カテゴリー別アーカイブ: リゾートツアー

異国の地で年越しました。

2017年12月30日~2018年1月2日

 

フィリピン・セブ島 透明度:15~20m 水温:28度

 

 

今年の年越しは、セブ。
テンションもおのずと上がる、常夏の島。

 

 

 

 

 

成田空港へ向かう途中、サービスエリアでちょっと休憩。
真冬のギョサン、足元の冷えること・・・

 

でも。

 

早くない!?というみんなの声も私の足元には届かず。
気持ちはすでに南国モード。
にしても、フィリピン航空の機内は寒かった・・・。

 

 

空港に降り立つと、機内で冷えた身体にじっとりとまとわりつく熱気。

 

 

ついたー。

 

 

ホテルへ向かう車内からは、怪しげな露店が並ぶ夜のフィリピンの街並みが。
過剰積載間違いなしのトライシクルと呼ばれるサイドカー付きのバイクが横を走る。
どの家の軒先にもなぜか上裸の人たちがたむろしている。

 

 

異国だ。

 

・・・とっても不安だ。

 

でも、アケモさんもレナさんもいるからきっと大丈夫だ。

 

 

セブダイビングツアー@IBIZAビーチクラブ
初日のディナー。

 

ゴンちゃんの親族らしきローカルのシェフが振舞う絶品シュラスコ。
南国の気候でこそ美味しさが際立つ地元ビールのサンミゲル。
テラス席の上には星空、足元にはライトアップされた夜の海。

 

明日の初めてのセブの海に向けて、予期せず早めの就寝。。。

 

 

大晦日。

 

陽が昇れば朝食ビュッフェを食べて。
腹ごしらえしたら4ダイブたっぷり潜って。
腹ごなししたらリゾートディナーを楽しんで。

 

セブ年越しダイビングツアー@Giuseppe Pizzeria
2017年最後の晩餐。

 

 

年越し。

 

時差があるフィリピン。
1時間早めの日本時間か1時間遅めのフィリピン時間か迷って、
睡眠時間を取りましょー。笑

 

セブ年越しダイビングツアー
レナさんのカウントダウンで始まった2018年。

 

元旦。

 

ショーちゃんのダッシュと興奮が半端なかった。
マサさんがフィリピン政府に拘束されるところだった。

 

そんな新年一発目のジンベイザメダイブ。

 

 

陽が昇る前からマサさん並のドライバーの運転でセブ島をひた走って。
世界最大のサメに今年の大物運を祈願して。
日が暮れたらやっぱりお腹が空くからローカルディナーを楽しんで。

 

絶品チキングリル@セブマリバゴグリル
待望のチキンっっっ。

 

 

毎日、食べて潜って飲んで寝て。
毎日、濃いキャラ揃いだから面白いことが起こって。
あーよく笑った。

 

 

レナさんのおかげで2017年の締めは最高のディナー。
あれだけ頼んだパスタもデザートも余らなかった・・・

 

窓に両手をかけ交渉したアケモさんの英語力&気迫のおかげで乗れたタクシー。
人として、エレベーターには乗れなかったけど・・・(多くは語らないでおこう)

 

チムちゃんとショーちゃんのおかげでありつけた絶品グリルチキン。
そして・・・期せずして乗れたジプニー&トライシクルっ!!

 

 

パワーイングリッシュを貫く私。
プラス、顔芸とジェスチャーで道を切り開くマサさん。

 

この2人が無事1月2日の成田空港に帰ってこれたのは、
間違いなく、アケモさんやレナさんをはじめとするみんなの協力があったから。

 

 

そして、旅も終わりに近づいたセブ空港で、
誰もが驚く(自分自身も)マジックショーを披露したイエさん。

 

 

『鞄に入れたチケットが・・・あーら不思議、見事に消えましたっ。』

 

 

最後まで目の離せない楽しい旅をご一緒していただき、
本当にありがとうございましたっ。

 

セブツアーアフターダイブ@Giuseppe シュラスコディナー@セブIBIZAビーチクラブ

 

シュラスコ@セブIBIZAビーチクラブ マンゴー生ハム@Giuseppe Pizzeria and Sicilian Roast

 

バンカーボート@セブダイビングツアー

 

