何かと忙しい都会生活!
それでもダイビングを通じて海を身近に生活してるスタッフ達の不定期日記。

マサシ:筋肉の貯金はできる

マサシ:
筋肉の貯金はできる

ミカ:トイレ近い

ミカ:
トイレ近い

マイ:一番エライちび

マイ:
一番エライちび

スナオ:黒い。無知。

スナオ:
黒い。無知。

ユキヤ:祖父農家 米安定供給

ユキヤ:
祖父農家 米安定供給

マサ:脳が硬式野球

マサ:
脳が硬式野球

拝啓。 

6月26日(土) 伊東 透明度:8~12m 水温:21度

 

 

初MYウエットスーツにわくわく。
しかし、6月末はまだ寒いのでは・・・?

 

そんな不安の声が後ろから聞こえてきた。

 

 

『玉ちゃんにウエット推されたんですかー?笑』

 

にこにこ振り返る。

 

 

『え?!・・・ミカさんが大丈夫って言ったんじゃないですか!』

 

ん!?強張った顔で前を向く。

 

 

 

・・・。
あっ、そういえば・・・。

 

 

 

遡ること1週間ほど前。言いましたね、私(汗)
ドライスーツにしたいというお電話を受けて、
『ドライ?!ウエットで行けますよ~!』って。

 

 

しかし黒潮大接近中の現在。
天気は快晴、気温は夏日予報。

 

 

『大丈夫!ウエットで正解ですよ~』

 

(大丈夫。きっと・・・私はドライなんですけど。汗)

 

 

 

汗ばむ夏日の陸。飛び込めば快適水温。
そして、目の前を覆うキンギョハナダイ、イワシ、イサイの群れ。
MYウエットの喜びも相まってか、楽しそう(笑)

 

 

マイ器材デビュー@伊東ダイビングツアー
大丈夫・・・そうですね?

 

ほっ・・・。

 

 

スミレナガハナダイ@伊東ダイビングツアー

 

ミノタテガミカエルウオ@伊東ダイビングツアー

 

ナガハナダイ幼魚@伊東ダイビングツアー

 

ネコザメ@伊東ビーチ初心者ツアー
初心者ツアーチームも・・・羨ましい・・・!

 

 

ウエットスーツで大丈夫だったでしょ!
ドライで汗だくになりながら聞くと、

 

 

『ウエットでちょうどよかったです!

原稿用紙3枚分の感謝の言葉を述べます!』

 

 

3枚(笑)

 

拝啓~・・・から始まる壮大な感謝のお言葉、
首を長ーくしてお待ちしております。

 

 

 

でも。

 

そろそろ衣替えを検討中の皆様。
スーツ確認の際、電話対応のスタッフが私とタマちゃんの場合は、
お気をつけください・・・

 

 

 

みか

【質問:スキルアップ編】ドリフトダイビングって?

2021/07/06 お店より

 

 

7月に突入して、陸が蒸し暑い今日この頃。
ドライスーツからウエットスーツに衣替えする方も増えてきました。

 

 

そんなウエットスーツシーズンになると、
よく耳にするダイビングポイント・・・神子元や田子島!
そして、よく耳にする言葉・・・ドリフト!!

 

 

ということで。

 

 

【スペシャルティってなんなの?】テーマのブログをここ最近、いくつか書きまして。
今日は、夏本番、ちょいちょい登場するドリフトスペシャリティをご紹介。

 

 

 

スペシャリティ第三弾。

 

 

【ドリフト・ダイバー・スペシャルティ・コース】

 

 

ドリフト=流される

 

 

流されるというと、漂流トラブルのようですが、
ドリフト・ダイビングとは流れにのって潜り、
エントリーポイントに戻ってこないダイビングスタイルのことです。

 

 

よく流れがないとドリフトダイビングはできないと思われがちですが、
エントリーポイントに戻ってくるスタイル(アンカリング)でなければ、
ドリフトダイビングと言ってよいでしょう。

 

 

流れが速い場合は、逆らうことなく流れにのります。
流れがない場合でも、泳いで好きなところで浮上します。
どちらにせよ、アンカリングスタイルよりも広範囲を潜ることができます。

 

 

フロート@ドリフトスペシャルティ
フロート上げればどこでも上がれますっ。

 

 

そこで考えられるのが、
水底がないポイントや潮流が速い中でのダイビング。
ドリフト・ダイビング特有のスキルが必要になります。

 

 

どんな講習をするの?

