何かと忙しい都会生活!
それでもダイビングを通じて海を身近に生活してるスタッフ達の不定期日記。

マサシ:筋肉の貯金はできる

マサシ:
筋肉の貯金はできる

ミカ:トイレ近い

ミカ:
トイレ近い

マイ:一番エライちび

マイ:
一番エライちび

スナオ:黒い。無知。

スナオ:
黒い。無知。

ユキヤ:祖父農家 米安定供給

ユキヤ:
祖父農家 米安定供給

マサ:脳が硬式野球

マサ:
脳が硬式野球

「ダイビングライセンス」カテゴリーアーカイブ

目力とかいろいろ。

9月8~9日(水・木) 田子・井田 透明度:8~20m 水温:26℃

 

 

マスク越しの表情はわかりづらい。
と、よく思うのですが・・・

 

 

初めてのダイビング@ダイビングライセンス取得
目力、半端ないですっ。

 

マンツーマンでのライセンス講習、
ふりむけば、もちろん常にフォーカスは一人へ。

 

 

カメラとマスク越しなのに、力強い眼力・・・
さすがです、プロアイリスト。

 

 

 

でも、水中のこの楽しそうな表情の前は・・・

 

 

水に潜る瞬間って、ドキドキしますよね。
息が上がって、緊張が伝わってきます。
無理のないように。練習をしっかり。

 

 

 

 

でも、マサシさんチームが潜った海、
私たちも行きたいですよね。

 

 

そう、一緒に行ったファンダイブチームからは、
コンディション抜群な海の噂が・・・笑

 

 

マンツーマンなのをいいことに、
ちょっと難しいサンゴポイントや、外洋ポイントへも、
挑戦してみました。

 

 

水中地形@ダイビングライセンス取得コース

 

ツマグロハタンポ@ダイビングライセンス取得コース

 

スズメダイの群れ@PADIダイビングライセンス取得

 

 

予想以上の魚の群れに、ウキウキ。
つねに両手は羽ばたく鳥のよう。
眼力以外でも、楽しさ伝わってきました(笑)

 

 

ツアーチームの方々も、ブランクを取り戻し、
青い海を羽ばたいていました。

 

 

ブルーウォーター@田子ダイビングツアー
海青ーーーいっ。
光のカーテン@田子水中洞窟ダイビング
リラックスたーいむ。

 

私たちも、いつか。
先輩方のように水中洞窟探検して、
光のカーテンの下で漂いましょう。

 

 

私たちも、いつか。
先輩方のようにいおりのご飯を完食して、
美味しいお酒もおかわりしましょう。

 

 

初めてのダイビング、
久々のダイビング、
週イチのダイビング。

 

 

レベルも年齢も違うけど通ずるものは多く、
あっという間に時が過ぎた一泊二日。

 

 

お疲れさまでした&
ありがとうございました。

 

 

旅人岬@伊豆の風景

 

 

それにしても、この子のその後が気になるな・・・

 

 

カエル@伊豆の風景
キライじゃないんだよ・・・

 

吹っ飛ばして、ごめんなさい。

 

 

みか

 

 

カネシロという男

 

 

 

2021.8.28-29 安良里:黄金崎ビーチ 透視度12−18m 水温26℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学生の時に、韓国からやってきたカネシロさん。

 

 

 

 

それから約14年。

 

 

 

 

すっかり日本語も上達し、

 

今では「本当に韓国人なのか?」と怪しむほどに。

 

 

 

 

 

 

 

見た目もさることながら、

 

言葉が上手。違和感が全くない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけに物凄い優しさで、僕らのことを包み込んでくれる。

 

 

そんなところにきっと彼女は惹かれたんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

彼女が話すのを優しい顔で眺めるカネシロさん。

 

 

 

カネシロというあだ名をつけられても、

笑顔のままのカネシロさん。

 

 

 

一緒になった3人組も、

あまりの話しやすさに盛り上がりまくり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎度のことながら

人に恵まれ、楽しい楽しい海洋実習。

 

 

 

帰ってくるのが名残惜しくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、優しさ溢れるカネシロさんも水中では厳しめで。

 

先頭で泳いでもらうと、容赦がない。

 

 

 

ガンガン進み、後ろを振り返らない。

 

 

泡は勢いで斜めに上がっていき、

後ろを泳ぐの大変だったでしょうね。

 

 

 

後ろ2人は最後諦めていましたが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水中はあまり真似できませんが、

 

地上については色々勉強させてもらいますね。

 

 

 

 

これからもよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

厳しい2日乗り越えて

 

 

 

2021.8.14-15 平沢・田子 透視度3-10m 水温26.8℃

 

 

 

 

 

 

 

海洋実習2日目。

 

早めに伊豆を抜け出すことが出来て、

 

田園調布で有名な蕎麦屋で食べた鴨せいろ。

 

 

 

 

 

 

心地良い疲労が残った僕らには、

 

それはもう沁みて沁みて沁みて・・・。

 