年越しセブダイビングツアー@マニラ空港 セブアフターダイブ@IBIZAビーチクラブ

 

セブツアーアフターダイブ@Giuseppe Pizzeria ランチタイム@セブ年越しダイビングツアー

 

ジプニー乗車@セブダイビングツアー Guisseppeの絶品ピザ@セブアフターダイブ

 

イワシ玉@セブマクタン島ダイビング

 

ハマクマノミ@セブダイビングツアー チョウチョウコショウダイ幼魚@マクタン島ダイビング

 

シロオビイソハゼ@セブダイビングツアー

 

キャンディーケインドワーフゴビー@セブダイビングツアー スプリンガーズドゥモアゼル@セブダイビングツアー

 

オキナワベニハゼの赤ちゃんかな?@セブダイビングツアー アカホシイソハゼ幼魚@セブダイビングツアー

 

ロウニンアジの群れ@ヒルトゥガン島ダイビングツアー

 

バーチークダムゼル@スミロン島ダイビングツアー ウミウチワ@セブダイビングツアー

 

デバスズメダイの群れ@ヒルトゥガン島ダイビングツアー

 

ニチリンダテハゼ@セブダイビングツアー ジンベイザメダイビング@セブオスロブ

 

今年はメカを脱して、『人として』生きていければと思います。

 

メガネベニハゼ@セブダイビングツアー

 

みか

 

 

おまけ。

 

冒頭の動画。その後・・・

 

バンカーボート@セブダイビングツアー
くるりん・・・
バンカーボート@セブダイビングツアー
ぱ!!

マユさんに本気で闘志を燃やしていたマサさんでした。笑

そこはもう初島。海に囲まれ海に潜る。

2017.11.18-19  初島

 

熱海まで世田谷から1時間ちょい。

 

熱海からフェリーで30分。

 

そこはもう、初島。

 

360°周囲を海に囲まれた、最速で行けるリゾート!!

 

 

島の中はもう、どっからでも海が見える。

 

 

エクシブという、温泉もある、景色が有名な

リゾートホテルに泊まるのを、楽しみにしている。

 

 

都会の日々を忘れて、

 

潮風も感じたい放題♪ 日差しも浴びたい放題さ♪

 

 

 

・・・ところがどっこい。でした。

 

曇り空で雨がときどきぱらっ。ぱららっ。

 

全く晴れず・・・。

 

 

北海道から参加してくれたトミー。

 

寒さには慣れているはずなのに、めちゃめちゃ寒がっていた。

 

晴れてください・・どうか・・・

 

そう天に訴えながら、気合と根性と、

 

生物見たさで頑張って潜った3ダイブ!!

 

 

 

ジョーフィッシュ!!
ジョーフィッシュ!!

いつもの東伊豆のポイントから少し離れただけでも、

 

海の中にいる生き物たちは変わり種が多く・・!!

 

ジョーフィッシュをちゃんと見たのは本当に久々だったけれど、

 

あちこちに わんさか、おりました。

 

また撮影が難しいんですね!!これが!!

 

ハナタツコケギンポ

ほしてんすノドグロベラ幼魚

 

2ダイブ潜ったあとは、

 

冷えた体を癒すために

 

温泉付きのホテルに暖を取りに行くマサさん班と、

 

 

勇猛果敢に3ダイブ目にフリソデエビを狙いにいく僕班に分かれて、別行動。

 

 

本来ならエキジット時間なのに、エントリーさせてもらいました。

早めに上がります!!といって特別に。

 

ご理解、ご協力本当に感謝いたします。

 

 

 

目的のフリソデエビを探し、30分。。。

 

これは・・・・やりましたね。。

 

ぜんっぜん、見つからないです。。。汗

 

 

もう帰ろう。と、合図を出したその時、なーんか怪しい岩がったのでひっくり返してみると・・・

 

フリソデエビ×2!!

 

いたーーー!!!!(‘Д’)

 

時間がないのは百も承知なのですが、

 

みんなを呼んで順番に写真を撮りまくる。

見つけてしまったらもう仕方ないじゃないすか。(笑)

 

 

もうみんな見たね??っと、

 

興奮か焦りすぎてか、紳士的に順番を待つしおつきさんの目の前で、

 

ふたたび石でふたをしようとする僕。

びっくりあわてて「おれまだ!!」っとアピールするしおつきさん。

 

イントラの方がパニック起こしてましたね。(笑)

 

すいませんでした。

 

 

夜は地元のアットホームな海鮮料理屋さんにて、

乾杯!!!

