

 

 

ウミウシ探しは乾杯でしたが、
キンメモドキがもくもく雲みたいになってたり、
ハタンポが洞窟でぎゅーぎゅーしてたり。

 

 

キンメモドキ@田子ダイビングツアー

 

水中洞窟@田子ダイビングツアー

 

 

秋の海、あーたのし。

 

 

みか

 

 

7年。

10月13~14日(木・金) 田子 透明度:10~12m 水温:24℃

 

 

どれくらいぶりでしょう。
こんなに綺麗に染まる田子の空を見たのは。

 

 

夕焼け@田子ナイトダイビングツアー

 

 

夕焼けが綺麗だよってケンローさん。
空を見上げたら、夕焼け空に虹が出ていました。

 

 

これはシャッターチャンス!慌てて出港。
ナイトダイビングの前に。
そう、アドバンス講習です。

 

 

何年越し?なんて調べてみたら、7年前でした。
ライセンス講習を担当してから、ご家族が2人増え、
お仲間さんと潜りに来て、コロナが流行り・・・

 

 

入社2年目の私にとっては思い出のライセンス講習。
7年後、ランクアップ講習をご一緒できたこと、
自分の心の内ではとっても嬉しかったです。

 

 

で、張り切ったから、ポイントは結構いいとこ。
もちろん皆さんがアドバンスまでに、
相当経験本数(年数?)重ねていたのもあったのですが(笑)

 

 

水中洞窟@PADIアドバンス講習
洞窟とか。
サカタザメ@PADIアドバンス講習ナイト
夜の海の出会いとか。
ボートダイビング@PADIアドバンス講習
外洋で群れとか。
ヘラヤガラ@田子ダイビングツアー
魚との対話とか?

 

もちろんちょっと課題も。

 

 

ボートならではの潜降の難しさ。
慣れないドライスーツに、深場ならではの中性浮力。
そしてコンパス・・・

 

 

 

 

コンパスに夢中で浮力調整を忘れてしまったユキさん。
あるあるですね。

 

 

でもそれより、
背後を高速で泳いでいくボスの排気量の方が気になります・・・
付き添いで1人だけ60m×2周、お疲れさまでした~

 

 

いい海、難しいスキル、慣れない器材・・・
色々ありましたがみんなの気持ちは、
そんなことより美味しいお夕飯。

 

 

買い出しに行ったコンビニで、
アレ飲もう、コレ食べたい。
大学生のようにキャッキャッしているみなさん(笑)

 

 

刺し盛@西伊豆民宿あま
あまの海鮮、幸せ。。。

 

そりゃあ3ダイブの後のこの刺し盛り、
テンション上がらないわけがない。
日本酒すすまないわけがない。

 

 

PADIアドバンス講習@東京ダイビングショップ

 

 

職場の仲間以上に、
人生の仲間のような御三方のお話は、
ぎゅーーーっと凝縮して心にしまっておきます。

 

 

楽しい夜はあっという間に過ぎて、
2日間の講習はおしまい。
でも、正直アドバンスは水中世界の入口。

 

 

たまの旅先でのダイビングから、
趣味のダイビングに変わってくれるといいな。
いや、セーケさんはプロへの第一歩?

 

 

と、願っています。笑

 

 

みか

 

 

今こそベストシーズンじゃない?

10/9   井田  透明度:15m

 

 

夏の騒がしさが止んで、

 

 

 

世間はすっかり秋。

 

 

 

 

そして、今こそ海、ベストシーズンなんじゃないか?と思うんだね。

 

 

 

 

 

透明度は15m、

 

 

スズメダイやらメジナやらイワシやら。

 

 

 

お腹がタマゴでパンパンだ

 

 

 

 

今年も出ましたね、

 

 

 

季節来遊魚の王道

 

 

 

 

クマドリカエルアンコウとニシキフウライウオの黄金コンビ。

 

 

 

いやぁ、このコンビが出ると、

 

 

 

ベストシーズンってかんじするんですよ、自分は。

 

 

 

しかもね、この間田子でみたニシキフウライウオもそうでしたが、

 

 

 

お腹がパンパンでタマゴが見えるんですね。

 

 

 

どうやらニシキフウライウオの産卵シーズンは今のようで、そんなのを観察できるのも結構嬉しい♪

 

 

 

 

その他もまだまだ幼魚やら季節ものやら、

 

 

 

 

みんな探していた生物をタツさんだけ見ていていたり・・・ありましたけど、、

 

 

 

 

マクロ非常に面白い。

 

 

 

 

 

そんな井田で、

 

 

 

サタケちゃんのフロート打ち上げ練習、

 

 

 

フロートは自分が打ちあがるのではなく、

 

 

 

自分がフロートを打ち上げるのだと、

 

 

 

よーく言って聞かせたかいありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か楽しいことが起こりそうな気がしてたのですが、

 

 

 

 

何事もなくて、、、つまらな、、ちがった、、、、ばっちり素晴らしかったです(笑)。

 

 

 

しかもボクの教えであるダブルチェーン編みも一発で体得。

 

 

 

 

もう、いう事ありませんよ、サタケちゃん

(笑)

 

 

 

僕らがフロートに奮闘する最中、

 

 

 

僕の事を無視し、みんなはタカベの群れを追って消えていったのでした。

 

 

 

 

 

 

ログ付け中、

 

 

ノゾムくんのログの見た生物欄を見たら、

 

 

くまどりかえばどり?(クマドリカエルアンコウ)

 

 

ふだぼんべ?(クダゴンベ)

 

 

名前激しく間違ってるぞー!

