何かと忙しい都会生活!
それでもダイビングを通じて海を身近に生活してるスタッフ達の不定期日記。

マサシ:筋肉の貯金はできる

マサシ:
筋肉の貯金はできる

ミカ:トイレ近い

ミカ:
トイレ近い

マイ:一番エライちび

マイ:
一番エライちび

スナオ:黒い。無知。

スナオ:
黒い。無知。

ユキヤ:祖父農家 米安定供給

ユキヤ:
祖父農家 米安定供給

マサ:脳が硬式野球

マサ:
脳が硬式野球

yukiya のすべての投稿

ウシの時期

 

 

 

2022.1.8 田子 透視度18ー20m 水温16‐17℃

 

 

 

 

 

 

 

 

ほとんどの人がこの日が潜り始め。

 

 

 

 

透視度20m。

 

 

 

 

さいこうっ♪♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも今日は、どーやら透視度なんてどーでもいいみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後ろには、キンギョハナダイがワサワサしている。

 

 

 

 

でもそんなのお構いなし。

 

 

 

 

今日はごめんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聞くところによると、ウミウシの時期が来ているようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

後ろには見向きもせず、壁をじっくり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たのしいっ♪たのしいっ♪♪

 

 

探せば、探した分だけ出てくるウミウシたち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆が散り散りになって探すと、

 

 

 

それぞれがマイウミウシを発見できちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しい季節になってきましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ小さ過ぎる時期ではありますが、

 

 

これからどんどん成長するはず。

 

 

 

 

 

 

 

興味ない人も興味持ってみては・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海ではウミウシが最高ですが、

 

 

陸上では、ウシの乳が染みる時期。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポッカポカにした、

 

 

車内で食べるソフトクリームと牛乳は、かくべつっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

冬はウシの時期です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご賞味あれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

 

 

 

今年もこの家族でスタート。

 

 

 

2022.1.2-3 IOP:井田 透視度10‐25m 水温14‐16℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20年くらい前は、

 

 

きっとこんな感じでデートしていたんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

年末年始は、どこか旅行へ行き、

 

 

絶景でも眺めながら、2人の将来の事を考えていたんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから20年が経ち、2人の間にはショータが誕生、

 

 

 

年末年始は3人でどこかに出かけるようになったようで・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2人が海を眺めながら、黄昏る姿を後ろから眺める子:ショータ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それをさらに後ろから眺める、ボクとウサミさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとも不思議な光景です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相変わらず子:ショータから父:アキさんへの当たり強めなのは

 

 

2022年も継続するようですが、

 

 

それもまたこの家族の特徴なのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて見たウサミさんは、最初びっくりしてましたが、

 

 

終わるころには、だいぶ馴染んだようで。

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで親戚の叔父さんのように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年に引き続き、今年も3人の家族旅行から始まりましたが、

 

 

2022年はどんな1年になるんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショータは次は高校生に、

 

 

 

ウサミさんは遂にマイ器材に。

 

 

 

 

 

 

今年も変化の1年になるでしょうけど、

 

1年間はお世話になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

2021年最後の試練

 

 

 

2021.12.30 大瀬崎 透視度10ー12m 水温16.4℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年も残すところ、あと2日。

 

 

 

 

 

おだやかに年末を過ごせるかと思いきや、

 

 

 

自然とは不思議なもので、

 

簡単には年を越えさせてくれないようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日に限って、西風の強風。

 

 

 

 

 

 

 

 

車もビュービューとあおられるほど、強かったせいで、

 

 

大瀬崎の陸上はタンクを背負った女性陣は、一歩一歩ゆっくり進んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風に負けないよーに、少しずつ少しずつ。

 

 

 

必死なのかと思いきや、彼女たちの顔を覗くと、

 

 

 

みんな笑いながら、歩いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら、強いタイプの人たちらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

強めの女性たちは、

 

水中に入ってしまえば、へっちゃらのようで、

 

手足長めなオノジンを囲み、じっくり観察する。

 

 

 

 

きっと、 撮りづらいでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で一眼レフカメラを手にしたミモさんは、

 

 

 

それは楽しいようで・・・、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

放置されてるのを良いことに・・・、満喫してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

強い女性陣とはいえ、

 

いくらなんでもウツボを鷲づかみしようなんてね・・・。

 

 

 

 

 

 

その強さがあったら、来年も大丈夫そうですね!!

