最速記録 

7月5日 井田 透明度 8m 水温 22度

 

なんだか今日はみんなの集合がとても早い。

6時過ぎにはもう全員集合。

 

そんな今日は、『洞窟、沈船以外リクエスト。』

珍しいリクエストです。(笑)

沈船、洞窟に行きたいって声は聞くけども、

それ以外って・・・。

 

そんなリクエストを決めたチューサは暗いとこが嫌らしい。

 

じゃあどこがいい?なんて聞いたけど、

決められなーいっていうから井田に決めました!私が。(笑)

 

 

みんなの集合が早かったから、東名に乗ったのは6時20分。

 

私の中の最速記録更新です!

 

 

もちろん井田にも一番乗り!

 

海にも一番乗り!

 

予想以上にうねりが残っており、その影響で浅場はニゴニゴ。

 

入る前は、時折大きく重なるうねりを前に、

ここ潜るんですかー?と言ってたチューサも、

入ってしまえば大丈夫。

 

ほんとに海洋実習の時からは想像できない程、

上手になったね。

 

海洋実習では、もうライセンス要らないから

帰りたいって言ってたのにねー。(笑)

 

数日前にダイビング復帰を果たしたミサコさんも、

ボートに続き、ビーチも克服!

 

 

色が変わって来たー またまた現る!

 

ハオコゼ

 

カンパチも突っ込んでるー!

 

時間が早かったからか、タカベの群れも!

それにカンパチのチビが突っ込んでて混乱状態のタカベ達。

 

頑張って大きくなるんだぞー!

 

 

初参加のナカタさんも、伊豆のイメージを少しは変わりました?

 

 

いつもは時間との兼ね合いで間に合わないことも多い、

お寿司屋さんも、今日は余裕!

 

みんなビール

 

帰りも東名をゆっくり帰って来ても、

東京インターを16時前には通過!

 

 

私の中で史上最速記録ですねー!

江の浦に行くより早いかも?(笑)

 

いやー。こんなに早く帰ってくると、逆に落ち着かないです。(笑)

 

さすが平日!でも、もう少しすると、平日も混む日が続くんだろーな。。。

 

すなお

 

 

1番好きな海

 

 

 

令和元年7月3日(水) 神子元 透視度30m 水温23.1℃

 

 

 

 

 

 

 

 

この海は、行った人にしか分からない感動がある。

 

弱者を寄せ付けない猛烈な流れが襲ってくる海、

 

壮大なスケール、そこら中にいる魚群。

 

言葉では、言い表せない。

 

 

 

早朝5時半、いつもよりも1時間近く早く店から出発する。

 

大好きなハンマーを見に行くため、

 

テンションが高くなるショウイチロウさん。

 

車では、全く眠くならなかったみたいで、

 

僕とハイテンションの会話をすること3時間、神子元へ到着。

 

 

 

いつもとは、ちょっと違った雰囲気に緊張し始める、

 

ヨシハルさん。

 

大丈夫です、僕も神子元自体2回目。ガイドは初めて。

 

僕だって緊張しています。

 

 

 

楽しみとドキドキが入り混じる。

 

 

 

船に乗る事15分、ようやく神子元島に到着。

 

一斉にエントリーの準備をし始める。

 

全インストラクターが甲板に呼ばれ、ポイントの説明を受ける。

 

 

 

・・・・・・さっぱり分からない。

 

 

 

神子元の地形が全く分からない僕は、

 

緊張だけが増して、臨むことに。

 

 

 

さー、向かいますよー。

 

 

 

透視度30m。

 

圧倒的な景色に圧倒される、みんな。そして僕。

 

 

 

流れと闘いながら、岩をよじ登る。

 

まるでロッククライミングみたい。

 

前方から押し寄せてくる激流に、

 

咥えてるレギュレータがブルブルブルブル震えながら、

 

立ち向かう。

 

 

 