 

 

ドリフトダイビングは、アンカリングスタイルと比べて、
どんな違いがあるのでしょうか?
どんな知識とスキルが必要なのでしょう?

 

 

たとえば・・・

 

  • シグナルフロートの使い方
  • 動き続けているボートからのエントリーとエグジットの方法
  • 流れが早い中で楽に泳ぐコツ

 

 

 

ちなみに伊豆の海で開催する、
ドリフト・ダイビングポイントと言えば・・・

 

 

伊豆最高峰の難易度を誇る、神子元!

 

 

神子元島@ダイビングツアー

 

伊豆半島の南端から9km沖合、大型のダイビングボートで片道20分。
大海原に浮かぶ無人島には、灯台がぽつんと立つだけ。

 

 

そんな神子元島の周囲は、潮流が速いことで有名です。
潮あたりがいいということは、魚影が濃い。
何よりもメインは・・・

 

 

ハンマーヘッドシャーク@神子元ダイビングツアー

 

 

この光景、東京から日帰りで行ける海の中です。
水深30mから上を見上げると、3桁のサメの群れ。

 

 

経験本数50本以上必須、
吐いた泡が真横に流れることもある潮流の中でも潜れるスキルが必要です。
しかし、その水中は、上級者にしか見ることのできない世界が。

 

 

フロート@神子元ダイビングツアー ハンマーヘッド@神子元ダイビングツアー

 

 

伊豆半島の南端にある神子元は他よりも水温が早く上昇します。
6月から特にハンマーの出現率がグーンと上がります。
私やタマちゃんがやたら推し始めます(笑)

 

夏の訪れとウエットスーツへの衣替えを告げてくれるハンマー。
今年の打率は何割かな?笑
とりあえず、1勝!!

 

2021/06/19 神子元ダイビングツアー

 

 

過去の神子元ツアーの様子も気になる方は、ブログを覗いてみてくださいー。

 

 

2019/09/06-07 神子元ダイビングツアー
2019/07/03 神子元ダイビングツアーの動画

 

 

他にも気になるスペシャルティがある方、
スペシャリティ以外のご質問でも、下記に↓↓お問い合わせください~

 

 

ダイビング質問箱(お問い合わせ)

 

 

過去の質問 >>>

 

 

みか

 

 

兄弟の時間

 

 

 

2021.6.24-25  井田 透視度8〜12m 水温23.2℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒に住んでいた時は、喧嘩をし続ける毎日。

 

 

些細な事が、胸に引っかかり、ついつい怒ってしまう。

 

 

 

 

 

 

それが日常だったのに、

いざ離れて暮らすようになり、

たまに会ったりすると、自然と喧嘩をしなくなる。

 

 

 

 

 

昔の自分たちでは考えられない。

 

 

 

 

兄弟ってそういうもんですね。

 

 

 

 

かくいう僕もそう。

 

 

 

 

 

学生時代は、あんなに口を聞かなかったのに。

 

 

今では、僕の一番の理解者に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

喧嘩は少なくなったとはいえ、

昔からのライバルなのは変わらない。

 

 

 

兄が自由に泳いでいたら、

弟は負けじと泳ぎたくなるし、

 

 

 

 

 

兄がお酒を飲んでいたら、自分自身も飲みたくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何をするにも、必ずお互いを意識する。

 

そのせいか、たまにちょこっとプチ喧嘩。

 

 

 

 

そして、すぐ仲直り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな光景を2日間、隣で見ていた僕たちは、

 

なんとも穏やかな時間を過ごさせてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜の時間も海沿いで、

ハンモックに揺られ、酒を交わす。

 

 

揺られ過ぎて、少し気持ち悪くなったり。

 

 

楽しすぎて、ついつい飲むスピードも早くなりましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

中々ない、兄弟の貴重な時間。

 

また、2人が揃うのを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

くもっていた2人

6/21   田子  透明度:15m  水温:22℃

 

 

 

 

 