 

 

 

 

 

 

来年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

お手本の大人たち

 

 

 

2021.12.27 熱海 透視度17m 水温16℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少年よ(16歳ハルト)。

 

 

 

 

目の前には良いお手本たちがいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手本の大人その1(手前)→トイレが近くなる。

 

 

 

良いか、ハルト。

 

大人になると、やたらとトイレが近くなるぞ。

 

 

 

 

 

年齢を重ねると、だんだん体の機能が低下して、

 

我慢できたものが我慢できなくなってくるぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

何事も出せる時に出さないとなっ。

 

 

気をつけろー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手本の大人その2(中央)→筋肉が低下し、脂肪に変わる恐怖。

 

 

 

 

いいかー、ハルト。

 

 

 

大人になるとだんだん筋肉が低下してくるぞ。

 

 

 

 

 

 

昔トレーニングで筋肉をつけた場合、

 

何もしなきゃそれが脂肪に変わっていってしまうぞ。

 

 

 

 

 

その恐怖心を打ち消すには、

 

トレーニングしつづけるしかなくなる。

 

それがまた大変なんだぞー。

 

 

 

 

 

 

学生時代とはわけが違うんだ。

 

 

極端につけすぎないよーにね、あとが大変だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手本の大人その3(後ろ)→なんでもポチッ。

 

 

 

いいかー、ハルト。

 

 

 

大人になると、

 

なんでもポチッとしちゃう危険な人もいるんだぞ。

 

 

 

 

会うたびに新しいギアが増えて、買ったんですねって聞くと、

 

『えー、またポチッとしちゃいまして。』

 

と、「てへっ」ってした顔を言ってくるぞー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほらっ、今回も人のダイコンを見て、

 

『やっぱり良いですねー』って言ってるぞー。

 

 

 

 

 

車の中で「ポチッ」しないか見張っていてねー。

 

 

 

 

既にダイコン2つあるのにねー・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学ぶこといっぱいだね。

 

 

 

 

 

 

でも大人ってね、

 

 

潜って、絶品そば食べて、ラストに温泉入ると、もう最高。

 

 

 

 

 

 

これは子供以上に大人が喜ぶかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、お風呂後のアイスはみんな変わらないね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

ボクらは魅惑された。

 

 

 

2021.12.26 赤沢 透視度17m 水温16−17℃

 

 

 

 

 

 

 

東伊豆、赤沢温泉郷から、一気に坂を下っていく。

 

 

温泉の誘惑を無視して、

 

 

僕らはダイビングポイント『赤沢』へと向かう。

 

 

 

 

 

 

 

聞くところによると、

 

潜る人は、皆魅了されているようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、それもおかしな話だ。

 

 

 

 

 

 

以前までは、

 

 

「赤沢には何もいない。」

 

「つまらない所だよ。」

 

 

 

 

 

 

 

良い情報はひとつも聞いてこなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれどれ真偽を確かめねば・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

話を聞きつけたカメラ部隊と共に、僕らは海の中へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

by みも

 

 

by みも

 

 

 

 

 

 

 

なんですか、この海は。

 

 

 

キシマハナダイの雄と雌が、両方見れちゃうって・・・。

 

 

 

しかも38mで・・・、すごっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キシマハナダイ・・・

水深50m以深、潮通しの良い岩礁斜面に単独、

もしくは複数匹にハーレムで生息している。稀種。

 

 

 

 

 

 

50,60mで見られる生物が30m台で見られちゃうなんて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

by あさみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらまー・・・。

 

 

 

アサヒハナゴイまでいちゃったよ。

 

どうなってるんだ、ここは・・・。

 

 

 

 

 

 

アサヒハナゴイ・・・

 

潮通しの良い岩礁斜面に複数匹のハーレムで生息している。

その地域に多い魚の群れに混泳することが多い。

水深30m以深の深場の稀種。

 

 

 

 

 

 

こやつも初めて見ましたよ。

 

楽しいな。ここ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

by れな
by あさみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うほっ!!!

 

こっちにはフチドリハナダイにアカボシハナゴイも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フチドリハナダイ・・・

潮通しの良い岩礁斜面や、

サンゴ礁外縁のドロップオフの側面など、

根添いに十数匹のハーレムで生息している。

日本では水深50m以深の深場の種。

 

 

 

 

アカボシハナゴイ・・・

日本では水深40m以深、

潮通しの良い岩礁斜面や、

サンゴ礁外縁のドロップオフの側面など、

根添いに十数匹のハーレムで生息している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他のポイントでは見れない生物がたっくさん生息している。

 

だれだー、つまらない海って言ったのひとーー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

by あさみ
by れな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、今回だけではやめられない。

 

 

何回も何回も来ないと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リクエスト待ってますね。

 

 

 

 

ただ、誰でもOKってわけじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一応参加条件は・・・

 

 

 

エンリッチSPを持っていること。

(1分でも長くいるため、減圧症防止のため)

 

 

 

ディープspを持っていること。

(深すぎるため)

 

 

 

ドリフトspを持っていること。

(たまに激しい流れが発生するため)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

by れな

 

 

 

 

 

 

 

 

まってまーす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや