何かと忙しい都会生活!
それでもダイビングを通じて海を身近に生活してるスタッフ達の不定期日記。

店長:マサシ

マサシ:
筋肉の貯金はできる

スタッフ:ミカ

ミカ:
トイレ近い

スタッフ:マイ

マイ:
一番エライちび

スタッフ:スナオ

スナオ:
黒い。無知。

スタッフ:ユキヤ

ユキヤ:
祖父農家 米安定供給

スタッフ:マサ

マサ:
脳が硬式野球

山の上のお蕎麦屋さんにて。

4月17日(日) 田子 透明度:8~12m 水温:19℃

 

 

春の天気はグズつきがち。
この日も雨がぱらぱら。

 

でも、雨にしっとり濡れた新緑は綺麗だから。
良しとしましょう。

 

 

新緑@伊豆の四季の風景
修善寺の山の上のお蕎麦屋さんより。

 

 

雨だから、サクッと潜ってお昼ご飯は暖かいものを。
そんな風に決まった修善寺の山の上のお蕎麦屋さん。

 

 

・・・で、

 

 

『ミカさんですか・・・?』

 

 

え?

 

 

ええ?!アキコさんーーーっ。

 

 

 

3年前、宮古島に潜りに行くためにと、
ライセンスを取りに来てくれたアキコさん。

 

 

海どころか山の上での偶然の出会いと、
覚えていてくれたことに感動。

 

 

こんな再会もあるのですねぇ。
こんな再開も・・・首長めに待ってますよぉ(笑)

 

 

 

ということで、すっかり話は飛びましたが。

 

 

季節は春。

 

 

ということは・・・

 

 

水中はウミウシ。

 

 

どっぷりじっくり田子ツアー。

 

 

台風後のうねりが残る水中を心配したのですが、
今まで避難していたウミウシたちが、
こぞって姿を見せているじゃないですか!

 

 

アラリウミウシ@田子ダイビングツアー

 

ボブサンウミウシ@田子ダイビングツアー

 

ハレギミノウミウシ@田子ダイビングツアー

 

シロタエイロウミウシ@田子ダイビングツアー

 

ウスイロウミウシ@田子ダイビングツアー

 

 

外海で味を占めて余裕で臨んだ湾内は
餌がなくなったのか今までいたウミウシたちが、
綺麗にいなくなってるじゃないですか・・・。

 

 

クリヤイロウミウシ@田子ダイビングツアー

 

エンジイロウミウシ@田子ダイビングツアー

 

 

ふり向けばあちこちでカメラを構える姿が。
ベテラン3桁ダイバー勢ぞろいだった本日、
たくさんのMYウミウシ発見、ありがとうございました。汗

 

 

みか

 

 

難しい時期

 

 

 

2022.4.16 田子 透視度5-10m 水温20℃!!

 

 

 

 

 

 

 

今年もやってきましたっ、台風が。

 

今年は早いなーって思っていたけど、どうやら違うようで、

 

去年は2月に、一昨年は4月に台風1号がきていたようです。

 

 

 

 

 

 

そして今年も1発目から海を荒らしてきましたね。

 

クローズになるところもチラホラ・・・。

 

でもわるいことだけじゃない!

 

 

 

 

 

水温アップっ!20℃にっ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいーぶぬるくなってきまして・・・。

 

もうウェットでもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑がりの人は、ちょっと汗ばんじゃうかもしれないです。

 

僕は、もちろん汗ばみました。

 

 

 

 

ただー、晴れだったらウェットスーツでもいいけど・・・、

 

雨が降ってたら、相当寒くなるんでしょうね。

 

 

 

スーツが難しい時期がやってきちゃった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ女性にはまだウェットはオススメしません。

 

確実に寒いです。

 

 

 

 

なので、男の中の猛者たち・・・、待ってます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地上は快適なんだけどなー・・・。

 

 

 

早く夏になーれっ。

 

 

 

 

 

ゆきや

第一歩、そして一杯

4/14   井田  透明度:10m 水温:16℃

 

 

 

 

井田の海草が生い茂ってきた。

 

 

 

 

丈はまだそれほでもないけど、

 

 

 

もう少ししたらこの海藻が背丈をも越す長さに成長するから驚きだ。

 

 

 

 

 

今日が海洋実習2日目、

 

 

 

 

 

普段の呼吸を変えるのはなかなか難しいですよね、タナカさん、

 

 

 

 

 

口から吸うのか、鼻から吐くのか、

 

 

 

 

鼻から吸うのか口から吐くのか、、

 

 

 

 

吸えてるんだけど、吸えてない気がして、

 

 

 

なんだかこんがらがって、よくわかんないやぁ。

 

 

 

そういう時は、

 

 

 

何も考えず、ただただ海藻を眺めて、、

 

 

 

海藻の周りを泳ぐ魚たちを眺めて、、、

 

 

 

これが一番です(笑)。

 

 

 

なんだか~落ち着くんですよね~、

 

 

 

なんだか~余計な力、抜けていくんですよね~。

 

 

 

 

そんなタナカさんの横では若い女子2人が楽しそうに、

 

 

 

