何かと忙しい都会生活!
それでもダイビングを通じて海を身近に生活してるスタッフ達の不定期日記。

店長:マサシ

マサシ:
筋肉の貯金はできる

スタッフ:ミカ

ミカ:
トイレ近い

スタッフ:マイ

マイ:
一番エライちび

スタッフ:スズカ

スズカ:
すぐ寝る。

スタッフ:ユキヤ

ユキヤ:
祖父農家 米安定供給

スタッフ:マサ

マサ:
脳が硬式野球

「ドリフトダイビング」カテゴリーアーカイブ

こんな日がいつまでも続けば

9/4 田子  透明度:15m~♪ 水温:27℃♪

 

 

 

 

昨日の田子は最高だったよ。

 

 

 

今日は台風のうねりが入ってきてはいるものの、

 

間違いなく良い海と確信が、やっぱり田子へ(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

青い海継続中♪

 

 

透明度15mオーバー♪

 

 

水温は上から下まで27℃♪

 

 

 

 

それにしても田子島大当たりっ

 

 

 

 

 

 

すごかったイワシの群れが玉になった!?

 

 

 

 

からの

 

 

 

 

 

 

カンパチのアタック!!

 

 

 

 

 

そしてワラサも回ってる♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はドリフトしながら優雅に泳ぐビゼンクラゲに癒される♪

 

 

 

 

 

何分潜っていても身体は冷えてこないし、

 

 

どこまでも見える青い潮

 

 

やっときたよ伊豆の絶好調、

 

 

 

いつまでもこんな海だったらいいのになぁ、、

 

 

 

なんて思うけど、

 

 

 

台風はまた来るし、

 

 

 

 

田子島はもうすぐ閉まっちゃうし・・

 

 

 

 

 

 

 

本日呑むメンバー、

 

 

いつものお蕎麦はメインじゃなく、

 

 

 

締めの蕎麦になっておりました(笑)。

ウェットいらないかも

 

 

 

2022.8.9 神子元 透視度8‐20m 水温21₋27℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

潜降した瞬間、この透視度、この青さ。

 

 

入った瞬間のあの高揚感はたまらない。

 

 

 

 

 

 

潮の流れもあまりなく、気にせず流していいとOKが出た。

 

 

 

 

 

 

ともなれば、僕らどこまも泳ぎ続けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

方角は180℃。

 

コンパスを片手にどこまでも、どこまでも。

 

 

 

 

途中で単体のハンマーが出ても、気にせず進む。

 

 

 

 

 

狙うは大群のみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水深10mまで、とっても綺麗で暖かい。

 

それより深い所は、冷たく透視度が非常に悪い。

 

 

なので、僕らは浅い所だけを泳ぎ続けた。

 

 

 

 

 

ただね、ちょっと暑すぎるのよ。

 

僕はあえて水深を下げ、冷たく濁ってるエリアに移動。

 

 

 

 

 

『きもちいい~。。。』

 

 

 

 

 

この冷たいゾーンは僕にとって天国。

 

ただ皆にとっては地獄のようで。

 

後ろを振り返ると誰もいない・・・。

 

みーんな、上。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすこーし水温低くても良いかもな・・・。

 

いやボクがウェット着なければ良いのかも・・・。

 

 

 

 

僕にとってつらい時期が続きそうです。

 

 

 

 

まあ、ハンマー見れたからいっか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たま

当たり前と思わないように

 

 

 

2022.7.29 神子元 透視度15‐20m 水温22‐25℃

 

 

 

 

 

 

 

 

前夜に神子元入り。

 

 

 

 

前日に入るのは良いもので、

 

朝はゆっくり起きても大丈夫だし、

 

前日は夜まで飲めるし、

 

なんと言っても前夜神子元まで走らせる車中がワクワクする。

 

 

 

 

 

いつもとは違う、特別感が何とも言えない。

 

 

 

 

 

そして深夜の伊豆の星空が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして迎えた翌日。

 

 

前夜入りしているおかげで、1便目から乗れちゃって。

 

 

 

 

 

 

 

今回もやってやりましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

潜降した瞬間に足元にハンマーの群れ。

 

 

毎度のことですが、本当に運が良いようで、

 

 

各ダイブで全てで頂きました。

 

 

 

 

 

初めての神子元で、これを見ちゃったヨシエさん。

 

 

 

 

 

・・・毎回こういかない筈だから、

 

ラッキーだったって思っててくださいね。

 

 

 

 

これが当たり前だと思っていると

 

あの『ノムラ』にしばかれますからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて1日4本、神子元で潜ったけど、

 

4本やると、さすがに満足するね。

 

 

 

 

 

おかげでボクも家に帰ったらさすがに疲れてましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また行きましょう。

 

 

 

次行くと、また違う海が待ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、

 

この数が見れて当たり前とは思わないでね。

 

 

 

 

怒られますよ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

たま

 

 

 

 

本日も流されました

6/1  田子  透明度:15m  水温:20℃

 

 

 

 

 

当初、トビエイ狙いで安良里のボートポイントに行く予定だったけど、

 

 

 

 

 

 

どうやら今日からサザエ漁が解禁になるらしい、

 

そのため船長さんが出払っちゃってるんだって、、、

 

 

安良里ボートは断念・・・。

 

 

 

 

 

 

 

代案の田子がとても良かった♪

 

 

 

 

 

っていうか、代案の方が良かったかも説、あるかも。

 

 

 

 

 

本日のメンバー、、聞くところによると、

 

 

 

 

なんです?