 

PB180033PB181368

 

そのあとはホテルで円になって,

飲み会の続き。

 

アキラさんの口から出てきた、とある小説の登場人物、

 

僕にとても良く似た「カシアン」のお話。

 

きっと生涯忘れることはないでしょう。

 

 

goodもーにん
部屋からの景色がすばらしい。

 

 

2日目の天気は、これこれ!!という晴れ模様!!

 

 

1本じっくり潜って、立派なテングダイや、アカカマスの大群。

 

ヒレナガカンパチにタカベの群れ。見れました!!

 

PB193195

 

一泊二日のミニトリップ。

 

初島の海の荒々しい一面や、晴れて穏やかなときの優美さも、

 

小さな生き物たちを内包する大きなやさしさも、垣間見れたのではあるまいか。

 

そしてマサさんは、なんだか風邪をひいていた・・。

 

PB190054

 

不束者の僕ですが、ご一緒してくださった皆々様、

 

2日間本当にありがとうございました。

 

PB190091

 

すっかり晴れて、最高の天気になった二日目。

 

 

 

昨日がこの天気だったらよかったのに・・・!!

 

 

なんて声も上がり、名残惜しく初島を後にしました。

 

 

汽笛がなる。
さらば初島~また会う日まで~

 

みんながエサをあげるものだから、

 

トンビがずーっと船を追いかけてきて!

 

猛禽類ってすごい
とんび

 

スッ・・・っとおつまみの残りの、

 

ビーフジャーキーを取り出すマサさん。(笑)

 

PB190112
とまれ~!!

 

 

そしたら・・・

 

 

親鳥とひな鳥
親鳥とひな鳥

 

うまこっしーがぴよぴよと、釣れたのでした。(笑)

 

 

親鳥とひな鳥。(笑)

 

小田原で美味しいお蕎麦を食べ、沈む夕日を眺めながら

 

みんな車内でうとうとと・・。帰店したのでした。

東伊豆の夕暮れ

 

マサさん。お身体お大事になさってください。

 

かしあん

イルカと話したい。

10月13日(金・夜)~15日(日) 三宅島 透明度:25m 水温:25度

 

『うぃーーー!』

 

私的イルカ言葉で話しかけてみる。

 

 

目の前を通り過ぎようとしていたイルカたち。
実はまん丸ではないちょっと悲しそうに見える黒い瞳がこちらにくるり。

 

 

『きゅん。きゅい。きゅいー。』

 

本家本元のイルカ言葉で返してくれた。

 

 

イルカの正面顔@三宅島ドルフィンスイムツアー
『変な奴きたー』『ねー』

 

 

船長さんに言われるままに海に飛び込み、イルカを探すも姿は見えず。
あれ?っと思った瞬間からかうように高速で現れる筋肉質な流線型。
可愛いイメージだけど、野生のイルカはもっとずっと逞しいのです。

 

あのスピード、あの筋肉、あの目があう感じ・・・
誰もが言う言葉ですが、自分の目で見ないと伝わりません。

 

御蔵島ドルフィンスイムツアー

 

イルカの群れ@三宅島ドルフィンスイムツアー ドルフィンスイムツアー@御蔵島

 

イルカ@三宅島ドルフィンスイムツアー イルカ遭遇@御蔵島ドルフィンスイムツアー

 

 

秋雨前線がいったりきたり。
しとしと雨、激しい風、荒れる海・・・海よ静まれ・・・。
出発前、心配し続けた三宅島ツアー。

 

風はあったけど、無事出航。
波はあったけど、貸切りイルカ。
そして・・・過去最強に人懐っこいイルカたち。

 

海に感謝。。。

 

世界を動かし?ハードスケジュールの中来てくれたウエノさん。
早朝チェックダイブから夜飲みまで、(船上以外!)タフなタナカさん。
イルカ専属カメラマンとして大活躍のカミグチさん。

 

ありがとうございます。

 

そして大荒れの船でもイルカにわーきゃーして、
島食材たっぷりの豪華コース料理にわーきゃーして、
オシャレな藤の椅子に揺られてお酒を飲んでわーきゃーして。

 

今年の女子は強かった。マナさん、サユミさん、マキさん。笑
なにより船酔いでも何でもカメラを離さず海に飛び込み続けたアヤカさん。
執念がすごかったです・・・笑

 

ケサガケベラ@三宅島ダイビングツアー ヤッコエイ@三宅島ダイビングツアー

 

早朝ダイビング@三宅島ドルフィンスイムツアー アデヤカミノウミウシ@三宅島ダイビングツアー

 

最終日、楽しみにしていたメガネ岩は欠航になってしまったけど。
アヤカさんの記念ダイブに、ウミガメも駆けつけてくれました。

 

記念ダイブ@三宅島土方海岸ダイビング
アヤカさん、100本おめでとーーー!

述べたい言葉はたくさんありますけど、長すぎるから直接述べます。笑

 

 

一泊二日の短い旅。

 

眠る時間がもったいなくて、力の限り遊びました。(カミグチさん、私は寝てない~!笑)
乗船前から下船のギリまで、驚くほど飲みました。
マナさんとウエノさんが、小学生にしか見えませんでした。笑

 

竹芝桟橋@三宅島ドルフィンスイムツアー

 

夕飯@三宅島ドルフィンスイムツアー 橘丸@三宅島ドルフィンスイムツアー

 

夕食@ペンションサントモ サバサンド@三宅島名物ランチ

 

ペンションサントモ@三宅島ダイビングツアー ギョサン@三宅島みやげ

 

記念ダイブ@メガネ岩?

 

あーーー帰りたくない。
雨が止んだ船の上、レインボーブリッジの下を通りながら思うのでした。

 

レインボーブリッジ@三宅島ツアー

 

また来年も。イルカ、会いに行きます。

 

みか

屋久島の海と森と川のこと。

10月6~9日 屋久島 透明度:20~30m 水温:26度

 

ふりかえって、思い出して、ため息が出てしまう。

 

 

 

ふうー。

 

 

帰れることなら帰りたい。
もう住処は見つけてありますから。
・・・あの苔むした切り株の中。

 

 

海に。山に。川に。

 

自然の力をいっぱい吸収した屋久島での4日間をふりかえってみます。

 

 

1日目。

 

プロペラ機@屋久島ダイビングツアー
見えてきたー。

小さなプロペラ機にのって鹿児島を発つ。
あれは何?これは何?私の問いに答えてくれるマサさん。
でも、たまに適当な嘘をつく。笑

 

到着するといかにも屋久島に棲息してそうなイタルさんという人間が、
これまたいかにも屋久島の道をゴトゴト走ってそうな車で出迎えてくれる。
不安だ・・・・・笑

 

着いた日から台風明けの海へ潜ってみる。

 

おおー。

 

アオウミガメ@屋久島ダイビングツアー

 

ハナゴンベ@屋久島ダイビングツアー ゾウゲイロウミウシ@屋久島ダイビングツアー

 

イロブダイの幼魚@屋久島ダイビングツアー ツバメウオ@屋久島ダイビングツアー

 

カンザシヤドカリ@屋久島ダイビングツアー

 

スザクサラサエビ@屋久島ダイビングツアー ピグミーシーホース@屋久島ダイビングツアー

 

ヤクシマカクレエビ@屋久島ダイビングツアー タテジマヘビギンポ@屋久島ダイビングツアー

 

ハナヒゲウツボ@屋久島ダイビングツアー ウミウシカクレエビ@屋久島ダイビングツアー

 

透明度抜群@屋久島ダイビングツアー

 

3日間の海、まとめちゃいましたけど。
本当に、おおー。って感じです。

 

 

屋久島の海、すごいっ

 

 

2日目。

 

清々しい森の中で目覚める。
そう、私たちの宿は森の中。
ひとつ屋根の下、みんなで布団を並べて眠るなんて、いつぶりでしょう?