巨大なアオウミガメとトビエイ

 

 

 

強烈な海を優雅に泳ぐアオウミガメとトビエイ。

 

激流をものともせずに泳いでいく姿を見て、

 

人間の弱さを感じる。

 

生き物は、凄い。

 

 

 

 

 

 

なかなか現れないハンマヘッドシャーク。

 

1本目は、ただ気持ちよく流されただけに。

 

 

 

船へ戻ると他のチームから歓喜の雄叫びがあがっている。

 

他のチームとの温度差を感じながら、

 

再び全員インストラクターが集められる。

 

『僕が先に行くんで、いたら鳴らします。すぐ来てください。』

 

現地のインストラクターに言われ、

 

必ず次は、と願うぼく。

 

ショウイチロウさん、ジュンさん、そしてヨシハルさんにも

 

そのことを伝え、水中へと向かう。

 

 

 

『カン、カン、カン。』

 

 

 

入って2分後、その音が鳴り響く。

 

ショウイチロウさんに『行っちゃえ』と指示し、

 

僕はジュンさんとヨシハルさんの手を掴み、

 

全速力でフィンを動かす。

 

流れに逆らい、呼吸が乱れ始めても、動かす。

 

かなりの距離を泳いで、ようやく到着。

 

 

 

すると、そこには・・・・・・、

 

 

 

 

 

 

何百匹というハンマーヘッドシャークの大群が。

 

右から左へ泳いでいったと思えば、

 

今度左から右へ泳いでいく。

 

 

 

どこかへ行ってしまったと思えば、

 

また別の群れが。

 

36分のダイビングのうち、全ての時間で見れる。

 

まさに、ハンマーリバー。

 

 

 

興奮冷めやらぬまま、船に戻ると、

 

約20人程いたダイバーが、笑顔に。

 

船酔いしていたヨシハルさんも、顔の血色が良くなっている。

 

クリアシリコンにしたジュンさんも、笑顔に。

 

ハンマー大好きショウイチロウさんも、大喜び。

 

僕は、笑いが止まらなかった。

 

 

 

ハンマーヘッドシャーク

 

巨大コブダイ、がどこかにいるはず

 

 

 

今まで潜った海で一番面白かった海。

 

そう言って、良いでしょう。

 

本当に幸せでした。

 

 

 

完全勝利への祝杯

 

 

 

 

 

ゆきや

復帰戦

 

 

 

 

令和元年7月2日(火) 田子 透視度8m 水温21℃

 

 

 

 

 

濃霧で富士山が・・・

 

 

 

激しい濃霧に苛まれ、富士山が、見えない。

 

富士山好きのフルキさんは、珍しく見れないため、

 

良く分からない景色を撮り始めた。

 

変な人ですね。

 

 

 

おかえりなさい、ミサコさん。

 

 

 

2月に骨折し、辛いリハビリを乗り越えること約半年。

 

ようやくミサコさんが戻ってきた。

 

お帰りなさい。

 

今日は、ミサコさんの復帰戦。

 

ゆっくり行きましょう。

 

 

 

フロートの編み方

 

 

 

『久々にフロートをあげたい』

 

そう申し出たフルキさん、

 

編み方をもう一度勉強し、あげる準備をする。

 

成功するのだろうか。

 

 

 

イトヒキベラの婚姻色

 

アオリイカだっ!!

 

 

 

骨折の影響を全く感じさせない。

 

器材を担いですたすた歩き、

 

水中では、すいすい泳ぐ。

 

 

 

この日の白崎は、透明度こそいまいちだが、

 

生物は豊富。

 

フジナミイロウミウシ、ウミスズメの幼魚

 

フジイロウミウシ、クチナシイロウミウシ、ゼフィラウミウシ、

 

フルキさんしか見ていないウデフリツノザヤウミウシなどなど。

 

久々のウミウシ探しに力を発揮するミサコさん。

 

 

 

フジナミイロウミウシのお尻 ウミスズメの幼魚 ハナオトメウミウシ ニジギンポフジイロウミウシ

 

ゼフィラウミウシ

 

 

 

今まで見たことのないウミウシがわんさか。

 

さすが700本ダイバー、目が違いますね。

 

 

 

そろそろフロートのお時間。

 

まずは僕が手本として見せる。

 

 

 

無事成功。

 

 

 

続いて、フルキさんがあげる。

 

 

 

・・・・・・あれ?