 

 

 

フロートの打ち上げ練習がしたいですって?

 

 

 

 

 

おおっ、そんじゃ、いっちょやりますかぁ。

 

 

 

 

 

 

3本潜りたいですって?

 

 

 

ええ!いいですとも! 潜りましょう!潜りましょう!

 

 

休憩は水中でとりましょう(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても外海はいいかんじの流れでしてね、

 

 

 

 

 

今日は中層を泳いで、ちょっと遠くのエリアまで。

 

 

 

 

大物を探していたら、クエとヒゲダイのコラボレーション、

 

 

 

 

 

サクラダイの群れに、キンギョハナダイの群れ、増えてきましたね~、流れのおかげで群れがぐっちゃり固まってそこだけオレンジ色♪

 

 

 

 

最後は流れに乗ってドリフト♪

 

 

 

 

なんて気持ちがいいんでしょうか♪

 

 

 

 

 

 

 

さて、またばくちを打って田子島へ(笑)

 

 

 

 

これがものすごい流れ・・

 

 

 

 

最初から流されちゃうと、ちょっと遠くに行き過ぎちゃう・・・

 

 

 

最初は流れに耐えながら深場へ、、

 

 

 

正直のんびり生物探しって訳にもいかなかったんですが、、

 

 

 

そんな中、

 

 

 

 

トモミちゃんが「サフランイロウミウシ」を発見♪

 

 

 

 

今回の田子島も勝ち!でしょ?(笑)

 

 

 

 

やっぱり最後は凄~く流されて、

 

 

 

 

しっかりとフロート打ち上げ!

 

 

 

 

ほぼ完ぺきな人、、、もう少し要練習、、、の人(笑)。

 

 

 

 

本日も流れの中、実践的なドリフト練習ができましたね♪

 

 

 

 

思い返せば、コチョウアラシ以外は、

 

 

 

ほぼ流れてた1日でしたね、

 

 

 

 

3本お疲れ様でした♪

 

 

 

まさし

冒険にでるために

9/20  田子  透明度:12m 水温:25.1℃

 

 

 

 

 

「冒険には準備と訓練が必要だ、それがなければただの無謀だ」

 

 

 

 

 

誰の言葉か知りませんが、、そんな言葉を聞いたことがあります、

 

 

 

 

そうです、今日は田子の海で訓練の日です(笑)

 

 

 

 

 

流れのある海を楽しむためのドリフトダイビング、

 

 

 

 

 

通常のボートダイビングは、ブイやアンカーに繋がったロープ沿いに潜降したり、浮上したりします、、

 

 

 

 

 

 

ですが、大海原のポイントの中では、そんな潜降ロープなんてないところも、、

 

 

 

 

ロープなしで潜降、

 

 

 

 

そして、時として激しい潮流が発生することも、

 

 

 

 

 

浮力をキープして流れに乗って、

 

 

 

 

 

流れゆく景色を楽しんで、たくさんの魚とすれ違って、、

 

 

 

 

時として大物の群れに出合えるかもしれない、、、

 

 

 

 

そんな冒険と共に、夢と希望に満ち溢れたダイビングスタイル(笑)。

 

 

 

ただし、、、楽しいだけじゃだめ、、

 

 

 

 

流された先では船に拾ってもらう為に、ダイバーの存在を知らせる必要がある、

 

 

 

 

 

水中から「シグナルフロート」という筒状の浮き具に空気を入れてを水面に打ち上げる、

 

 

 

水面に立つ1mほどのフロートを見つけた船はそのダイバーを迎えに来るのだ。

 

 

 

これが上手く打ちあがらないと、船はダイバーの姿を見つけられずに、、ダイバーは漂流してしまう・・・

 

 

 

 

確実にフロートを打ち上げる事ができないといけない、、

 

 

 

 

はい、ドリフトスペシャルティ講習始めます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユッカちゃん素晴らしい!

 

 

 

完璧な中性浮力と深度キープ、からのフロート打ち上げ、そして、ロープを編み上げて短く収納!

 

 

 

そして2人目のコミさんは、、、

 

 

 

フロートをあーだこーだやってるうちにどんどん沈んでく・・・(笑)。

 

 

 

ハッキリ言って1回目は失敗・・・

 

 

 

 

2回目は・・・決めてくれました。

 

 

 

 

2人とも無事合格とします!

 

 

 

これからたくさん冒険に出かけましょう、

 

 

 

 

そしてまだ見ぬ宝物を狙いましょう!

 

 

 

 

その頃、この日一緒のマサさんチームは、

 

 

 

 

 

じっくりマクロ狙い、、

 

 

 

ウミウシに南方種にエビ、カニ・・・

 

 

 

 

 

これはこれで楽しそう・・・

 

 

 

 

まさし