何かと忙しい都会生活!
それでもダイビングを通じて海を身近に生活してるスタッフ達の不定期日記。

店長:マサシ

マサシ:
筋肉の貯金はできる

スタッフ:ミカ

ミカ:
トイレ近い

スタッフ:マイ

マイ:
一番エライちび

スタッフ:スズカ

スズカ:
すぐ寝る。

スタッフ:ユキヤ

ユキヤ:
祖父農家 米安定供給

スタッフ:マサ

マサ:
脳が硬式野球

yukiya のすべての投稿

やっぱり鯵まご、でも鰹も・・・。

 

 

 

2022.11.25 雲見 透視度15m 水温22℃

 

 

 

 

 

 

「サービスカキフライツアー」って、

 

この日は最初にカキフライリクエストをした人は、

 

急遽キャンセルに・・・。

 

 

 

 

 

 

当日の朝、

 

集まってもらったコジマさん、コヤマさんに聞いてみる。

 

「2人は牡蠣フライ食べたいですか??」

 

 

 

 

 

「・・・何でもいいです。」

 

 

 

 

 

なるほどー。

 

 

 

 

じゃあ、お昼ご飯の選択は抜きにして、

 

どこ潜りたいですか??

 

 

 

 

大瀬崎、井田、安良里、田子、雲見・・・。

 

 

 

 

 

「雲見行きたいな・・・。」、コヤマさんが言う。

 

 

 

「僕雲見大好きなんですよ。」と、コジマさんは言う。

 

 

 

 

 

 

 

という事で、

 

僕らは急遽サービス雲見ツアーに変更。

 

 

 

 

 

 

 

鏡の中@雲見ダイビングツアー
上にも、下にもコヤマさん。

 

 

 

 

秋の平日雲見は良いもので、

 

地形の中はダイバーが少なく、がらーんとしていて、

 

どこへ行っても魚がぐっちゃり固まっている。

 

 

 

 

 

キンメモドキ@雲見ダイビングツアー

 

 

 

 

 

 

小っちゃい生物がそんなに・・・、

 

っていう人には堪らないはず。

 

 

 

 

 

水中地形@雲見ダイビングツアー

 

冒険@雲見ダイビングツアー

 

水中地形@雲見ダイビングツアー

 

キンメモドキ@雲見ダイビングツアー
視線が痛い・・・。

 

 

 

 

 

おまけにダイビング後は、

 

松崎の名店「さくら」の鯵のまご茶漬けが待っている。

 

 

 

 

つい2日前に鯵まごを食べたボクは、

 

この日はメジナの煮つけに浮気・・・。

 

 

 

 

やっぱり鯵まごが良いね。

 

でも鰹のまご茶漬けもあるらしい。

 

ただ仕入れの関係で事前に教えて欲しいとか・・・。

 

 

 

 

密かに鰹のまご茶漬けリクエストお待ちしてます。

 

 

 

 

 

 

 

イロカエルアンコウ@雲見ダイビングツアー

 

 

 

 

鯵を食べ過ぎてお腹が出ちゃった猫にも会えて・・・、

 

 

 

 

猫の手も借りたい@雲見ダイビングツアー

 

 

 

 

 

平日雲見って良いですね。。。

 

 

 

 

 

 

でもコジマさんは、やっぱり神子元が好きのようで・・・。

 

 

 

 

冬の神子元、そして鰹のまご茶漬け・・・、行きましょう。

 

 

 

 

 

 

たま

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

↓インスタはこちらから↓

OCEANTRIBEのインスタグラム

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ポテンシャル高めな海

 

 

 

2022.11.22 赤沢 透視度8m 水温22℃

 

 

 

 

 

 

赤沢の海と言えば・・・、なんと言ってもハナダイ。

 

 

 

 

珍しいハナダイから普通のハナダイまで、

 

ワサワサいる、ハナダイ好きには堪らない海。

 

 

 

 

ただ珍しいハナダイたちは割と深めだから、

 

皆がみんな行けるわけではない、特別な海。

 

 

 

 

初めて行けるとならば、

 

そりゃあテンション上がらずにはいられない。

 

 

 

 

ただね、今回はちょっとね・・・。

 

想像以上にウネリがね・・・、強かった。

 

水中も色んなのが舞っちゃってね。ごめんなさい。

 

 

 

 

でもきっと気づいたでしょう。

 

この海のポテンシャルの高さを!!

 

透視度があまり良くないにもかかわらず、

 

あのハナダイの量。

 

 

 

 

 

ハナミノカサゴ@赤沢ダイビングツアー

 

ハナダイ@赤沢ダイビングツアー

 

 

 

 

 

 

これを知ってしまったら、リベンジせずにはいられないはず。

 

 

次回が楽しみです。

 

 

 

 

 

キシマハナダイ@赤沢ダイビングツアー

 

 

 

 

話は代わり、

 

知ってましたか???

