何かと忙しい都会生活!
それでもダイビングを通じて海を身近に生活してるスタッフ達の不定期日記。

店長:マサシ

マサシ:
筋肉の貯金はできる

スタッフ:ミカ

ミカ:
トイレ近い

スタッフ:マイ

マイ:
一番エライちび

スタッフ:スズカ

スズカ:
すぐ寝る。

スタッフ:ユキヤ

ユキヤ:
祖父農家 米安定供給

スタッフ:マサ

マサ:
脳が硬式野球

「コブダイ」カテゴリーアーカイブ

棚ぼた日本海。

2022年9月17~19日 佐渡島 透明度:30m 水温:28℃

 

 

ざっぱーーーん。
東邦の映画さながらの荒海をイメージしていました。

 

 

北小浦@佐渡島ダイビングツアー
あれ?穏やか。。。

 

台風が日本列島縦断。なんて騒ぐ中、
穏やかな港で、船を待つ。

 

 

待つ・・・

 

 

待ちくたびれ・・・

 

 

初日本海に膝下だけでもつかり始める。
そんな皆様(笑)

 

 

 

でも待っただけに、
日本海への感動は大きかった・・・!

 

 

魚影@佐渡島ダイビングツアー

 

 

マサさん負傷のため(闇討ちしてません)、
急遽代打で参加した日本海・佐渡島。
お店初の日本海ツアーです。

 

 

棚ぼたすんません。
マサさんごめんなさい。
口で言うは易し、笑顔は消しづらい・・・笑

 

 

ボートダイビング@佐渡島ダイビングツアー

 

 

そりゃあこの笑顔にもなりますよね。

 

トキワさんも穏やかな笑みを浮かべて・・・
隣のスズカの般若顔がヤバい(笑)

 

 

ボート北小浦@佐渡島ダイビングツアー

 

 

新幹線や船の乗り継ぎ手配に、初めての海、
全てに緊張したまま、でも楽しい。
と、こういう笑顔になるのです(笑)

 

 

そう、長旅。

 

 

新幹線にバス、ジェット船を乗り継ぎました。
長旅の果の海は、もはや何でも楽しい。笑

 

 

伊豆よりあおーい。あったかーい。

 

 

カンパチ群れ@佐渡島ダイビングツアー

 

魚影@佐渡島ダイビングツアー

 

 

見たことない生き物いーっぱい。

 

 

ヒメタツ@佐渡島ダイビングツアー

 

リュウグウハゼ@佐渡島ダイビングツアー

 

マハタモドキ@佐渡島ダイビングツアー

 

アカオビコテグリ@佐渡島ダイビングツアー

 

アカオビコテグリ@佐渡島ダイビングツアー

 

ジョーフィッシュ@佐渡島ダイビングツアー

 

アミメハギ幼魚@佐渡島ダイビングツアー

 

キヌバリ@佐渡島ダイビングツアー

 

スイ@佐渡島ダイビングツアー

 

ミナミハコフグ幼魚@佐渡島ダイビングツアー

 

 

超、流れてるーーーっ

 

 

激流@佐渡島ダイビングツアー

 

 

 

そんな初めてだらけの日本海。
に、なぜか昔から憧れていたシバ氏。

 

 

50本記念withコブダイ、おめでたい。

 

コブダイと記念ダイブ@佐渡島ダイビングツアー

 

 

そして801本&200本記念
with東京より郵送されてきた2匹のコブダイ!

 

記念ダイブ@佐渡島ダイビングツアー
マサシさん、ありがとうございます!

 

さらにさらにユウカさん、バースデーダイブ!!

 

バースデーダイブ@佐渡島ダイビングツアー
HAPPY BIRTHDAY!with幸福地蔵さま。

 

わずか3日間でめでたいことだらけでしたね。
この旅がみんなの思い出になりますように。

 

 

 

海もいいけど陸もいい。

 

 

 

腹八分目、十分、2割増し・・・
毎晩豪華なみなみ旅館さんのお夕飯に舌鼓。
米所の新潟では外せない日本酒も。

 

 

金鶴@佐渡島ダイビングツアー

 

みなみ旅館@佐渡島ダイビングツアー

 

 

酔えば酔うほどに、話は弾む。
何に一体こんなに笑ったのやら。

 

みなみ旅館@佐渡島ダイビングツアー

 

 

え?!せっちゃん、ノンアルですか?

 

日本酒@佐渡島ダイビングツアー

 

 

すっかりせっちゃんに騙されましたが、
毎晩美味しいご飯に美味しい地元のお酒、
これぞ日本海の醍醐味、でしたね。

 

 

毎晩集ったロビーも最高でした。
趣ある古材のテーブル囲んで、
昭和20年?の蓄音機から流れるレコードに耳を傾け。

 

 

みなみ旅館@佐渡島ダイビングツアー
素敵な空間BGMもありがとうございます。

 

 

タイトな海の合間に散策もしました。
朝食前にトキも探しました。

 

 

吉永小百合さんモデルの宿根木散歩。

 

 

宿根木@佐渡島ダイビングツアー
モデル:小僧
宿根木@佐渡島ダイビングツアー
モデル:1000本娘トリオ

インスタ映えスポット、海沿いバス停。

背合@佐渡島ダイビングツアー
モデル:哀愁のシオツキさん

 

トキ、とき、朱鷺・・・いたーーー!!

 

 

 

 

もうこれだけでけっこう満足です(笑)
佐渡島来たかいがありました!

 

 

 

そんな濃厚2泊3日も、あっという間。。。

 

 

 

あとは東京行き新幹線に乗るだけ。
寂しいけれども最後まで日本酒飲んで楽しみましょ。

 

 

ぽん酒館@新潟佐渡島ダイビングツアー

 

 

すべての肩の荷が降りたスズカ、
ようやく笑顔が(笑)

 

 

台風には振り回されましたけど。
台風前の稲刈りに船長さん駆り出され、船不足。
新潟帰る予定のフェリーは欠航、怒涛の脱出。

 

 

なにがあっても、東京つけばいっか。
そんな強者そろいの今回のツアー。
無事最後まで潜れたのは皆さんのスピーディーさゆえ。

 

 

みなさま、フレキシブルなご対応、
ありがとうございましたっ

 

 

みか

 

 

クモミハコワイウミ?

3月23日(火) 雲見 透明度:10~12m 水温:15℃

 

 

誕生日に行けなかった雲見にリベンジ。
やっと来れたと喜んでいたのです。

 

 

が。

 

 

甘かった・・・

 

 

 

飛び出た額にギョロ眼。
でも、懐っこくて可愛いコブダイ。

 

コブダイ危険@雲見ダイビングツアー

 

 

雲見の洞窟の入口で出会ったコブダイも、
通り抜けて振り替えると、
おや、ついてきてたのね♪

 

 

可愛いコブダイ。
手を伸ばすと興味津々。

 

 

 

・・・・・

 

 

 

ガブっ

 

 

 

可愛いコブダイ。
でも雲見の子には気を付けましょう。
じゃれつくその口は、結構痛いよ・・・。

 

 

エントリーでマスクが吹っ飛び、
コブダイには襲われ。

 

 

クモミハコワイウミ。

 

 

ナオコさんの心に深く刻まれたことでしょう。
と、思ったら、ひょうひょうとしているナオコさん。

 

 

 

そうですね、平日貸し切りの洞窟は楽しい。
差し込む光は美しい。

 

 

水中洞窟@雲見ダイビングツアー

 

サンビーム@雲見洞窟ダイビングツアー

 

三競@雲見ダイビングツアー

 

水中洞窟@雲見ダイビングツアー

 

 

またよろしければ、雲見行きましょう。
さくらのアジのまご茶漬けは裏切らないから。

 

 

アジまご茶漬け@食事処松崎さくら

 

 

え?ナオコさん、焼き魚定食なの?!笑

 

 

みか

 

 

冬といったら。

1月15日(土) IOP 透明度:12~15m 水温:15℃

 

 

冬になると、よくこの子にお会いする気がします。

 

 

コブダイ@IOPダイビングツアー
たぶんずっと同じ子。

 

IOPの主、コブダイさん。

 

 

半年ぶりくらいにIOPに潜りました。
あれだけ主張していた透明度は・・・あら?
でも、生物情報は・・・え、いないの??

 

 

なんだか不安しかないスタート。
だったのですが・・・

 

 

マサシさんがやたらこっちを見てくる。
なになに?
え、クロアナゴ??

 

 

呼ぶほどでも~・・・って、

 

 

でかっ!!!

 

 

クロアナゴ@IOPダイビングツアー
直径18cm・全長1.5mくらい。

 

なんて出会いから始まり。

 

 

ちびカエル、貫禄カエル。

 

 

イロカエルアンコウ幼魚@IOPダイビングツアー

 

クマドリカエルアンコウ@IOPダイビングツアー

 

 

冬が旬なウミウシ。

 

 

ツルガチゴミノウミウシ@IOPダイビングツアー

 

 

綺麗なハナダイたちも、今年は当たり年。

 

 

ナガハナダイ幼魚@IOPダイビングツアー

 

 

大きなカメラを構えてアサミさんが粘ってる。
え、フチドリハナダイ?!

 

 

フチドリハナダイ幼魚@IOPダイビングツアー
アサミさん、すごーーーい!!

 

綺麗な生物たちが続々登場。
不安も吹っ飛び真冬だってのに、ローングダイブ(汗)
遊びすぎてゴメンナサイ。

 

 

でも懲りずに2本目も粘ります。
アサミさんに負けちゃいられません。
12月~1月のIOPと言えば・・・

 

 

やったー!みっけたーーー!!

 

 

ベニシボリ@IOPダイビングツアー
こっち、見てますよ。

 

狙って探して見つけて。

 

 

胸張って紹介したのに。

 

 

写真数枚撮ったら皆さん、あっさり。
マサシさんが一番喜んでくれました・・・。

 

 

つぶらな瞳が可愛いベニシボリさん、
ハナダイやちびカエルに、負けてないからね。
ただ・・・

 

 

 

冬と言ったら。

 

 

IOP、コブダイ、ベニシボリ。
楽しみ過ぎて、予期せぬローングダイブ。
でもって、ふりかえってみんなの寒い顔に気づく自分。

 

 

みか

 

 

私、嘘はついてないですよ。。。

11月20日 IOP 透明度 15m 水温 20℃

 

 

 

おやおや?

電話で聴いていた話と違うぞ?

 

 

来る前に聞いたIOPの海況は「穏やかですよー。」と。

でもIOPの場合には詳しく聞かないと!と細々聞く私。

 

お!それなら大丈夫ですね!

 

 

みんなにも、穏やからしいですよー。という私。

もちろんそれを信じるみんな。

 

 

IOPについて、海を見るとおやおや?時折良い波が・・・。

 

現地の人も電話の時は穏やかだったんですけどねー・・・

 

 

 

私、嘘ついてないですよ!!騙してないですよ!(笑)

 

 

どうやら電話した時より風向きが変わって、

より強く吹き、時折良いサイズの波が。

 

エントリーとエキジットだけ頑張りましょう!

 

でも、入ってしまえば大丈夫!

 

キリンミノキッズ クロクマ

 

ホシエイ カミソリウオ

 

ムラタさんに追われるイワシ ぽけー

 

 

 

1本目上がる頃には、波がピークに!

大きな波が来て、女子二人を支える私。

 

その横でピクリともしないムラタさん。

流石ですっ。

 

2本目行く頃には風も止み、穏やかなIOPに。

良かったー。

 

 

久し振りにIOPの主(ぬし)、大きなコブダイに出会う!

実に2年ぶりくらいの再会!

 

主は私が勝手にそう呼んでいます。

IOPの主のように大きいので。

 

近いよー はい、口開けてくださーい

 

大きいでしょー。 振り向く二人

 

 

 

でもね、行きの道中で、

IOPに大きなコブダイいたよねー。まだいるの?と聞かれ、

「最近全く見てないですねー。もういなくなったんですかねー?」

 

なんて話したばっかりだったんですよ。

 

上がってからムラタさんは、「いるじゃん!」と。

 

 

全く、そんな話をした時だけ出てこなくても・・・。

まるで私が嘘ついたみたいな感じになるではないですか。

 

しかも、クリーニングまでされて、超のんびりモード・・・

 

 

 

 

でも久し振りにあえて嬉しかったよ。

来てくれてありがとうね。

 

 

今度からはちゃんと主はいるって言うからね!

 

その時はまた来てね!

じゃないとまた嘘ついたみたいになっちゃうので!

 

 

よろしくお願いします!!

 

すなお

春が来た??

 

3月15日(木) IOP(伊豆海洋公園) 透明度:6~15m 水温:14℃

 

穏やかな海で小さい生き物を探すか、
ちょっと波はあるけど透明度のいい海で泳ぐか。

 

ノドカに聞いたら答えはわかりきっていたんですけどね。

 

ディープスペシャリティ講習で、ノドカと2人IOPの水深35mの世界へ。

 

シラコダイの群れ@IOPダイビングツアー PADIディープダイビング講習@スペシャリティ

 

下に向かえば向かうほど青くなる海。
見たことないほど大量のシラコダイの群れ。
そして更なる深みへ誘い込むようなIOP独特の白い砂の斜面。

 

ゆるりゆるりとフィンキックして、深い方へ吸い込まれていくノドカ。
なんだかシラコダイやオオモンハタの群れに混ざってそのまま溶けてしまいそう。。。
青い海とちょっと妖しい深場に魅了されて帰ってきた1本目。

 

 

2本目もと期待を胸にエントリーすると・・・
なにがどうしてこうなったの??ってくらい緑色の海。
に、ぬぼーーーっと現れた強面代表コブダイさん。

 

平日ツアー@IOPダイビング
『春ですねぇ。』

認めたくないけど・・・春濁り?
手元集中のダイビングに切り替えて生き物にカメラを向けるみんな。
今月3回目、TG-5を着々と使いこなしてきてるアキさんの写真お借りしますっ

 

オオモンカエルアンコウ@IOPダイビングツアー アカイソハゼ@IOPダイビングツアー

 

そんなみんなを見失わないように後方確認集中に切り替える私。
の、目を盗んで急浮上を試みたヒロサワさん、やるなぁ。
そしてすかさず救助にむかったダイブマスター・アツシとアキヤマさん、やるなぁ。

 

でも、引き留めるどころか・・・いや、ここは言わないでおきます。笑

 

 

平日ツアー@IOPダイビングスポット
みんないるー?

このあと、アキさんは今月のブログに何回登場するのでしょうか・・・

 

みか