何かと忙しい都会生活!
それでもダイビングを通じて海を身近に生活してるスタッフ達の不定期日記。

マサシ:筋肉の貯金はできる

マサシ:
筋肉の貯金はできる

ミカ:トイレ近い

ミカ:
トイレ近い

マイ:一番エライちび

マイ:
一番エライちび

スナオ:黒い。無知。

スナオ:
黒い。無知。

ユキヤ:祖父農家 米安定供給

ユキヤ:
祖父農家 米安定供給

マサ:脳が硬式野球

マサ:
脳が硬式野球

群れがすごいけども

6月27日 熱海 透明度8-12m 水温 22度

 

 

関東に近づく予報だった台風も進路を大分はずれ、

海はべったり穏やかに。

 

 

 

今日のリクエストは熱海!

 

 

この日の沈船は、群れがすごかったっ!

 

船内にも所狭しとグッチャリ。

 

 

 

 

船内を出れば、キビナゴたちが沢山。

 

 

アジやらマダイやらに追いかけられて、右に左に逃げまくる。

その中に突っ込む人間たち。キビナゴの周りは皆敵だらけ。

 

目の前で逃げまどうキビナゴ達、迫力満点でした。

驚かしてごめんね。

 

 

 

そして、キビナゴをたくさん食べたのか、

沈船内にはおおきなクエも!

 

 

 

80センチはありそうな、クエ。

私でも知ってます。クエが高級魚だということを!

 

調べると、キロ単位、15000円くらいで取引されるらしいです。

あの大きさなら、50000円くらいだったかも。

天然ものですし。

 

なんだか惜しいことをした気分・・・。(笑)

 

 

沈船初めてチームはアドベンチャーでよかったなーと。

 

ベテランチームは群れはすごいけど、

もう少し小さいもの(マクロ生物)も見たいなーと。

 

 

2本目は、ちょっと小さいものも狙ってソーダイ根へ。

 

 

でもね、透明度は悪くなってるし・・・

小さいものは全く見つけられず、

大玉砕しました。

 

 

皆様ごめんなさい。

 

 

まだ、沈船の方がいたかもですね。。。

2本とも沈船行くべきだったかな・・・ー?

 

 

すなお

 

 

 

 

 

あついです 

6月19日 浮島 透明度:15m 水温:23-25℃!

 

 

今日行くところは、浮島!

 

 

行ったことある方は少ないのではないでしょうか?

 

 

読み方は、”うきしま”ではなく、”ふとう”と読みます。

 

場所はおなじみ田子のちょっと先。

 

 

浮島に着く前、田子の前を通ると、

シーランドの山本さんから投げキッスのお見送り付き。

 

車内は大歓声。山本さんからの愛が熱いです!

 

 

浮島はウミウシも多く、

水路や抜け穴など地形も面白いポイント。

 

 

ビーチポイントもボートポイントもあるので、

1ボート1ビーチなんてのもできちゃう。

 

 

早速水中に入ると、黒潮ががっつり入ってきているようで、

水温25度!

 

 

暑っ!

超寒がりな私でも、水中でフード脱ぎました。

 

水温は暖かいけど、うねりや流れなどがあって、ウミウシたちは活発に出で来てなく、みんな奥へ奥へと入って行く。

なのでちょっと数は少なめ。

 

 

サメジマさん フジイロウミウシ

 

だけども、セトイロウミウシの幼体まで見つけちゃって、

じっくり探せば、まだまだかわいい子が

たくさん出てきそうなにおいがプンプン!

 

 

セトイロウミウシ

 

 

今度はベストコンディションの時にリベンジしたいなー♪

 

その時もまた山本さん投げキッスしてくれるかは、運次第です!(笑)

 

 

 

すなお

ときにはのんびり。

6月12-13日 田子 透明度 12m 水温 20℃前後

 

 

べったりと穏やかな田子の海。

 

 

海とは思えない程、波もなく平穏そのもの。

 

ボートも滑るように走ります!

 

こんな穏やかな海で2日間のんびり過ごせるなんて!

 

 

水中で溜まった窒素を陸上でたっぷり抜いて。

窒素がなくなってきたら、また溜めて・・・

 

 

1日に何本も潜るのも良いですけど、

のんびり休憩して深場を攻めるのも良いです。

 

 

といいつつ、1日3本潜ってるんですけどね。(笑)

 

 

そろそろ終盤を迎えつつあるウミウシシーズン。

 

 

 

数も少なくなってきたかなーと思っていたけど・・・

 

 

まだいるー♪

 

 

人数も少ないので、各々のんびり撮影。

お写真お借りしますっ!

 

まだいたのね! クロスジリュウグウ

 

ファンキーカラー

 

久し振りにみた! サガミイロウミウシ

 

うわー!ハナイロだー!

 

 

私が見てないウミウシ多数。。。

 

ハナイロウミウシズルいです。

 

見たかったなー。教えてほしかったなー。

 

 

サガミリュウグウ センヒメのペア

 

ボブさんウミウシ

 

 

田子島ではボブさんウミウシGET!

だけども、その他にはこれと言って見つからず・・・

 

 

今年の田子島はどうなのてしょうか?

今後に期待ですっ!

 

 

 

上がってきてから、講習チームと一緒に休憩。

 

 

流れてますよー。 方角はあっているかな?

 

 

ツアーチームが、

ウミウシがいっぱいだの、魚の群れがすごいだの話していると、

 

 

講習チームは、

 

「えっ?ウミウシが群れてるんですか?」

 

「ウミウシ見たいー!」と。(笑)

 

 

 

ウミウシが群れては・・・ないけど、たくさんいたから、

 

今度は見に行きましょうねー!

 

 

沖の浮島

 

 

 

すなお

 

緊張の連続と思いきや。

6月6日 大瀬崎 透明度8m 水温20℃

 

 

 

久しぶりに潜る時って緊張しますね。

 

 

 

私も去年、営業を休止後

2か月ぶりに潜る時は、やっぱり緊張しました。

 

 

この日も、

 

ライセンスを取ってからちょっとブランクが空いてしまい、

緊張。

 

 

前回耳抜きが全くできなかったと

緊張。

 

 

初めて着るドライスーツに、

緊張。

 

 

ところがね、水中に入ると、・・・・

 

 

全く余裕。

 

大きなピースを見せている。

 

耳抜きも感覚が分からないと言っていたのに、

今回はコツを掴み、難なく成功!

 

 

余裕のピース

 

 

 

大瀬湾内では珍しい、サカタザメまで見れちゃって、

これはラッキーです。

 

 

サカタザメ

 

 

入る前はあんなに緊張していたのに・・・

 

その緊張はどこへ?

 

 

すなお

 

 

 

 

 

夏模様

6月5日 田子 透明度12m 水温19℃

 

ほんとうはアオリイカを狙いに行くはずだったけど、

ちょっと時期を外してしまったみたい・・・。

 

という事で、頭の片隅にはアオリイカを狙いつつ,

皆で相談して田子へ!

 

天気も良く田子は夏の気配。

 

 

沖の浮島根の群れも少しずつ大きくなり、

透明度も好調!

 

まるで夏終わりの頃の様な水中。

 

キンギョハナダイ達 イサキの群れ

 

 

深場にはまだウミウシたちも健在。

 

 

セトリュウグウ クロスジ 

 

 

休憩時間は桜の木の木陰で休憩。

 

 

これがとても心地よい。

ついついのんびり。。。ウトウト。。。

 

 

陸上の暑さといい、水中の景色と言い、

なんだか、梅雨を飛ばしてまるで、夏到来!?

 

 

 

すなお