何かと忙しい都会生活!
それでもダイビングを通じて海を身近に生活してるスタッフ達の不定期日記。

店長:マサシ

マサシ:
筋肉の貯金はできる

スタッフ:ミカ

ミカ:
トイレ近い

スタッフ:マイ

マイ:
一番エライちび

スタッフ:スズカ

スズカ:
すぐ寝る。

スタッフ:ユキヤ

ユキヤ:
祖父農家 米安定供給

スタッフ:マサ

マサ:
脳が硬式野球

「沈船」カテゴリーアーカイブ

元気いっぱい、若者・・・?

2023/01/07 熱海 透明度:20m 水温:15℃

 

 

冬の熱海は大人気。

 

 

透明度バッチリで、青い。
期間限定の洞窟や沈船が、
光と影のコントラストで映える。

 

 

沈船@熱海ダイビングツアー

 

 

 

そんな人気の熱海、
今日は賑やかに2チーム態勢。

 

 

元気いっぱい若者チーム!

 

 

若い人@自由が丘ダイビングショップ

 

 

友人と潜ると楽しいよね。

 

 

熱海ダイビングツアー@一人参加

 

 

気合バッチリ出航~!!
・・・の、20秒後。

 

 

一人参加@熱海ダイビングツアー
若者ってのは、睡眠欲がね。笑

 

でも海に顔をつければ目もパッチリ!

 

 

思うように動けずあらゆる方向へ散る皆と奮闘する、
タマテインストラクターの目が、覚める、冴える(笑)

 

 

初心者@熱海ダイビングツアー
てんやわんや・・・

 

沈船@熱海ダイビングツアー
2本目は、無事・・・

 

 

まだ慣れない水中もフルパワーの若者たち、
海から上がって1分後には、こうなる。笑

 

 

潜った後の睡魔@熱海ダイビングツアー
やっぱり睡眠欲が(笑)

 

この後新幹線に乗ってお仕事に向かうとは・・・
やはり若者すごいです。

 

 

 

 

なんて若者たちに関心してみたけど、
大人チームだって、負けていませんよ。

 

 

元気いっぱい!
・・・イントラ追い抜いてズンズン。

 

 

小曽我洞窟@熱海ダイビングツアー
おおーい、おーい・・・

 

ウミウシ見つけてはライトぶんぶん。

 

 

ちょっと珍しい泳げるウミウシ。

 

キイロウミコチョウ@熱海ダイビングツアー

 

 

小さい頃は綺麗なウミウシ。

 

ミヤコウミウシ幼体@熱海ダイビングツアー

 

 

定番のウミウシ。

 

サラサウミウシ@熱海ダイビングツアー

 

 

これは・・・!!

 

 

ウミウシっぽい形の海綿ですね、キムさん。

 

海綿@海の中の変ないきもの

 

 

大人ってのは目がね・・・笑

 

 

 

少しずつ最低水温に近づいてきた水中。
あったかいインナーも大切だけど、
アフターダイブのお昼ご飯も大切。

 

 

『寒いから暖かい蕎麦食べたいなー』

 

 

なんて言ってたのに、

 

 

あれ?キーンと冷えたビール(笑)

 

 

アフターダイブ@熱海ダイビングツアー

 

 

え?蕎麦もざる??
蕎麦はやっぱり冷たいのが・・・

 

 

日本酒に合いますからねぇ。笑

 

 

日本酒@アフターダイブ

 

 

大人の元気に感心。。。

 

 

みか

 

 

いつまで見れる?

 

 

 

2021.12.5 熱海 透視度15−18m  水温17℃

 

 

 

 

 

 

 

 

年々変化していく沈船。

 

 

 

 

僕がダイビングを始めた4年前は、

 

今とは違って、綺麗が船体が残っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌年の2019年10月には、

 

東伊豆を襲った台風の影響で、船の側面が崩れ。

 

 

 

 

 

翌年の台風で、また崩れ。

 

 

 

 

 

どんどん変化してきたこの数年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今年11月下旬。

 

 

 

連日続いた大時化で遂に甲板の一部が崩れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巷では僕らのせいではないかという噂も聞こえませすが、

 

 

本当のことはどうなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本数が増えれば増えるほど、

 

『沈船はいいかな』ってなりがちですが、

 

その沈船も見れるのはいつまでか分かりません。

 

 

 

 

 

 

来年までなのか。

 

再来年までなのか。

 

はたまた10年後なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見れるのは当たり前じゃないんですね。

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

 

 

 

 

人は成長するものです。

11月20~21日(土・日) 北川・熱海 透明度:15m 水温22度

 

 

 

人は、成長するものです。

 

 

ダイビングを始めた当初は、
明日を考えると大好きなお酒ものどを通らない・・・

 

 

その後のかとーさん。

 

 

アフターダイブ@週末の趣味

 

 

素敵な笑顔でお泊りツアーを楽しんで頂けるとは。

 

 

 

人は、成長するものです。

 

 

OWライセンス取得講習から3ヶ月。
やる気にあふれ、上がり続けたペース。

 

 

その後のしょーじさん。

 

 

記念ダイビング@一人参加

 

 

ライセンス取得から3ヶ月弱。
50本記念をお祝いすることになろうとは。
ウミガメ外しちゃって、ごめんなさい・・・。

 

 

 

人は、成長するものです。

 

 

大学生だったウメちゃんはすっかり社会人。
ついに手にしたMy器材。
潜った後のビールが沁みるねぇ。

 

 

その後のうめちゃん。

 

 

アフターダイブ@週末の趣味

 

 

ん?サイダー・・・??笑

 

 

 

急遽集まって頂いたみなさま、
ありがとうございました!

