何かと忙しい都会生活!
それでもダイビングを通じて海を身近に生活してるスタッフ達の不定期日記。

マサシ:筋肉の貯金はできる

マサシ:
筋肉の貯金はできる

ミカ:トイレ近い

ミカ:
トイレ近い

マイ:一番エライちび

マイ:
一番エライちび

スナオ:黒い。無知。

スナオ:
黒い。無知。

ユキヤ:祖父農家 米安定供給

ユキヤ:
祖父農家 米安定供給

マサ:脳が硬式野球

マサ:
脳が硬式野球

「シュモクザメ」カテゴリーアーカイブ

違う笑顔

 

 

 

2021.7.20 神子元 透視度10ー20m 水温24℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

船の後方に並ぶ。

 

 

 

 

少し緊張しながら、

飛び込むのを今か今かと待つ。

 

 

 

 

しっかりと手すりを握り、

船に振り落とされないように。

 

 

 

 

「どうぞーー!!」

 

 

 

 

 

船長の開始の合図とともに、次々とエントリーを開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「絶対見てやる」という気持ちと、

 

「見れなかったら、どうしよう」

という気持ちが入り混じりながら、突き進んでいく。

 

 

 

 

 

途中でカメとすれ違っても、誰も見向きもしない。

 

 

 

 

 

他のポイントなら、みんなこぞって寄ってくるカメも、

 

ここ神子元では、普通の魚と扱いは変わらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな姿を見ちゃうと、ヤツを探しまくっちゃう。

 

 

 

 

 

辺りを可能な限り、探し続ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕たちの1本目は、撃沈しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1本目に外すと、不思議なもんで、焦りが出てくる。

 

 

 

 

 

船の上では、他のお店の人たちに聞きに行き、情報収集。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やつらには、毎度どきどきさせられるもんで・・・、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も無事、成功です。

 

 

 

 

 

 

浮上後、みんなの笑顔は、1本目とは全然違う。

 

1本目は苦笑いで、2本目、3本目は腹の底から笑えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンマーって、笑顔にさせてくれますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも、お付き合いありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

タンク手で叩くほど

 

 

 

2021.6.29 神子元 透視度30m 水温22〜24℃

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神子元島。

 

 

 

2週間前に、先陣を切ったミカさんは『大当たり』。

 

その日、神子元から帰還してきた人たちの笑顔たるや・・・。

 

 

 

 

 

 

『僕も負けてられない。』

そう思いながら、挑みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

透視度30m。

 

幸運なことに、ここ数週間黒潮が残っていてくれた。

 

 

 

 

 

 

どこまでも見えそうなほど透き通った海。

 

 

 

 

 

サメが見れなくとも、

このコンディションの中、泳いでいるだけで良い。

 

 

 

 

 

 

そう感じてしまうほど、この日の海は最高でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただでさえ、海が最高なのに、

狙ってたハンマーまで出ちゃって。

 

 

 

 

 

 

それはもうテンション上がりまくり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっちこっちから、タンクを叩く音が鳴り響く。

 

 

「どっちだ!?どっち???」

 

 

一斉に首を振り回して、辺りを確認する。

 

 

 

 

 

 

すると、誰かが指を差しながら、僕の名前を呼ぶ。

 

「タマチャンっ!!!」

 

レギュレータを咥えているので、

ハッキリとは聞こえないが、何となく分かる。

 

 

 

 

 

 

 

その声を合図に僕も腰に携えた鈴を鳴り響かせる。

 

 

 

 

「よーーい、ドンっ!!!!」

 

 

 

 

 

そう言ったかのような皆んなが指の差した方へと泳ぎ出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時はどこにいるか分からない。

 

ただ、その人が指差した方へと突き進むのみ。

 

 

 

必死になって、泳いでみると、そこには大量のサメ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1本目は見ることが出来たが、2本目では単体のみ。

 

 

 

 

 

 

 

最後は見て終わりたい。

 

そう願いながら、3本目に挑みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流れに乗ったまま、20分が経過。

 

全然出ません。正直焦ります。

 

 

 

 

 

 

正面からは、冷たく濁った潮が。

 

進もうか、進むまいか。悩む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悩んだ挙句、来た道を引き返すことに。」

 

「えっ!なんで戻るの!??」

 

きっとそう思ったでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕も戻ったは良いもの、非常に悩んでました。

 

 

 

 

 

 

でも、今回ボクの勘当たりましたよね??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この群れを見つけたのは、僕ではない。

 

 

初神子元、初ハンマーのダイブマスター講習中のKさん。

 

 

相当嬉しかったでしょうね。

 

 

 

 

 

驚きのあまりに、手でタンクを叩いてたらしいですからね。

 

 

 

 

 

その瞬間面白かったでしょうね。見たかったなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、今のところ2戦2勝。

 

今年は全勝でいけたら、最高ですね。

 

 

 

 

 

マサさん、マサシさんお願いしますね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや