何かと忙しい都会生活!
それでもダイビングを通じて海を身近に生活してるスタッフ達の不定期日記。

店長:マサシ

マサシ:
筋肉の貯金はできる

スタッフ:ミカ

ミカ:
トイレ近い

スタッフ:マイ

マイ:
一番エライちび

スタッフ:スズカ

スズカ:
すぐ寝る。

スタッフ:ユキヤ

ユキヤ:
祖父農家 米安定供給

スタッフ:マサ

マサ:
脳が硬式野球

「ドリフトダイビング」カテゴリーアーカイブ

タンク手で叩くほど

 

 

 

2021.6.29 神子元 透視度30m 水温22〜24℃

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神子元島。

 

 

 

2週間前に、先陣を切ったミカさんは『大当たり』。

 

その日、神子元から帰還してきた人たちの笑顔たるや・・・。

 

 

 

 

 

 

『僕も負けてられない。』

そう思いながら、挑みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

透視度30m。

 

幸運なことに、ここ数週間黒潮が残っていてくれた。

 

 

 

 

 

 

どこまでも見えそうなほど透き通った海。

 

 

 

 

 

サメが見れなくとも、

このコンディションの中、泳いでいるだけで良い。

 

 

 

 

 

 

そう感じてしまうほど、この日の海は最高でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただでさえ、海が最高なのに、

狙ってたハンマーまで出ちゃって。

 

 

 

 

 

 

それはもうテンション上がりまくり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっちこっちから、タンクを叩く音が鳴り響く。

 

 

「どっちだ!?どっち???」

 

 

一斉に首を振り回して、辺りを確認する。

 

 

 

 

 

 

すると、誰かが指を差しながら、僕の名前を呼ぶ。

 

「タマチャンっ!!!」

 

レギュレータを咥えているので、

ハッキリとは聞こえないが、何となく分かる。

 

 

 

 

 

 

 

その声を合図に僕も腰に携えた鈴を鳴り響かせる。

 

 

 

 

「よーーい、ドンっ!!!!」

 

 

 

 

 

そう言ったかのような皆んなが指の差した方へと泳ぎ出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時はどこにいるか分からない。

 

ただ、その人が指差した方へと突き進むのみ。

 

 

 

必死になって、泳いでみると、そこには大量のサメ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1本目は見ることが出来たが、2本目では単体のみ。

 

 

 

 

 

 

 

最後は見て終わりたい。

 

そう願いながら、3本目に挑みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流れに乗ったまま、20分が経過。

 

全然出ません。正直焦ります。

 

 

 

 

 

 

正面からは、冷たく濁った潮が。

 

進もうか、進むまいか。悩む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悩んだ挙句、来た道を引き返すことに。」

 

「えっ!なんで戻るの!??」

 

きっとそう思ったでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕も戻ったは良いもの、非常に悩んでました。

 

 

 

 

 

 

でも、今回ボクの勘当たりましたよね??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この群れを見つけたのは、僕ではない。

 

 

初神子元、初ハンマーのダイブマスター講習中のKさん。

 

 

相当嬉しかったでしょうね。

 

 

 

 

 

驚きのあまりに、手でタンクを叩いてたらしいですからね。

 

 

 

 

 

その瞬間面白かったでしょうね。見たかったなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、今のところ2戦2勝。

 

今年は全勝でいけたら、最高ですね。

 

 

 

 

 

マサさん、マサシさんお願いしますね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

寄せてませんから。

9月29日(火) 神子元 透明度:8~10m 水温:24℃

 

 

神子元島灯台
久々の上陸!

 

おかしい。

 

 

何かがおかしい・・・。

 

 

連日、ツアーに行くたびに、
ようやく長いこと続いた『冷たい』『濁っている』海を脱して、
そのポイントの今季最高の透明度を記録している。

 

 

それなのに・・・なぜ?

 

 

強風予報に出港するかヒヤヒヤしながら朝5時半に車を走らせ、
伊豆半島の突端まで来て、出港を喜ぶ私たちに知らされたのは、

 

 

好ましくない透明度と情報。

 

 

これだけ伊豆全域青いのに、そんなわけないでしょー?