 

 

らんたん@城ケ崎宿泊

 

 

もちろん、海も潜りました。

 

 

まだまだ飽くなきスキルアップ。

 

 

潜降練習@スキルアップダイビング

 

 

カメラの腕もスキルアップ。

 

 

オオモンカエルアンコウ幼魚@北川ダイビングツアー

 

ノコギリハギ幼魚@北川ダイビングツアー

 

 

 

初めての前に一回行っとかなきゃ。
予行演習の沈船も洞窟も克服。

 

 

沈没船@熱海ダイビングツアー

 

小曽我洞窟@熱海ダイビングツアー

 

 

素晴らしい、海を楽しむ気持ち。
こうして人は、成長していくのです。

 

 

 

人は、成長・・・・・

 

 

その後のじゅんさん。

 

 

アフターダイブ@週末の趣味

 

 

やりたい事はすぐやる。
変わらないその姿勢が大好きです。笑

 

 

 

にしても。
さぞかし私の体重、増えたんでしょうね。

 

 

小田原イタリアン@アフターダイブ

 

 

一回り大きく、人は成長を。

 

 

みか

 

 

このドキドキは・・・

10月20日(水) 熱海 透明度:10~12m 水温:23℃

 

 

沈船、冒険、宝探し・・・
その響きに、わくわくしてくるのは私だけでしょうか。

 

 

沈船@熱海ダイビングツアー
ドキドキ。ワクワク。

 

水底に沈んだ旭丸。

 

 

残念ながら、
財宝は積んでいなかったようですが。

 

 

1986年に沈んだその船は、
30年以上の年月の内にソフトコーラルに覆われて、
そのソフトコーラルをも覆う勢いのハナダイに包まれています。

 

 

かつて砂利を運搬した頑丈な船の内部は、
30年以上の年月の内に錆びて崩れ、
その隙間から差し込む青い光と魚の影のコントラストが美しい。

 

 

沈船@熱海ダイビングツアー

 

ナガハナダイ@熱海ダイビングツアー

 

 

久々の海にちょっと緊張気味の2人には、
冒険とは違うドキドキも相まっていたようですね・・・

 

 

頭上のイサキの群れ、見えましたか?

 

ヒゲダイの顎髭、気づきましたか?

 

ナガハナダイは、綺麗認定してくれますか?

 

 

海に、おかえりなさい。

 

 

まずは、それがとても嬉しいです。
あとは、ちょっとずつ勘を取り戻しましょ。

 

 

凪よく、透明度良く、お天気よく。
復活にはベストコンディションな良い一日でした。
唯一欠けていたのは、カレーだけ。

 

 

カレー・・・
完全にカレーモードだったのに・・・
ごめんなさい・・・。

 

 

みか

 

 

群れがすごいけども

6月27日 熱海 透明度8-12m 水温 22度

 

 

関東に近づく予報だった台風も進路を大分はずれ、

海はべったり穏やかに。

 

 

 

今日のリクエストは熱海!

 

 

この日の沈船は、群れがすごかったっ!

 

船内にも所狭しとグッチャリ。

 

 

 

 

船内を出れば、キビナゴたちが沢山。

 

 

アジやらマダイやらに追いかけられて、右に左に逃げまくる。

その中に突っ込む人間たち。キビナゴの周りは皆敵だらけ。

 

目の前で逃げまどうキビナゴ達、迫力満点でした。

驚かしてごめんね。

 

 

 

そして、キビナゴをたくさん食べたのか、

沈船内にはおおきなクエも!

 

 

 

80センチはありそうな、クエ。

私でも知ってます。クエが高級魚だということを!

 

調べると、キロ単位、15000円くらいで取引されるらしいです。

あの大きさなら、50000円くらいだったかも。

天然ものですし。

 

なんだか惜しいことをした気分・・・。(笑)

 

 

沈船初めてチームはアドベンチャーでよかったなーと。

 

ベテランチームは群れはすごいけど、

もう少し小さいもの(マクロ生物)も見たいなーと。

 

 

2本目は、ちょっと小さいものも狙ってソーダイ根へ。

 

 

でもね、透明度は悪くなってるし・・・

小さいものは全く見つけられず、

大玉砕しました。

 

 

皆様ごめんなさい。

 

 

まだ、沈船の方がいたかもですね。。。

2本とも沈船行くべきだったかな・・・ー?

 

 

すなお