 

 

 

 

 

一緒に食べた絶品ヒレカツは、パクパク進む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それもこれも、強風の中での海洋実習を乗り越えたから。

 

 

 

 

 

 

慣れないセッティングをしている最中に、

 

突然後ろから押されたり、

 

 

 

 

重たい器材を背負い、歩いている時に横顔を殴りつけられたり。

 

 

 

 

 

散々、風には苦しめられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけに2日目が豪雨になる予定で、激しい渋滞が懸念され、

 

2日目に1本のみを残し、残りはすべて初日に終わらせた。

 

 

 

 

OWチームは、初日に3本。

 

AOWチームのE美さんは4本。

 

 

 

 

 

初のダイビングで初日3本はかなり疲れたはず。

 

ただ、E美さんは100%もっと疲れいるはず。

 

 

 

 

 

 

 

何故なら彼女は4本潜っている。

 

しかも、マサシさんには、しこたま泳がされてるし、

 

なかなかのハイペースだったみたいだし。

 

 

 

 

 

終えた後、ボクが「大丈夫ですか?」と尋ねると、

 

「大丈夫です」と笑顔で返答。

 

 

 

ただ、その笑顔の奥には疲れがチラついてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃあ4本目水中で休憩するはずですよ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色んな意味で厳しい2日を乗り越えた皆は、

どの海でも楽しめるでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

この時ほど、難しいコンディションも少ないですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この厳しい2日を終えた、

 

ボクとマサシさんは、

 

皆がはけた後、

 

まるで魂が抜けたようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

 

57歳差の同じいちにち。

 

2021/8/5・井田      透明度8-10m  水温26℃

 

 

 

 

 

 

本日も穏やかなり。

 

 

 

10代、20代、飛んで40代、さらに飛んで60代!

歳の差最大57歳の同じ夏の1日。

 

 

 

紅一点の20台にフォーカス当てたいところですが、

やはり、一番の主役は10歳の彼でしょう。

 

 

 

ピアノも英語も水泳もお習い事に持ち、

この夏、ダイビングライセンス取得に挑みました。

 

 

 

時折、

お玉インストラクターに「それはこうでしょ」と

明確な判断と指示出しする程、頭脳明晰っ!

 

 

 

何年かのち、

ご両親には内緒で(株)OCEAN TRIBEに

リクルートしてみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全ての課題を海の中で終えた彼は、

当然まだまだ遊び足りなくて、

 

海で泳ぐ宣言をして、

お玉インストラクターについてくるよう指示を出し、

お玉をおもちゃ代わりに戯れるのでした。

 

 

 

 

 

 

さぁ、少年よ。

 

これから広大な海に漕ぎ出し、

逞しく育っていくんだよ。

 

 

 

そのためにはご飯をもりもり食べなさい。

昼ご飯はハンバーグ!肉だぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

「うん、でも今日は

お母さんがいないからおやつ優先なんだ僕。」

 

 

 

 

 

 

 

 

一同、閉口・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こ、こらーそんなのいいわけないでしょーが!」

 

「で、でもまぁ今日は頑張ったし特別に良いか。」

 

 

 

 

 

なーんていいながら、

結局押し切られるのでした・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人になっても、思い出として残るかな?

 

 

 

 

 

僕らは結構使える人達だったな、

って思ってもらえましたでしょうか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうか、

彼の記憶にいつまでも

ひっかかっていられますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少年よ、飯を食え。

 

 

 

 

 

 

 

まさ

たとえ幸せでも・・・

 

 

 

2021.7.22-23 井田 透視度3-10m 水温25℃

 

 

 

 

 

 

 

 

『楽しいねっ!!幸せだねっ♪♪♪』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車の中で、そんな一言が聞こえてくる。

 

 

 

そんな事が言われるなんて、

インストラクターとして、やりがいがありますね。

 

 

 

 

 

嬉しい一言を耳にしてしまったボク。

 

そのことを聞けたボクが幸せです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前の週のような海ほどの綺麗さ、残念ながら無かった。

 

それでも、天気には恵まれ、浅瀬が気持ちいい。

 

 

 

 

 

 

魚の群れが海藻の上を舞っていたり、

 

中性浮力の練習をしている、

ボクらの顔周辺に飛んでくる魚がいたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦戦していた耳抜きだって、

2日目には、ほらちゃーんと出来てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、宿での一夜も最高なもんで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食後の港での花火が最高。

 

 

 

船のエンジンが聞こえる中、

花火が『パチパチ、パチパチ』鳴り響く。

 

 

 

 

青春でしたね。

 

 

 

 

 

すべてひっくるめた結果、

 

あの言葉がポロっと出たんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもね。

 

いくら幸せでも、

人に向かってロケット花火投げるのは、ダメよ・・・。

 

 

 

ロケットの女・・・、危険ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、あの時の全員のリアクション。

 

・・・最高でしたね。

 

 

 

 

 

 

ゆきや