 

 

 

 

 

赤沢のポテンシャルの高さは、水中だけではないことを・・・。

 

 

実は船長さん達もポテンシャル高めなんです。

 

 

 

 

 

 

伊豆でよく潜っている人ならわかるはず、

 

伊豆の船長たちは割と年配が多いことを。

 

 

 

 

 

それがね、なぜか赤沢だけは若いんです。

 

若いと言っても、僕より上。

 

 

 

 

こんがり日焼け、スラっとしたビジュアルで、

 

まるで初代のエグザイルのような雰囲気。

 

硬派な雰囲気がありつつも、さりげない優しさが際立つ。

 

 

 

 

だいたい3,4人船長がいるようで、

 

今回は2人しか会えませんでしたが、

 

ツグミさんのお眼鏡にかなったようです。

 

 

 

 

写真は撮っていません。

 

 

 

興味がある方は、足を運んでください。

 

 

 

 

 

間違い探し@赤沢ダイビングツアー

 

 

 

 

 

赤沢の海はポテンシャル高めです。

 

 

 

 

 

 

たま

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

↓インスタはこちらから↓

OCEANTRIBEのインスタグラム

ーーーーーーーーーーーーーーーー

次回会うのが楽しみです。

 

 

 

2022.11.19 井田 透視度12₋15m 水温22℃

 

 

 

 

 

 

集合写真@井田ダイビングツアー

 

 

 

 

ダイビングを始めたころは、

 

マスクを買ったり、フィンを買ったり、

 

スーツを買ったり、BCDを買ったり、

 

少しずつダイビンググッズが増えてきたはず。

 

 

 

 

 

新しい物を持つと、違うメーカーの物が気になったり、

 

さらに上位モデルが気になったり・・・。

 

特に男性がそうなっていたはず。

 

 

 

 

 

 

ニジギンポ@井田ダイビングツアー

 

 

 

 

 

 

それがいつの間にかカメラに興味が移り、

 

皆気づけば、オリンパス「TG-6」やら、

 

ソニー「RX100Ⅴ」を片手に潜るように。

 

 

 

 

最初はそれで満足・・・でもね、

 

次第にもっと光量が欲しくてストロボが増えたり、

 

ストロボ1つじゃ足りないから、2つになったり、

 

コンデジでは画質等々足りないから、

 

ミラーレス一眼に進化したり。

 

さらに上の写真を望むようになる。

 

 

 

 

でも、それが人情。

 

 

 

 

 

 

イロカエルアンコウ@井田ダイビングツアー

 

 

 

 

 

つい最近マキさんも

 

オリンパスのミラーレス機にランクアップしちゃって。

 

 

 

 

それはそれは撮り心地が違うはず。

 

 

 

 

シテンヤッコ@井田ダイビングツアー

 

 

 

 

性能が良くなった分、

 

 

手間が増えたり、手数が増えたりするけれど、

 

 

それもまた楽しみの一つ。

 

 

 

 

 

 

今オリンパスのTGを使ってる、

 

カオルさんやゴマキさんもいつかね・・・。

 

きっと増えるでしょうね・・・ニヤッ。

 

 

 

 

 

 

そしてカメラを悩んでる、

 

ミヤコシさん、クドウさん、ツダちゃん。。。

 

 

 

楽しさが増しますよ。

 

 

 

 

 

ベストシーズン@井田ダイビングツアー

 

 

 

 

カメラを持てば、カメラが変れば、

 

この日の井田もまた見える景色が変わる。

 

 

 

 

 

それを知る時が楽しみですね。

 

 

 

 

半水面@井田ダイビングツアー

 

 

 

 

ねっ、ミヤコシさん。。。

 

 

 

 

たま

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

↓インスタはこちらから↓

OCEANTRIBEのインスタグラム

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

牡蠣フライ、始まったってよ!

 

 

 

2022.11.20 平沢 透視度8‐10m 水温22℃

 

 

 

 

 

 

 

 

気がつけば、11月もあとわずか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

今年はやり残したことはありませんか?

 

潜り残したことはありませんか??

 

 

食べ残したことはありませんか???