海の中は魅力的な景色や生物がたくさん、

 

 

 

 

なのに、、その、せっかくの綺麗な水中がよく見えないのは勿体ないと思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

この日は田子の海、

 

 

 

 

陸からちょっと離れた外海は「沖の浮島根」へ

 

 

 

 

 

根のトップにはキンギョハナダイの群れ、

 

 

 

 

 

ちょっと深場にはサクラダイの群れ、

 

 

 

 

 

そして少し離れた場所にはソフトコーラルが凄い、

 

 

 

 

 

水も青くて、本当にいい海だった、

 

 

 

 

 

海から上がった後はそんな気持ちをみんなで共有できたら嬉しさも倍増です、

 

 

 

が、

 

 

 

「いやぁ、、、マスクがくもってしまって、なんだかよく見えなかったんですよねぇ・・・」

 

 

 

 

「実は僕もなんですぅ・・・」

 

 

 

 

とお2人が・・・。

 

 

 

 

あの景色をしっかり見れていなかったのは残念・・・。

 

 

 

 

それなら!と

 

 

 

2本目に向けてマスクのくもり対策です。

 

 

 

マスクのくもりの原因は大体が

 

 

 

マスクの「内側の汚れや油膜」

 

ファンデーション、日焼け止め、サンオイル、など顔の油分が付着する事がおおいですかね。

 

 

 

 

そして温度差や湿度で起こる「結露」、

 

 

おでこにしてあったマスクをつけたり、水中で鼻から息を吐いたり、、温かい湿度の高いマスク内の湿気が水中で冷やされることで起こります。

 

 

 

まずはマスクの内側の油分を歯磨き粉や中性洗剤を使ってしっかり洗い落としましょう、

 

 

 

そしてくもり止めをマスクの内側に塗りましょう(できればマスクが乾いている状態がいいですね)

 

 

 

そして真水で軽く流しましょう。

(マスクの温度も下がります)

 

 

 

これで準備はOKです。

 

 

 

 

そして、水中でもしマスクがくもってしまったら、

 

 

 

直し方は、

 

 

 

水中でマスク内に少し水を入れて、マスクの内側を流してからマスククリアです。

 

(油分が原因の場合何度やっても曇ってしまいます)

 

 

 

水中でマスク内に水入れるなんて・・絶対いやだぁ・・・・ってひと多いですよね(笑)

 

 

 

 

 

そういう人は、

 

 

 

くもらない為の下準備をしっかりしましょう、

 

 

 

 

それか、もう一度マスククリア練習しませんか(笑)。

 

 

 

 

 

そして迎えた2本目は、

 

 

 

クリアな水中景色を楽しんでいただけた様で嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

まさし

にぎにぎ。

6月20日(日) 城ヶ島ビーチ 透明度:2~5m 水温:21度

 

 

山に登ると。

 

綺麗な色の花が咲いていたり、
素敵な鳴き声の鳥に出会ったりします。

 

 

海に潜ると。

 

・・・へんないきものが沢山います。

 

 

まるで、ぬいぐるみ。

 

カエルアンコウ@城ヶ島ダイビングツアー
ハンプティ・ダンプティ?

 

と、お話できそう。

 

カエルアンコウ@城ヶ島ダイビングツアー
あ、ども。

 

 

ほぼ、一頭身。ほぼ、顔。

 

季節外れのダンゴウオ@城ヶ島ダイビングツアー
文句ありますか?

 

まぁ、ある程度潜っているダイバーにとっては見慣れた魚たちでしょうか?
カエルアンコウも、ダンゴウオも。

 

 

 

ん?じゃあ・・・これは??

 

 

 

あまり潜らない城ヶ島ビーチの奥まで探検していたら、
ロープだまりを発見。いや、これは・・・海藻?

 

 

太さも、丈夫さも、ついつい握っちゃう感じも(笑)
まるで、ロープ。

 

ナガミル@日本の海藻
端っこ持ってふり返ると、みんなも握ってました(笑)

 

長さ5mのミル(海草の一種)。『ナガミル』という名前だそうです。

 

 

海の中は、まだ見ぬ不思議がいっぱい。

 

 

たっぷりじっくり練習、お疲れ様でした。

 

 

みか