何かと忙しい都会生活!
それでもダイビングを通じて海を身近に生活してるスタッフ達の不定期日記。

マサシ:筋肉の貯金はできる

マサシ:
筋肉の貯金はできる

ミカ:トイレ近い

ミカ:
トイレ近い

マイ:一番エライちび

マイ:
一番エライちび

スナオ:黒い。無知。

スナオ:
黒い。無知。

ユキヤ:祖父農家 米安定供給

ユキヤ:
祖父農家 米安定供給

マサ:脳が硬式野球

マサ:
脳が硬式野球

沈船熱海さん

 

2021/8/14・熱海    透明度10m  水温26℃

 

 

 

 

 

 

ぐちゃぐちゃぐちゃー。

 

魚を搔き分けないと

出口が見つからない。

 

 

 

何とか出口を見つけて、

その付近で待ち伏せする。

 

 

 

暗い船内で、息を殺して

待ち伏せしていると、

 

 

 

何も気づかずノコノコと

ミカがやってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

群れに囲まれる。

 

景色を楽しむ。

 

潜む・・・。

 

 

 

 

 

沈船の楽しみ方はたくさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

船が沈んでる少し先に、

小さな砂地があって、

そこにはピンクの綺麗な

スナイソギンチャクがある。

 

 

 

 

そのスナイソギンチャクに住む、

6匹の

ハクセンアカホシカクレエビ兄弟。

 

 

 

ケンホーリーとカメラ貸しあっこして

 

かわりばんこに綺麗なエビ撮りあっこ。

 

 

 

 

 

 

 

水中写真練習中のケンホーリー、

カメラ楽しくってしょうがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのケンホーリーが残してくれた、

ミラクルショット。

 

 

 

 

 

 

 

 

沈船から500mくらい離れた

「ソーダイ根」で撮った

コガネスズメダイの若魚と稚魚達。

 

 

 

なんてかわいいんでしょうっ!!!!

 

驚いた。

 

魚たちの警戒心とかなきゃ

こんなの撮れないハズで。

 

凄いよケンホーリー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沈船の青

 

エビの赤

 

コガネスズメの黄

 

 

 

 

 

 

 

ぼくら日帰り熱海ツアーは

男ばっかりだけど、

 

 

 

 

 

 

 

思い出は、

色とりどりカラフルな思い出。

 

 

 

 

 

 

 

まさ

夏休みの思い出。

8月14~15日(土・日) 熱海 透明度:10~15m 水温:24℃

 

 

東伊豆には、素敵な宿があります。

 

 

とても気のいいマスターとお弟子さん。
広くて青々とした芝生のお庭。
片隅にぽつりと建つ可愛らしいツリーハウス。

 

 

そこに住む妖精2人・・・・・?

 

 

伊豆高原宿泊@お宿らんたん
思い出のお庭。

 

 

 

天気図とか海況とか、頭上の空模様とか。
いろいろなものとにらめっこして、
決行したツアーでした。

 

 

急かしてしまったり、直前判断になったり、
これ以上ないほどの協力により、
開催できたツアーでした。

 

 

何事も面白がりながら
ついてきてくれたみなさん。
本当に、ありがとうございました。

 

 

 

熱海の海にも、感謝。

 

 

なぎ、透明度、魚影。
前日までの予想を優に上回る、
ベストコンディション!!

 

 

  • キンギョハナダイ@熱海ダイビングツアー

 

キビナゴ群れ@熱海ダイビングツアー シラコダイ@熱海ダイビングツアー

 

ネンブツダイ群れ@熱海沈船ダイビング

 

サクラダイ@熱海ダイビングツアー

 

サクラダイ雄@熱海ダイビングツアー サクラダイ雌@熱海ダイビングツアー

 

アオサハギ幼魚@熱海ダイビングツアー

 

イソギンポ@熱海ダイビングツアー

 

 

 

熱海で一緒だった日帰りツアーチーム。
サクサク潜って雨の前に撤収していきます。
マサさんが、激しく泊まりたいオーラを出しながら・・・。

 

 

 

そう、お泊りならではの楽しみがあるのです。

 

 

3本分の疲れも溜まって早めの就寝。には、ならず。

 

 

暑苦しい話、女子トーク、背筋も凍るこわ~い話・・・?
話題は途切れることなく、
寝るのが惜しいと思った記憶だけが残っています(笑)

 

 

 

が、しかし。

 

 

2日目、白波の立つ海を横目に、
帰途を急ぐ心中は複雑です。
すぐそこに海はあるのに、帰らなきゃ・・・。

 

 

でも。

 

 

早すぎる帰店を出迎えてくれた『お母ん』みたいなマイさん。
昨晩食べられなかった(忘れた)スイカを自由が丘で頬張るみんな。
手を汚したくない方・・・笑

 

 

イレギュラーなこの2日間は、
ある意味夏休みの思い出に深く残りました。

 

 

ご一緒した皆さま、
ありがとうございました。

 

 

みか

 

 

ジャストナウ

 

2021/8/30・店番

 

 

 

 

 

 

 

かたくらさーんっ!