 

でも今日は2チーム。
おんなじお弁当を手に、山と海へ。
お互いがどんな景色で食べるのか、想像するだけでワクワク。

 

屋久島の海と山@屋久島ダイビングツアー
いってきまーす。

 

海班。(撮影者:おーたにさん含む。)

 

永田エリア@屋久島ダイビングツアー

 

屋久島はタクシーだって水面を走るらしい。
ピグミーシーホースにハナヒゲウツボ、いいなー。
なんでもマサさんが一番はしゃいでいたらしい。(満場一致)

 

 

山班。

 

太鼓岩@屋久島ダイビングツアー

 

4年間想い続けていた屋久島の森、ついに・・・

 

ヤクシカ@屋久島ダイビングツアー
おじゃまします。

屋久杉の切り株@屋久島ダイビングツアー 屋久杉の切り株からの風景

 

ケヤキゴケ@屋久島ダイビングツアー

 

晩の雨の名残でしっとりと湿った森の中。
幻想的な霧、長いことそこにいる屋久杉、気まぐれに現れたヤクシカ。
露を含んだ苔の可愛いこと・・・

 

 

屋久島の森、すごいっ

 

 

3日目。

 

名残惜しくも最後のダイビング。
みんなでこの海に来れてよかった。
記念ダイブもみんなでお祝い。

 

記念ダイブ@屋久島ダイビングツアー
300本!

キドッチさん、300本おめでとう。
ウミガメだってそりゃ駆けつけますよー。
慌てた私のせいでちょっと露出が・・・スンマセン。

 

記念ダイブ@屋久島ダイビングツアー
51本!600本!!

カナさん、51本おめでとう。
ミサコさん、600本おめでとう。

 

初めてのリゾートが屋久島でよかったです、カナさん。
そのマスクは見納め、ちょっと寂しいです、ミサコさん。

 

いよいよこれで最後なのかー。

 

ダイビングボート@屋久島ダイビングライフ
上がりたくない船と、名ガイドのイタルさんと、夕焼け空。。。

あー本当に上がりたくない。

 

最終ダイブを終え、渋々器材を洗って片付け準備。
屋久島の器材洗い水槽は宿のすぐ横を流れる宮之浦川。
そりゃー水中のヨシノボリたちだって、ビックリです。笑

 

 

川を望むお風呂に入っていた女性陣からは、
川で楽しそうに遊ぶインストラクターが3人見えたそうです。
(一人はウェット、一人は水着、一人は・・・腰にタオル)

 

 

屋久島の川、すごいっ

 

 

4日目。

 

いよいよ帰るのか・・・。

 

観光・買い物のガイドは苦手そうなイタルさん。
の、イチオシはタイドプール。
おっきい大人15人が水深10cmの世界に魅入っている様は・・・可愛らしい。笑

 

 

 

ひとつ屋根の下で過ごした4日間。

 

森の中のお風呂、丁度いい日は1日もなかったけど最高でした。
毎日手を替え品を替え出てくるトビウオ、何にしても美味しかった。
夜の河原の散歩、虫刺されと星がすごかった。

 

毎日みんなでテーブル囲んで夜遅くまで飲みました。

 

寝たくないってミッチャンもレナさんも駄々こねてたし。
みんなで寝たいってオータニさんも駄々こねてたし。
アケモさんにマッサージされてマサさんはとっくに寝てるし・・・

 

最後の日、本当は寝たくなんだけど。
まぶたが重たいー・・・・・

 

八重岳山荘@屋久島ダイビングツアー

 

屋久島焼酎・三岳@屋久島ダイビングツアー トビウオのから揚げ@屋久島ダイビングツアー

 

三岳で乾杯@屋久島ダイビングツアー 月と日カフェ@屋久島ダイビングツアー観光

 

タイドプール散策@屋久島ダイビングツアー 八重岳山荘@屋久島ダイビングツアー

 

器材洗い@屋久島宮之浦川

 

楽しかった4日間、終わってしまったのかー
なんだかまだまだ続きがありそうだったのに。
また、続きを探しにきます。

 

屋久島ダイビングライフのいたるさんと。
お世話になりました。。。

みか

ギリギリ八丈

こんちわ!まさしです!

 

お盆過ぎてからの方が暑い今日この頃ですが、みなさん元気にお過ごしでしょうか?