草原に。

 

 

 

 

 

 

もっと伸びたらここでかくれんぼしたいな。

 

 

 

そう言っていたけどさ、

 

 

 

身体が隠れても、

 

 

 

上がっていく空気の泡ですぐ見つかっちゃうよ。

 

 

 

あっ、そっか(笑)。

 

 

 

でも面白そうだから今度やろう(笑)。

 

 

 

タナカさん、大変お疲れ様でした。

 

 

 

晴れてダイバーになりましたね、

 

 

 

まだまだこれから険しい道のりは続くかもしれませんね(笑)

 

 

 

頑張ってください。

 

 

 

でも、

 

 

まずは第一歩。

 

 

そして一杯(笑)。

 

空飛ぶほうきのようなお話し

 

 

 

2022/4/27・店番

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「魔女の宅急便」に竹ぼうきが必要なように、

「老眼のレディース&ジェントルメン」には、

拡大鏡が必須なのです。

 

 

 

 

 

 

 

ダイブコンピューターのルッキング時に

手首を遠ざけるあなた。

 

美しいエビやウミウシの美しい世界に

未だ気がついていなあなた。

 

カメラのファインダーがほぼ敵に見える

あなたに朗報です。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの水中眼鏡に、

倍率2倍になった新しい拡大鏡

お取り付け致します。

 

 

 

 

 

 

 

あなたの水中メガネは、

まるで空飛ぶほうきのように、

あなたをアクティブで快適な美しい世界へと

連れて行ってくれることでしょう。

 

 

 

 

詳しくは、

お近くの「まさ」までご一報ください。

 

 

 

 

 

 

 

時間があるときに対応いたしますっ。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさ

喉通らないアジ。

4月12日(火) 平沢 透明度:8~10m 水温:16℃

 

 

朝、お店でお互いを見るや歓喜の声。
久々の再会だった御三方。

 

 

富士山@平沢ダイビングツアー
馴染みの御三方、NEWポイントにて。

 

 

300本、800本、1100本。
この経験本数・経験年数にして、
奇しくも、本日の『平沢』はみんな初めて。

 

 

4年前OPENしたばかりのポイント。
綺麗な施設にきゃっきゃして、
海越しの富士山にほっとして。

 

 

久々の海に緊張のマミコさんも、
春の穏やかな海藻の森にまったり。
(緊張のわりに水中ブランク感ゼロ。笑)

 

 

春の水中風景@平沢ダイビングツアー

 

 

移動中、休憩中、アジ丼食しながら・・・
話すことがこれほどまでにあるのか?
というほど賑やかな一日でした。

 

 

 

ところで、なぜ、
この講習向けともいえる程穏やかな、
NEWポイントに我々は来たのか?

 

 

 

実は、お目当ての子がいたのです。
そう、過去形・・・。

 

 

ここにツキチョウチョウウオというレアな子がいる。
という、情報をもたらしたのは私です。

 

 

ツキ・・・じゃない、
普通のチョウチョウウオ君。

 

 

チョウチョウウオ@平沢ダイビングツアー
え?僕でいいんですか?

 

き、君じゃないんだよ・・・。

 

 

寒さに耐えかねたのか、
姿を消したツキチョウチョウウオ。

 

 

ブイのロープに不自然な角度でくっつく
オオモンカエルアンコウを見て帰路につく。

 

 

オオモンカエルアンコウ@平沢ダイビングツアー

 

 

わかりますか、彼?

 

 

オオモンカエルアンコウ@平沢ダイビングツアー

 

 

 

気を取り直して、
2本目は少し深めのハゼエリアへ。

 

 

当初の予定とは異なりますが、
お目当ては、ミホノハゴロモハゼ。

 

 

クサハゼのようで、クサハゼにあらず。
ホバリングするその姿は羽衣をまとう天女のごとく。

 

 

情報をもとに探すも苦戦、
諦めかけたその時、目の前に浮かぶ白い影。
いたーーーーーっ!!

 

 

慌てて皆に写真を撮ってもらう。
お目当ては変わってしまったけど、
初めての出会いにホクホク顔で海をあとにする。

 

 

 

本日は、内浦のアジ丼食しながらログ付け。
見た生き物は~

 

 

『ミホノハゴロモハゼ!』

 

『実は・・・あれ、クサハゼに見えるのよ・・・』

 

カメラの画像を確認するせっちゃん。

 

『・・・え??』

 

 

え、だって、オーラありましたよね?
顔が丸っとしてましたよね?
白く浮かび上がってたし・・・

 

 

クサハゼ@平沢ダイビングツアー
僕で、いいの?

 

・・・普通のクサハゼだ。

 

 

あまりのショックにアジも喉を通らず。
(完食したけど)
普段お目にかからないハゼたちも霞んでしまった。
(日本固有種ですって)

 

 

日本固有種シゲハゼ@平沢ダイビングツアー

 

カスリハゼ@平沢ダイビングツアー

 

 

ブリーフィング通りだったのは唯一、
この海藻の森だけ・・・

 

 

マメタワラ@平沢ダイビングツアー

 

 

出直してきますっ。

 

 

みか