 

ほんとに花咲きましたっ!

 

 

 

 

ブログ見てくれてるかなー。

 

 

 

 

 

移転のお祝いで頂いた観葉植物。

 

うちに通ってくれてる、

花屋さんの店長さんが、

 

「この木、黄色の花咲くんですよ」

ってある日教えてくれた。

 

 

 

 

 

なんてエキゾチックな花でしょう。

 

 

 

 

 

まさ

 

衝撃の一言。

8月13日(金) 透明度:8~12m 水温:28℃

 

 

 

何度日程表を見ても、本日のリクエストは、

 

『ベストマクロ』です。

 

 

 

何度日程表を見ても、リクエスト者を除く本日の面子は、

 

小さな生き物大好き!・・・ではなさそう。

 

 

 

朝一、念のため確認を。

 

『今日はベストマクロツアーですよね?』

 

緊張の一瞬、のち・・・

 

 

 

『マクロって、なんですか?』

 

 

 

参りました・・・笑

 

 

 

そもそも久々だから、
海に入れればどんなリクエストでもいいというお言葉。
しかしせっかくならマクロも・・・ね?

 

 

 

 

ん?

 

つい、ワイドに振ってしまう自分の弱さ・・・。

 

 

しかも、かぶせる様に、
『昨日ジンベイザメが出たんですよ!』
という、現地サービスの声。

 

 

そりゃあ、上見ちゃいます。

 

下を見ても、ソラスズメダイの群れ。

 

 

先端ダイビング@大瀬崎平日ツアー

 

 

そりゃあ、マクロ忘れちゃいます?

 

 

 

 

いやしかし、よく見れば足元にはベストなマクロ達。

 

 

ミジンベニハゼ@大瀬崎ダイビングツアー
いいお家。

 

チョウチョウコショウダイ幼魚@大瀬崎ダイビングツアー
絶妙な成長期。

 

アカスジカクレエビ@大瀬崎ダイビングツアー
ぶれない美しさ。

 

ハチマキダテハゼ@大瀬崎ダイビングツアー
てやんでぃ。

 

ハタタテハゼ@写真練習ダイビングツアー
きっ。

 

私のライトの照らす先の小さな生物を、
GoProで撮ったり凝視したり、みんなで結構じっくり。

 

 

ダイビングでいうところの『マクロ』とは。

 

 

こんな感じです(笑)

 

 

意外とベストマクロツアーで、合ってましたね?
リクエスト&素敵なお写真、ありがとうございました!

 

 

アカオビハナダイ@大瀬崎ダイビングツアー
左にマクロ、右にワイド。

 

それにしても、この広い海のどこかで昨日ジンベイザメが。
会いたいものです。。。

 

 

みか

 

 

夢への大きな一歩。

8月12-13日 大瀬崎・井田 透明度8m 水温27度

 

 

 

哺乳類が好き。いつかジンベイザメやイルカと泳ぎたい!

 

 

そんな大きな希望を胸に夏休みを使ってライセンスを取りに来た

 

10歳のSちゃん。

 

 

やりたい、知りたい!があふれ出る子どものキラキラした目に

こっちまで楽しく嬉しくなっちゃう。

 

 

学科の時から目をキラキラさせて、

「あっ!そうか!先生わかった!」と嬉しそう。

 

「先生はこの魚見たことありますか?」

 

「いいなー。今度行く時いるかなー?」

とワクワク。

 

 

海でもシュノーケルは大好きっ!

魚がいっぱい!

 

 

けども、初めてのダイビングはちょっと怖い。

 

 

魚を見ている間はいいんだけど・・・

深くなってくるとちょっと怖くなっちゃう。

 

 

 

 

 

 

深いとこにもかわいい魚いっぱいいるんだよ!

 

 

ここまでは頑張ろう!と目標にして会いに行ったクマノミ。

記念に自分で写真撮影。

 

 

ちゃーんと撮れている!

センスがあるかも?(笑)

 

 

 

夜はアドバンスチームの、

あまりお手本にならない大人たち・・・?と花火。

 

夏の思い出になったかな?

 

 

初日、頑張っていた潜っていた同じ大瀬崎の海で、

ジンベイザメが出たんだって。

なんという偶然。

 

もしかしたら、頑張っているすぐ横を通っていたかもね。

 

 

ジンベイザメに会いたい!その夢が叶う日は意外と近いかも!?

 

 

 

すなお