 

様子がおかしい。

 

何してるの?

 

 

 

紐が長いね~。

 

 

 

紐がどんどん絡み始めている。

 

一つ一つ解いていき、なんとか成功。

 

久々のわりには、良い方かも。

 

 

 

人の失敗を見ているのは、面白いですね。

 

自分が失敗しているときは、

 

焦りでしょうがないけど。

 

 

 

これが骨折した足だ。

 

 

 

ミサコさん、復帰戦無事完走おめでとうございます。

 

半年間潜ってない分、残りの半年で取り返しましょう。

 

 

 

フルキさん、ちゃんとフロートあげてください。

 

 

 

 

 

ゆきや

もう一つの目的。

7月1~2日(月・火) 伊東・雲見 透明度:8~15m 水温:20~23度

 

 

目的達成とはいかなかったけど。

 

 

伊東のキビナゴ舞う透明度抜群の海も、
雲見のキンメモドキひしめく洞窟も、
2日間大荒れの海を覚悟していただけに、綺麗で楽しかった。

 

 

伊東ダイビングツアー#お泊り

 

メジナ群れ#伊東ダイビングツアー ミナミハコフグ幼魚#雲見ダイビングツアー

 

ソフトコーラル#伊東ダイビングツアー

 

雲見ダイビングツアー#水中洞窟 フタイロハナゴイ幼魚#伊東ダイビングツアー

 

洞窟ポイント#雲見ダイビングツアー キンメモドキ群れ#雲見ダイビングツアー

 

 

寝る間も惜しんで休憩中もビーチへ消えたなっちゃん。
意外と(笑)小さい生き物も好きだったイシムラさん。

 

思いがけず、せっちゃんのうれしい悲鳴も。

 

 

ムツ#雲見ダイビングツアー
新種認定っ。この子は誰でしょう?

 

 

目的達成とはいかなかったけど。

 

 

不思議な形の可愛いらしい宿で初めてのお泊り、
汗だくになった卓球、もっと汗だくになった韓国式サウナ。
そして、初めての『夜すぎ屋』さん。

 

 

海鮮#修善寺居酒屋#すぎ屋
よっ!大将!?

 

海況不良により、神子元クローズ。
この旅の一番の目的が果たせなかった女6人、よく飲みました。

 

 

テーブルの中心にはカオルさんがいつだってニッコリ。
・・・徳利を手に。汗

 

 

日本酒#修善寺居酒屋#すぎ屋

 

生ビール#修善寺すぎ屋#アフターダイブ オリーブの木#修善寺宿泊

 

卓球#オリーブの木#お泊りツアー 修善寺ランチ#蕎麦#やまびこ

 

 

ハンマーは見れなかったけど、美味しいご飯は裏切らない。
夜のすぎ屋さんには、不思議な人との出会いも沢山ある。

 

でも実は、卓球とサウナのあとのビールよりも、
せっちゃんオススメの加賀鳶よりも、デザートのアイスよりも、
私が一番楽しみにしていたのは・・・

 

 

これ。

 

 

 

〆のラーメン#修善寺海鮮#すぎ屋
目的達成!?

 

やっと口にすることができました。
マサさんもマサシさんも食べたことがある。
スナオさんにもタマちゃんにも先を越された・・・〆のラーメン!!

