何かと忙しい都会生活!
それでもダイビングを通じて海を身近に生活してるスタッフ達の不定期日記。

店長:マサシ

マサシ:
筋肉の貯金はできる

スタッフ:ミカ

ミカ:
トイレ近い

スタッフ:マイ

マイ:
一番エライちび

スタッフ:スズカ

スズカ:
すぐ寝る。

スタッフ:ユキヤ

ユキヤ:
祖父農家 米安定供給

スタッフ:マサ

マサ:
脳が硬式野球

「ハンマーヘッド」カテゴリーアーカイブ

記念日。

9月30日 神子元 透明度:20~25m 水温:27℃

 

 

記念日でした。

 

 

先日の宮古島ツアーで迎えるはずだった100本。
台風のせいで予定がズレちゃって・・・
神子元ツアーで100本にしよう!って。

 

 

ならばと、一緒に宮古島行ったミサキさんも、
『私でも大丈夫なら行く・・・』
めっちゃ弱気に初神子元に参戦。

 

 

だから、今日は外しちゃいけない記念日なのです。

 

 

もちろん・・・・・

 

 

 

 

 

 

わーーーい。
記念ダイブを外す私にしては、当てました(笑)

 

 

記念ダイブ@神子元ダイビングツアー

 

 

おめでとうーーーっ

 

 

今年の目標、
神子元、100本。
どちらも叶っちゃったね、ユリカちゃん。

 

 

透明度よし。群れよし。
こんな素敵な日があっていいのか?

 

 

いえ、やはり何事もないわけがない。

 

 

実は、写真の中にはもう一人100本記念の男が。
・・・オキさん、マサシさん、ごめんなさい。
広げ見ることのなかったあの旗は・・・何処・・・

 

 

 

 

調子に乗った2ダイブ目も外し。
いや、正式には当たり?
※↓↓非常に酔います。

 

 

 

 

撮影開始直後に映るサメ・・・
コーヅさん、どうやら奴はブルシャークでした。
ビビった私の動きが・・・笑

 

 

 

 

迎えた締めの3本目。
も、イマイチ締まりきらず・・・

 

 

い、いや、、、

 

 

締まったーーーっ!!

 

 

 

 

この素敵な群れを安全停止間際に。
なんていい演出でしょうか。

 

 

見つけてくれたのはオキさん!
あれ?このパターン、前(9/14)も・・・??

 

 

違うのは、サメに追いつき追い越した男がいた事。
発見者、撮影者(たぶん新種のサメ)、
最高の記念日に、ありがとうございました!!

 

 

 

 

荒波に揉まれた華奢女子二人も。

 

 

船上マスクで乗り越えて。

 

友達@神子元ダイビングツアー
まだまだ海の中?笑

 

 

弁慶のごとく睡眠をむさぼって。

 

女性参加@神子元ダイビングツアー
立ち寝(笑)

 

お疲れさまでしたーーー!!

 

 

記念ダイブ@神子元海遊社ダイビングツアー

 

 

あれ?1旗と1人足りない・・・?

 

 

みか

 

 

この女、恐ろしや。

9月14日(水) 神子元 透明度:8~15m 水温:26℃

 

 

9月、伊豆の海の水温が最高潮を迎える。
とりわけ、伊豆半島の突端、神子元は、
南の島さながらの温かさ。

 

 

その、水中を。

 

 

この女、恐ろしや。

 

 

神子元島@海遊社ダイビングツアー

 

 

サメを見れて、ご満悦♪

 

 

ドライスーツで・・・?

 

 

暑い暑いとウエットを脱ぐ私たちの横で、
初神子元でサメを見れて笑顔の、アキホさん。

 

 

さぞかし暑かろうと気を利かせて、
『ファスナー開けますか?』

 

『え?後でいいよー。』
何言ってんの、濡ちゃう。的な反応。

 

 

神子元=ウエット

 

 

なんて思い込んでいませんか?

 

 

寒がりで神子元もドライで潜りたいという方、
素晴らしい前例あり、ぜひご検討ください。
・・・要ご相談の上で。笑

 

 

 

入る前からトビウオの演出にワクワクして、

 

 

トビウオ@神子元ダイビングツアー

 

 

この南国さながらの海も。

 

魚影@神子元ダイビングツアー

 

 

出港するか微妙だった荒れた海面も。

 

290@神子元ダイビングツアー

 

 

マッハでバタ足しないと
船に追いつけないエキジットも。

 

エキジット@神子元ダイビングツアー

 

 

ドライとストラップフィンでのりきって、
ずっと楽しそうに笑ってたアキホさん。

 

 

このハンマーの群れたちは、
ご褒美だったのでしょう。

 

 

 

 

そう、オキシマさんからの・・・?

 

 

ラストグッジョブ、
ありがとうございました!

 

 

まぁ本当は私が見つけたかったけど(笑)

 

 

みか

 

 

緊張、潜降、感動・・・疲労。

6月4日 前泊神子元 透明度:8~12m 水温:21℃

 

 

流れる戦場アナウンス。

 

パラシュート部隊さながらに整列するダイバー。

 

目の前には泡立つ海面・・・

 

 

神子元ダイビングエントリー
3,2,1・・・

 

そう、ここは言わずと知れた(いや、言いまくってますけど)
伊豆随一の激流上級者ポイント、神子元。

 

 

その海に、初めての挑戦。

 

 

緊張の潜降。
しかし、水中に潜ったみんなの目の前には・・・
圧倒的魚影。

 

 

イサキ群れ@神子元ダイビングツアー
ん?見えづらい・・・?笑

 

滅多にお目にかかれないオオニベ。

 

 

オオニベ@神子元ダイビングツアー
デカいんです!!

 

そして・・・出たーーーっ

 

 

ハンマーヘッドシャーク群れ@神子元ダイビングツアー
目を凝らせば、群なんです!笑

 

みんなのフィンの早いこと。

 

 

消えていくみんなを呼ぶベルに、
ちゃんと気づいて帰ってきてくれたのは・・・
アシストのスズカだけ。

 

 

いやいやいや!
みんな連れてきてっ!!笑

 

 

つっこみどころ満載のアシスト陣でしたが、
全員無事見れて感謝ですっ。
ありがとうございました。。。

 

 

 

 

晴れ渡る空に神子元島。
オレンジのフロートとのコントラストが素敵です。

 

 

神子元島@東京ダイビングショップツアー

 

 

ピントさえ、あっていれば・・・
ごめんなさい。

 

 

こっちは合ってたから・・・
ゆるしてください。

 

 

ハンマーツアー@神子元ダイビング

 

 

 

 

前日の夜20時に出発して、
賑やかな車内、前祝い、迎えた本番。
と、くれば。

 

 

まぁ、帰りの車内はこうなりますね。

 

 

神子元送迎付き東京ダイビングスクール
遊び疲れた大人たち・・・

 

きっといい夢みているに違いない。

 

 

・・・ん?シオツキさん??
サメに襲われる夢でも見ている・・・?笑

 

 

みか