 

 

まさし

 

 

 

 

↓インスタはこちらから↓

OCEANTRIBEのインスタグラム

 

 

 

 

令和や平成に負けない昭和世代

 

 

 

2022.9.30ー10.2 田子 透視度8ー15m 水温26℃

 

 

 

 

 

 

田子へ前日入りし、

 

土日をフルで田子を潜りたいという事で企画されたこのツアー。

 

 

 

 

一体何本潜れるのでしょう・・・。

 

 

 

 

開始は8:00からナイトダイビングまで・・・。

 

 

 

 

 

結果はこう。

 

 

 

 

 

 

出航だー!!@田子ダイビングツアー 出航だー!!@田子ダイビングツアー出航だー!!@田子ダイビングツアー

 

出航だー!!@田子ダイビングツアー 出航だー!!@田子ダイビングツアー

 

出航だー!!@田子ダイビングツアー

 

出航だー!!@田子ダイビングツアー

 

出航だー!!@田子ダイビングツアー

 

出航だー!!@田子ダイビングツアー

 

 

 

 

 

 

初日7本、2日目3本。計10本。

 

しかし、よく潜りましたね。

 

 

 

 

 

 

ルールはこう。

 

1本、最大50分。

 

陸での休憩時間は15分。昼休憩を45分。

 

深い所に潜った次の1本は、必ず浅場(水深5m)のポイントへ。

 

初日に関しては、エンリッチを3本必ず使うこと。

 

 

 

 

 

すべてそれを守ってもらい、どうにか達成できました。

 

 

 

 

 

それもルールを守ってくれた皆と、

 

一隻の船をほぼ貸し切り状態にしてくれたシーランドさんと、

 

前泊入りを了承してくれた民宿『あま』さんのおかげ。

 

 

 

 

感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

クマノミ@田子ダイビングツアー サメジマオトメウミウシ@田子ダイビングツアー 

 

サキシマミノウミウシ@田子ダイビングツアー アカシマシラヒゲエビ@田子ダイビングツアー サキシマミノウミウシ@田子ダイビングツアー

 

キイロウミウシ@田子ダイビングツアー コミドリリュウグウウミウシ@田子ダイビングツアー ヒョウモンウミウシ@田子ダイビングツアー

 

タテジマイボウミウシ@田子ダイビングツアー タテジマキンチャクダイ@田子ダイビングツアー トゲアシガニ@田子ダイビングツアー

 

サメジマヤッコ@田子ダイビングツアー アミメハギ@田子ダイビングツアー メガネゴンベ@田子ダイビングツアー

 

スジタテガミカエルウオ@田子ダイビングツアー ハスイロウミウシ@田子ダイビングツアー ミヤコキセンスズメダイ@田子ダイビングツアー

 

ホホスジタルミ@田子ダイビングツアー

 

 

 

 

 

 

たくさん生物を見たけど、

 

何と言っても思い出深い1本はこれかな・・・。

 

 

 

 

 

 

6本目での激流沖の浮島根。

 

 

 

正直痺れましたね・・・。

 

 

絶対話すことのできないロープとトキワさんの手。

 

 

あの時ほど皆を信じたことはないでしょうね・。

 

 

 

 

 

『どうかロープを離さないでくれー!!』

 

 

 

 

 

そして、無事根頭に着いてから、動けなくなったあの感じ。

 

 

 

 

水深10m以浅は北へ流れ、水深10m以深は南へ流れる2枚潮。

 

 

 

 

もはや、陰に隠れてるしかないあの感じ。

 

 

 

 

自然って凄いですね・・・。

 

 

 

 

 

暇な僕はその流れに向かい、

 

ぐるぐるぐるぐる回っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直非常に楽しかったですよ。これ。

 

 

 

それを見てたミサコさんはやりたくなったようで・・・。

 

 

 

そして、よりによってのエンリッチのタンク。

 

 

 

 

 

無駄遣いっぽかったけど、いえいえ、

 

あそこはエンリッチだったから

 

疲労度合いがあれだけですんでいるんです。

 

 

 

 

もし使っていたら、

 

みーんなきっと動けなかったはず。

 

 

 

タツさんもあれだけではすんでいないはず。

 

 

 

 

 

 

中性浮力@田子ダイビングツアー

 

 

 

 

 

スズカのアドバンスチームも

 

変な人たちと一緒になっちゃったけど、惹かないように。

 

 

 

 

たまに世の中にはこういう人たちもいるのよ。

 

 

 

とりあえずおめでとうございます。。

 

 

 

 

 

 

 

水中洞窟@田子ダイビングツアー

 

 

 

 

 

『また次もやりましょう!』

 

 

とはすんなりいかないけど、非常に楽しかったです。

 

青春のようなひと時でした。

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

たま