何かと忙しい都会生活!
それでもダイビングを通じて海を身近に生活してるスタッフ達の不定期日記。

マサシ:筋肉の貯金はできる

マサシ:
筋肉の貯金はできる

ミカ:トイレ近い

ミカ:
トイレ近い

マイ:一番エライちび

マイ:
一番エライちび

スナオ:黒い。無知。

スナオ:
黒い。無知。

ユキヤ:祖父農家 米安定供給

ユキヤ:
祖父農家 米安定供給

マサ:脳が硬式野球

マサ:
脳が硬式野球

臨時休業のお知らせ

1/31   店より

 

 

 

 

 

2/1(月)、2/2(火)はお休みさせていただきます。

 

 

 

 

御用の方はお手数ですがメールにてご連絡ください。(お返事は2/3以降になります)

 

 

 

 

 

 

 

ご不便をおかけして申し訳ございません!

 

 

よろしくお願いいたします!

 

 

 

店長

今回の1番は 

1/19-20     北川  IOP        透明度:15m

 

 

潜ってすぐカメ!

 

 

透明度の高い北川の海、

 

 

 

潜り始めて早々にウミガメに出会いました、

 

 

 

みんなに合図を送って一緒に泳いでカメラに収める、

 

 

 

 

大物好きのヤマさんと初カメ遭遇のリョータは最初からテンション高め♪

 

 

 

ダイビング一本目から今日の勝ちが決まったのだった(笑)。

 

 

 

 

そんな絶好調の北川のダイビング、その後も、

 

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

カメいた、

 

 

休むカメ

 

 

 

 

 

 

あれれ?またカメ、

 

 

 

 

ウミガメだー

 

 

 

 

 

あららら?またまたカメがお休み中

 

 

 

もたれかかるウミガメ

 

 

 

 

 

2本のダイビングでウミガメ4個体、

 

 

 

 

以前はウミガメ外しのマサシとまで言われていた僕ですが、、

 

 

 

 

そんな事もあるんですねぇ・・・(笑)。

 

 

 

 

 

ウミガメ三昧でご機嫌な二人でしたが、

 

 

 

 

 

 

イロカエルアンコウ フリソデエビのペア こりゃ小さい!イロカエルアンコウ

 

 

 

クダゴンベr

 

 

かわいい極小のカエルアンコウ、フリソデエビのペアに喜んでいたのは僕だけだったかもしれません・・・(笑)。

 

 

 

 

 

ヤマさんに限っては、生物がどうこうより、

 

 

 

 

綺麗な海で漂っていられれば幸せなんだとか(笑)。

 

 

 

北川の海 モデル:やまさん

 

 

 

小さい生物も、大きい生物も、いちいち喜んでしまう僕ですが、

 

 

 

ただ漂うのが好きって言うのも分かる気もします。

 

 

 

2日目のIOPでも、

 

 

 

 

カエルアンコウを数個体見たものの

 

 

 

二の根をたくさん泳いだことや、

 

 

 

たまたま見つけた大物のネコザメがヒットだったようです(笑)。

 

 

ネコザメ発見

 

 

 

 

 

 

綺麗な海、マクロ、ワイド、

 

 

 

 

色々ベストでしたが、

 

 

 

 

「伊豆ってこんなにウミガメ見れるんですね♪」の二人の言葉が強く印象に残っているように、

 

 

 

 

今回の1番はやはり、、「ウミガメ」でしょう。

 

 

 

ウミガメって南国の生物だと思ってしまいがちですが、

 

 

 

そんな事ないんです、

 

 

 

水温の下がるこの伊豆の海にもたくさんのウミガメが暮らしているんですねぇ、

 

 

 

 

それにしても、

 

 

 

 

 

実は伊豆でこんなにたくさんのウミガメを見たの、僕も初めてですよ(笑)

 

 

 

 

 

まさし

幼馴染と潜る

1月18日 大瀬崎 透明度 12m 水温16℃

 

幼稚園時代からの幼馴染同士の2人を連れ大瀬崎へ!