 

 

今回、実は心密かに、神子元ともう一つの目標が。
それは、この〆のラーメンを美味しく食べること。

 

ちゃーんと美味しかった記憶もバッチリ!
と、喜ぶ私に年下のミズキちゃんがぽつり。

 

『覚えているのも今だけかもしれませんよー。』

 

翌朝、目覚めた私はまず、
〆のラーメンの味を思い出したのは言うまでもなく(笑)

 

 

 

今回、新たな目標もできましたから。

 

またリベンジしましょう。
・・・今月末に?!(早いっ。笑)

 

神子元でハンマーリバー。
そして、すぎ屋さんで次は担々麺を。笑

 

 

みか

非協力的な一面

 

 

 

令和元年6月29日~30日(土・日) 田子 透視度8~12m 水温23.4℃

 

 

 

 

 

 

 

 

経験本数70本弱。

 

今までいろんなポイントを潜り、

 

深い所も行ったことのあるアオヤマ家。

 

 

 

ちゃんとした講習を受けていた方が良いと思った、タケオさん。

 

その考えは間違いなく正しいですね。

 

 

 

 

 

 

まるで本当の訓練ような姿の2人。

 

さすがそういう所で働いているだけある。

 

水中でのチームワーク◎。

 

 

 

ただ、ドライスーツは初めて。

 

経験本数は4本。

 

果たして上手くいくのだろうか。

 

 

 

ユウキ大好き、ウツボ

 

 

 

今までにほとんど体験したことがない感覚、ドライスーツ。

 

慣れない感覚に悪戦苦闘しながらも、

 

少しずつ。少しずつ上達していく。

 

 

 

まだまだ水中に慣れてないチカラさん、マサタカさん。

 

水中での動きが激しく、毎回エア切れ間近。

 

本人もそれを気づいていて、

 

どうやったらエア持ちが良くなるか考えながら取り組む。

 

 

 

その考えながらやるのが大事。

 

そういう人ほど、上達していくもんだよ。

 

気長にやりましょう。

 

 

 

沖縄にも負けない量

 

 

 

皆が待ち望んでいた、ナイトダイビング。

 

真っ暗な世界に恐る恐る入っていく。

 

日中とはまるで違う景色に目を丸くしながら進んでいくと、

 

そこには巨大なヒラメ、ヤドカリ、スナダコ、タツノイトコが。

 

 

 

普段見ることの出来ない生物に感動しながら、船へ戻ると、

 

 

『楽しかったぁ・・・・・・、

 

ですけどカメラを犠牲にしました。』

 

 

とマサタカさんが告げてくる。

 

『なにー!!!』っと思い、

 

話半ばに急いでダイブ。

 

 

 

すると、ボートの真下で無事救出。

 

『この代償は凄く大きいですよ。』

 

 

 

そして夜を向かえた。

 

 

 

疲労で爆睡

 

 

 

普段とは違う疲労のせいか、すぐ爆睡。

 

『チカラさん弱いなー』、なんて思っていると、

 

僕も1時間には夢の中へ。

 

気づいたら布団がかけてありました。

 

マサタカさん、ありがとう。

 

 

 

至福のひと時

 

 

 

アオヤマ家は、地上では協力的な家族なのだが、

 

水中では非協力な一面が垣間見える。

 

 

 

ナビゲーションの時、

 

コンパスと自分の間隔を頼りに四角形を作って

 

元の位置に戻ってくる練習がある。

 

『3人で協力してね。』

 

っと伝えスタートすると、

 

各々が別々のペースで泳ぎ始めた。

 

四角形の形も違ければ、泳ぐスピードも違う。

 

まさに自由。

 

水中でも地上と同じく協力しあってくださいね。

 

 

 

本数は違うけれど、AOW認定日は一緒。

 

気持ちを切り替えて、楽しみましょう。

 

改めておめでとうございます。

 

 

 

 

 

ゆきや

何かと忙しい都会生活!それでもダイビングを通じて海を身近に生活してるスタッフ達の不定期日記。