 

それはそうともう1か月も前の事になってしまいましたが・・・

 

7/28-30  八丈島  透明度:5~15m  水温:15~22℃

 

波の激しい海辺で

 

いやぁ、

 

ギリギリ八丈(笑)

 

はい、台風発生、

 

僕等を待ち構える様に停滞、

 

僕等に合わせて通過予報、

 

なんでいつもこうなるのかなぁ(笑)。

 

もっと普通にこられないもんかなぁ、八丈、(笑)。

 

でもさ、そこはさ、やっぱ持ってるよ俺ら(笑)

 

運良く台風の進路が少しズレ、なんとか行きも帰り無事に飛行機が飛んだんだけど。

 

そして台風の影響で潜れるかどうかも危うかった八丈のメインポイントの「ナズマド」で合計6本(全て)潜る事ができた、(最後の方はまるでアトラクションかと思うほどの海だったけど(笑))。

 

そんでね、今回はそれだけじゃない訳(笑)。

 

本来、黒潮ががっつり入ってるはずのシーズンの八丈、そうなれば水温29℃透明度30m~・・・のはずだったけど・・・

 

う、ううん・・ちがうよ・・・

 

冷水塊というこれはこれは冷たい潮に包まれていた八丈、水温ところにより15℃・・・透明度ところにより5m・・・

 

15℃って・・・伊豆の1月の水温やないかーい!

 

そして陸の気温は30℃以上・・・

 

どうしたらいーの?

 

悩んだ結果、陸上は地獄の暑さですが、水温に合わせてドライスーツで潜る事に、

 

陸はほんと暑かった・・・

 

けど水中は勝ち組、どんな冷たい潮にあたってもお構いなし!

 

ゆったりまったり50分だろうが60分だろうが楽勝さ(笑)。

 

透明度はまぁ、ボチボチだったけど、

 

やっぱり生物はすごいねぇ、

 

いつもは伊豆で潜っている僕でしょ、

 

見たことない魚やウミウシがザックザク、

 

そして日本で1番簡単にアオウミガメが見られる事で有名な八丈、だけあってアオウミガメもたくさん見れましたねぇ。

 

そして、水温が低かったお陰で本来は100m~200mの深海にいる、「ウメイロ」という魚見れたりね(初めて見ました)。

 

透明度良い時も 飲み過ぎです このウミウシはなんだ?アオウミガメー

 

サービスパッションウミガメだー 椎茸でカンパーイ キホシスズメダイ

 

カキ氷うまし IMG_1894 ハイビスカスとヤシの木 ドライあちー

 

ユウゼン ひろちゃん300本おめでとう ナズマド前で シロスジヒオドシウミウシ

 

島寿司~ ヨゴレヘビギンポ いざ、ドライでエントリー 部屋飲みタイムで

 

お店で飾り選び♪ コールマンウミウシ 部屋でも(笑) みんな笑顔

 

夜がまた激しかった(笑)

 

いやぁしかしみんなまぁ飲むねぇ(笑)。

 

大量の島寿司を注文、くさやに明日葉の天ぷら、そして八丈産の生ねり。

 

会計も気にせず飲み過ぎ食べ過ぎ、最終日に関してはお会計○○万円(笑)

 

最後には板長が僕等の前で直々に御挨拶とサービスのパッションフルーツ、

 

うちら、大体のご飯屋さんに感謝されちゃうんですよねぇ(笑)

 

そしてね、今回の八丈でヒロちゃんが300本!

 

本当におめでとう!

 

今回はどんな生物よりレアキャラのマイさんも一緒に祝わさせてくださいね(笑)。

 

最終日は車を走らせ景色の良い所やお土産屋さん、そしてご飯屋さん、カキ氷やさんとひた走る(笑)。

 

いい天気の中海辺に立って潮風を浴びる、

 

あぁ、来られて良かった。

 

潜れて良かった、

 

みんな無事で良かった。

 

そしてこの後の飛行機も無事飛びそうだ、

 

あぁ良かった。

 

激しく波立つ海辺を眺めつつ、

 

そう思った八丈ツアーなのでありました。

 

来年はハラハラドキドキする事なく、

 

黒潮ど真ん中で潜れるといいですね。

 

みんなありがとうございました!

 

IMG_1966

 

後日、みんなから頂いた写真のデータを見ていたら、

 

僕の見てないウミウシがたーくさん映っていました、

 

ただし、名前もわからん・・・

 

もっと勉強して来年の八丈にのぞみます!

 

よろしくお願いします!!

 

まさし