 

朝から一睡もせずにずーっとお喋り。

あっという間に大瀬崎に到着。

 

 

幼馴染として長い時間過ごしているからか、

 

たまたまなのか、

 

水中のポーズがほぼ一緒。(笑)

 

手も繋いじゃう ポーズも一緒

 

生き物みーっけ 水中神社と

 

 

そんな2人の子ども時代の遊びは、家を壊す事。

 

家が壊れれば新しく建て替えてもらえると思い

障子を破ったり、高い所から飛び降りたりと、

家を壊すために色々やったらしい。(笑)

 

他にもエピソードが色々・・・。

 

一見、楽しそうに聞こえるけど、やっていること豪快です。

怖いです。

そんな幼馴染嫌だ―。(笑)

 

でも幼馴染だからできる事?

 

 

 

すなお

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬の気配

 

1月17日 大瀬崎 透明度:12m 水温:16℃

 

 

 

初心者ツアーと日帰りアドバンス講習で大瀬崎へ!

 

 

初心者ツアーのみんなも次回がアドバンス講習だったりと、

それなりに潜っているみんな。

 

 

 

さぁー出発!
さぁー出発!

 

中性浮力の練習もそこそこに透明度の良い大瀬崎を泳ぐ!

 

 

水中は海藻も、ウミウシも増えてきて冬の海の気配。

 

 

浮かないようにねー

 

 

アドバンスチームはさすが中性浮力だいぶ上手です!

 

 

でもコンパスを見ながら四角形を描いて帰ってくる、

コンパスナビゲーションは途中までは良かったのだけどね・・・。

 

何故か四角形ではなかったね。(笑)

 

 

水底に着かないように浮かないように。 四角形で帰ってこれるかな?

 

 

自分ではゴールと思って顔上げた時には違う場所にいて、本人が

一番びっくり。

 

これはまた追試かなー。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

すなお

 

 

思いを馳せます。

1月17日(日) 大瀬崎湾内 透明度:15m 水温:18度

 

 

今日は海なし。一人でお店番です。

 

 

ブログを書きながらふと外を見ると、パラつき始めた雨はいつのまにか雪に。
今年、初めて雪を見たなぁ。

 

 

・・・ベランダに干した洗濯物に思いを馳せます。

 

 

 

 

さて、日付は遡りまして。
先日の海のこと。

 

 

カンナツノザヤウミウシ@大瀬崎ダイビングツアー
こんなの現れる季節です。

 

『何かを探したい』ツアー。

 

 

日程表に記された謎のリクエスト。
を、くれたショーちゃん。

 

 

『探すという【目的】が欲しいんです。』

 

 

常日頃、先頭を泳ぐガイドの私。
仕入れたネタ情報のイメージと、海中で目の前に広がるイメージと全然違う景色。
そのギャップにおののき、首を傾げては目を皿のようにして生物を探している・・・

 

 

え?いつだって、何かを探したい・・・
というか、見つけたいツアーですけど?

 

 

ということで、今日もいつも通り、水中でおののくのでした。

 

 

 

でも、今日はいつもと違うことが。

 

 

事前のブリーフィングでどこに何がいるのか、どんな風に隠れていそうか、
みんなにじっくりブリーフィング。
そう、なんたって今日はみんなで『何かを探す』ツアーですから。

 

 

水中での心強さとプレッシャーの低さと言ったら(笑)

 

 

コノハミドリガイ@大瀬崎ダイビングツアー ツノザヤウミウシ@大瀬崎ダイビングツアー

 

ガラスハゼ@大瀬崎ダイビングツアー

 

クリアクリーナーシュリンプ@大瀬崎ダイビング モンツキベラ幼魚@大瀬崎ダイビングツアー

 

 

まだどうにか水温に耐える季節来遊魚たち。
ちらほら現れ始めた冬らしいツノザヤ系のウミウシたち。
そして透明度抜群の海・・・!

 

 

え?深海魚ですか・・・??

 

 

今日は、海外へと旅立ってしまうエグチさんのラストダイブ。
1月のこの日までだけで16本潜ったスーパー非常勤?(私・・・5本ですよ?)
リクエスト頂いた深海魚は叶わなかったけど・・・

 

 

1月中旬にウエットでフツーに潜るその姿を目に焼き付けました。

 

 

ウエットスーツ@冬の伊豆ダイビング
思いを馳せます。

 

いってらっしゃい、お身体に気をつけて。
そしてまたフツーな感じで戻って来てください。笑

 

 

別に最後の別れじゃないから。
さらっとまたねって言っておきました。

 

 

 

・・・そしたらまさかねぇ。

 

 

 

みか