 

 

 

 

 

 

 

よーく考えてほしい。

 

 

色んな人の会話によーく耳を傾けてほしい。

 

 

 

 

 

この時期、ダイバーの間でいそいそと出ているあのワード。

 

 

沼津、弥次喜多の「カキフライ」。

 

 

 

 

 

 

 

美味しいアジフライ=弥次喜多

 

 

弥次喜多=絶品アジフライ

 

 

 

 

 

 

 

ダイバーに人気の弥次喜多に今年も遂に「カキフライ」が登場。

 

 

 

期間は、今から2月中旬頃まで。

 

 

 

 

 

 

 

ソメワケヤッコ@平沢ダイビングツアー

 

 

 

 

 

 

早速この日、アンザイ先生リクエストで

 

 

マサシさん、ミカさん、ボクら総勢17名で行ってまいりまして・・・。

 

 

 

 

皆思い思いの食べ方で・・・、

 

タルタルにたっぷりつけたり、

 

ソースをかけたり、塩にしてみたり、

 

そのままいってみたり・・・。

 

 

 

 

 

相変わらずおいしぃぃぃ。

 

 

 

 

 

ただモトムラ店長曰く・・・、

 

「弥次喜多のカキフライはまだ本気を出してない。」

 

と言っています。

 

 

 

 

ミツボシクロスズメダイ@平沢ダイビングツアー

 

 

 

 

 

まだまだ牡蠣の旬は始まったばかり、

 

日を重ねるごとに次第に旨味も増幅するはずっ。

 

 

 

 

 

潜るポイントは、弥次喜多に行けるポイントと、

 

限られちゃうけど、あと3ヶ月しかないから、お早めに。

 

 

 

 

ちなみに今回行ったのは平沢でした。

 

 

 

 

オオモンカエルアンコウ@平沢ダイビングツアー

 

カニ@平沢ダイビングツアー カザリイソギンチャクエビ@平沢ダイビングツアー クマノミ@平沢ダイビングツアー

 

シロハナガサウミウシ@平沢ダイビングツアー イソギンチャクモエビ@平沢ダイビングツアー ニジギンポ@平沢ダイビングツアー

 

ホソフウライウオ@平沢ダイビングツアー

 

 

 

 

食べ物が美味しいシーズンに突入ですっ。

 

 

 

 

 

 

たま

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

↓インスタはこちらから↓

OCEANTRIBEのインスタグラム

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

流れますように。

 

 

 

2022.11.17 神子元 透視度10ー20m 水温23℃

 

 

 

 

 

「神子元は毎回流れが凄い。」

 

 

 

「神子元はハンマーヘッドシャークの群れが凄い。」

 

 

 

 

 

 

色んな人にそう言われているのでしょう。

 

 

 

 

確かにその言葉は間違いではないです。

 

 

 

 

大半は流れているし、群れが見れます。

 

 

 

 

 

見つめ合う2人@神子元ダイビングツアー

 

 

 

 

 

でもね、極たまーにあるんですよ。

 

 

流れが全くない神子元が。

 

 

ホントたまーにあるんですよ。

 

 

 

 

 

まるで湖。

 

 

そう感じてしまうほど、穏やか。

 

 

 

 

 

 

中性浮力@神子元ダイビングツアー

 

 

 

 

 

初神子元が流れ無しになっちゃったカナヤさんと、

 

初神子元の時に激流をくらったショーちゃんは

 

さぞ拍子抜けしたでしょう・・・。

 

 

 

 

 

「僕はこっちが良いです。」

 

 

 

 

なんてショーちゃんは言っているけれど、

 

これはこれで厳しいのよ。

 

 

 

 

 

いつもだったら、勝手に進んでいくはずなのに、

 

 

この日は流れがないから、自力で泳ぐしかない。

 

 

しかも夏と違って、

 

ハンマーたちは島から遠ざかり、水深を下げ始めている。

 

 

 

 

 

僕らはそこまで行かないと見れない。

 

 

 

 

 

・・・遠いのよ。

 

 

 

 

 

サメ@神子元ダイビングツアー

 

 

 

 

見れはしたけど、僕のカメラレンズはポンコツで・・・、

 

証拠写真程度。

 

 

 

 

穏かっていうのは、良いことだけじゃないんだよ・・・。

 

 

 

 

 

けど、穏やかだったからこそ、

 

神子元でカエルアンコウが見れちゃって・・・。

 

 

 

 

 

現地のスタッフたちはこっちの方がテンション高かったようで。

 

 

 

 

 

 

オオモンカエルアンコウ@神子元ダイビングツアー

 

 

 

 

 

 

予想はできるけど、

 

完璧には当てられない潮の流れ。

 

 

 

 

それでも、次回2人が行く時はどうか流れていますように。

 

その方が見れる確率だってグンッと上がる。

 

 

 

 

 

どうかどうかブン流れますように・・・。

 

 

 

 

一本松@神子元ダイビングツアー

 

 

 

 

 

 

たま

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

↓インスタはこちらから↓

OCEANTRIBEのインスタグラム

ーーーーーーーーーーーーーーーー