 

なんだか自分が、少しずつマサさんに寄せてきている気がする。
でも、そんな思いを振り払い、というか振り払うため、泳ぐ。

 

 

泳ぐ。

 

 

泳ぐ。

 

 

なにせ私の後ろをついてくるのは、
神子元の流れをものともしない猛者。

 

 

ドリフトダイビング@神子元
猛者、楽しそう。笑

 

 

だからたまに残圧を聞く以外は、泳ぐ。

 

 

現実を振り返りたくないからではなく、泳ぐ。

 

 

すれ違った特大アオウミガメに気づかなかったわけではなく、泳ぐ。

 

 

でも、最後に二人の方を振り向いた。

 

 

 

ごめんなさい・・・。

 

 

 

同じ海のどこかには、
3桁を超える群れがいたそうです。

 

マサさん、握手なんて絶対しませんからね。

 

 

みか

 

 

神子元じゃなければ。

7月29日(水) 神子元 透明度:15~20m 水温:21℃

 

 

明けない梅雨。
でも、ちょうどいい涼しい曇り空。
気の早い蝉が、鳴き始めました。

 

 

あおいうみ。

 

 

タカベが降りそそぎ。

 

 

カンパチが遊んでくれる。

 

 

ここが神子元で。
今日が、ハンマーヘッドシャークを狙いに来たということを除けば・・・

 

 

いい海でした・・・。

 

 

 

 

マサさんとの距離が、少し縮まった気がします・・・。

 

 

みか

実は、いるんです。

7月11~12日(土・日) 神子元 透明度:5~10m 水温:21℃

 

 

なんだかんだ言っても、
私は、この海が好きなんだなと思います。

 

 

ハンマーヘッド@神子元ダイビング
ちょっと濁ってますが・・・

 

潮の流れが複雑で、伊豆で一番難しいと言われる神子元。

 

 

実は、簡単なコース取りもあります。
実は、ほとんど泳がないこともあります。
実は、伊豆半島の最南端の海中には・・・

 

 

3桁のハンマーヘッドシャークの群れがいます。

 

 

ハンマーヘッド@神子元ダイビング
シルエットとツーショット。

 

マサさん、本当に、ごめんなさい(笑)

 

 

この日、楽してハンマーヘッドシャークの群れを見た方へ。
今後のマサさんの風当たりは、きっと冷たいですよ・・・

 

 

みか

【地獄と天国】

 

 

 

2019.11.16(土) 神子元 透視度10~15m 水温23℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すべては僕のせい。

 

 

 

 

 

入ってすぐ東に行く予定が、

 

勘違いして西に行ってしまった。

 

この一つの間違いで、僕たちは大変な目にあったのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

て、手が引き剥がされそう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらゆる方から押し寄せる流れ。

 

上へ下へ、横へ。

 

今まで神子元に来た中でも、圧倒的。

 

少し離れようものなら、

 

すーっと真横にスライド。エゲつない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必死で泳ぐタカベ達

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕たちが激流に苦しんでる中、

 

真横を泳いでいたタカベ達も、流れにつかまり、

 

あらゆる方向に飛び散っている。

 

普段水中を泳いでいる魚たちが、

 

自由に泳ぐことが出来ないのだから、

 

僕たちが出来るはずがない。

 

それだけの激流。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猛烈な流れにより、カナイさんのGOPROはへし折られ、

 

ガミさんの目の前に飛んでいったり、

 

ダウンカレントにより5mから急に25mまで、

 

引きずり降ろされたり、

 

自然の驚異を思い知った、そんな1本となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

快適!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

強烈な疲労感、そして恐怖感に襲われていた休憩中、

 

1本目みたいなときは、こうしようと綿密に打ち合わせをする。

 

『今日はハンマーどころではないかもしれない。』

 

そんな声も出たりして・・・。

 

 

 

気持ちを整理して向かった2本目。

 

やってやりました。

 

僕の選択は、大成功。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入ってすぐ、発見することができた30、40匹ほどの群れ。

 

それが三回も遭遇することが。

 

調子に乗って、欲を出した僕は、東へ東へと泳いでいく。

 

 

 

 

 

・・・・・・。

 

あれ?

 

何もいないぞ。

 

 

 

 

 

どこまで泳いでも、

 

いるのはたまーにタカベの群のみ。

 

1本目とは打って変わって、平和な海。

 

『まあ、最初に見れたから良しとしよう。』

 

っと僕は思い、安全停止へ向かう。

 

 

 

 

 

すると、足元に何か影っ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前上から眺めることができたハンマーリバー。

 

全く逃げないその姿を、優雅に眺め、水面へと向かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝利の美酒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2本目は、ほかのチームはハンマーが見れず。

 

見たのは、僕たち7人のみ。

 

これが僕とマサさんとの違い。

 

『今のところ、僕はハンマー100%の男。』

 

盛大に自慢してやりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にしても、疲れたなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝利したものの、代償はなかなかなもの。

 

初めて足に乳酸が溜まりました。

 

まー、ハンマー見れたから、いっか。

 

地獄と天国のダイビング、良い勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや