タグ別アーカイブ: ダイビングショップ

夏が溢れた

 

 

2019/8/4・伊東     透明度5-10m  水温25℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごらんくださいっ。

 

こちらが本日わたくしがご用意させていただいた、

横殴りのタカベスコールでございます。

 

 

 

 

 

 

横殴りのタカベ

 

 

 

 

 

 

「ベストワイド群れ」そんなリクエスト頂いて、

ワイドな地形と、魚が多く群れるポイントを考える。

 

 

 

 

 

ここ最近、伊豆中の話題をさらう初島のイルカにも心を

奪われ、まずは初島に電話かけてみる。が・・・、

 

 

 

 

もの凄い数のダイバーが入るらしい・・・

透明度が良くないらしい・・・

 

 

 

 

もしイルカに会えなかったら・・・と思うと、やはり今日は

「伊東」にしようとみんなで決めた。

 

 

 

 

 

 

そして大正解。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例年、伊東のこの季節は魚が海から溢れ出す。

 

 

 

 

潮通しがよくて、深い所と浅い所のコントラストが

はっきりとした起伏に富んだ海底、

潜降を開始した直後から、魚たちに囲まれて、

浮上するその直前まで、溢れる魚たちに視界を遮られる。

 

 

 

 

今日の「ベストワイド群」はここで間違いないっ。

 

 

 

 

筈。

 

 

 

 

 

ハマグリの酒蒸し

 

 

 

 

花季のマスターに頼んで作っておいてもらった、

「ハマグリの酒蒸し」

アフターダイブも手抜き無しのこれがベストポイント。

 

 

 

の筈。

 

 

 

 

 

 

 

 

旬のハマグリは味が濃かった。

 

身も厚かった。

 

乾杯の冷えたビールと旬の酒蒸しが、僕らから会話を奪った。

 

皿に余った2つのハマグリをじゃんけんで奪い合った。

 

 

 

 

チナミとユミいいな・・・1人で4つも・・・俺たち3つ・・・。

 

 

 

 

太陽1人占め

 

 

 

 

 

 

夏の容赦ない日差しに日焼けも順調。

 

 

 

魚溢れて、笑顔こぼれる。

 

 

 

出汁溢れて、頬が落ちる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車溢れる道路を回避して、ハイエースは帰路に着く。

 

 

 

 

 

まさ

いいこと1つで晴れる海

 

2019/7/28・熱海     透明度8-10m  水温20-23℃

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

雨かいっ。ザーザーかいっ。

 

 

 

 

猛暑日の昨日に、なんとなく嘘をつかれたような気持ちになる。

 

 

 

 

 

 

 

永い永い今年の長雨で、

太陽と入道雲と、青い空に映えるヒマワリの、

あの風景を、僕は心待ちにしていたんだとおもう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キヨカワ夫妻がお店に来て、

少し塞いだ僕の気持ちを晴らしてくれたのは、

その数十分あとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

息子のアツシに(ダイブマスターのダイバーでもある)

車で送ってもらったというその手には、一冊の本が。

 

 

 

何だろう・・・と思った矢先に、

「はい、マサさんに」とその本は、僕へのプレゼントだという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”自分で治す、過活動膀胱”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「本屋で偶然見つけたの。これは買うしかないって思って」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございます。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

本日は晴天なり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

利尿作用の激しいコーヒーを、ドライブスルーで購入し、

晴天の車内で、強気な僕は雨雲に突入す。

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

そのおかげでしょうか・・・。

 

 

 

 

気持ちどころか天気も劇的に回復して、

本日の選りすぐりの熱海の海は明るい。

 

 

 

 

何人かは、熱海の沈船を未だ見たことがないと言い、

熱海は潜ってみたいポイントでしたと、テンション上がる。

 

 

 

 

 

気温もぐんぐん上がる。

 

空の高さもぐんぐん上がる。

 

 

 

 

 

 

 

蓋を開けてみれば、なんて素晴らしい夏の日。

 

 

昨日の猛暑は、嘘つきじゃなかった・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

が、しかし、

 

水が冷たい。

 

 

 

 

 

-30mはわずかに20℃・・・。

 

レンタルのウェットで潜った、アッコちゃんとヨウコちゃんは、

後半、白目向いて熱海の海底を楽しんでました。 ・・・。

 

 

 

 

陸に上がって甲羅干しのカメみたいに身体あっためてね・・・。

 

 

 

 

 

 

暑い日で良かったっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

台風6号の影響がささやかれていたこの日、

一吉丸さんには災難でしたが、35名のキャンセルが出たらしく、

そのおかげで僕らは漁夫の利。

 

 

 

 

 

 

ちゃっかり、

川奈で潜ってたミカ達も駆け込んできて、

35人の穴を、ぼくら12人はとても幸せな気持ちで

埋めさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

災いも、良いことひとつで晴れるもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、たのしくもはかない、

あっつい夏がはじまります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさ

いい写真撮るために

 

 

2019/3/12・田子     透明度:4-8m   水温16℃

 

 

 

 

ヤドカリ:不明  ハナミドリガイ

 

 

 

 

「写真に集中ツアー。」

 

平日ならではのゆる~い企画をせっちゃんと

画策して、僕自身もホームページに使えそう

な良い写真を撮る気概に満ち溢れている。

 

 

 

 

写真集中ツアーの明確な定義はないものの、

この日の”それ”に向けての作戦は、

 

 

 

①エンリッチドエアー使用。

 

これにより残留窒素を抑え、長く水中に滞在でき、

水中での頭もさえる。

 

 

②2本のダイビングの合間にランチ。

 

これにより1本目でたまった窒素が抜けて、2本

目の許容ダイビング時間が伸びる。

 

 

 

③生き物を探すエリアで自由行動。

 

皆が見える範囲であれば、各々撮りたいものに

集中しちゃってよろし。

 

 

 

 

 

せっちゃんと、ナガイアキと、

田子の海底を集まったり散ったり、

空気、残留窒素、膀胱・・・的な限界をすべて

使い果たしたあの日・・・。

 

 

 

 

 

 

僕のベストはこの、

 

「ヤドカリに乗ってるハナミドリガイ」

 

田子の”白崎”水深18mに、手のひらほどの砂だ

まりがあってそこに2.5㎝程のピンクの貝殻を

発見。

そしてそれはヤドカリであることが判明し、

そこに1㎝のハナミドリガイが乗っていた。

 

 

 

ハナミドリガイがヤドカリの触覚に触れるたび、

お互いにビクーンっ と、慌てている。

 

 

 

 

 

 

ノウメアワリアンス

 

 

 

これから繁殖行動に入ろうとするノウメアワリアンス。

 

 

低気圧が去って、静けさを取り戻しつつある海の中で

動きが活発になってきたのだろうか。

 

 

 

 

 

 

アラリウミウシ

 

 

 

その、ノウメアワリアンスと近似種のアラリウミウシ。

お尻のフサフサを囲むように白い模様が伸びるのが特徴。

 

 

小さい体で触角を目いっぱいに伸ばし、波に揺られ

次のえさ場まで。

 

 

 

 

 

 

 

オキナワベニハゼ

 

 

 

ピンク色のサンゴの隙間から、仰向けに張り付いて

いるのはオキナワベニハゼ。

 

 

ここまで黄色みがかった個体は珍しく、グリーンの

瞳が際立って見える。(赤褐色の個体が多い)

 

 

田子の弁天島の水深17mのこのピンクのサンゴが

群生してるところが一か所だけあるのだが、

そこにはいつも何かしらのきれいな生き物がつい

ていることが多い。

 

必ず立ち寄るスポットだ。

 

 

 

 

 

 

 

ウデフリツノザヤウミウシ

 

 

 

最後はナガイアキが、見たいと言っていたピカチュウ。

正式にはウデフリツノザヤウミウシ。

 

 

 

これもきれいなコケムシを食べていたので、きれいな

背景になると思い、一所懸命写真を撮った。

 

これを撮った時の姿勢はカメラを逆さまにするために

体も逆さまにして、それはそれは悲惨なポーズだった。

 

言い訳に聞こえるかもしれないが、

相当粘った割にこの出来・・・ピカチュウのいた場所が

厳しかった・・・。

 

 

 

 

 

そして、この写真を撮っていたら、

せっちゃんと、ナガイアキに置いて行かれ、

顔を上げるとそこに2人の姿はなかった・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二弾の写真集中ツアーが待ち遠し。

 

 

この日狙うも見ることができなかったコンシボリ

を撮りたい。

せっちゃんと再起を図る。

 

 

 

 

 

 

花の名前は不明・・・

 

 

 

ランチ前の散歩。

松崎のお花畑にて。

 

 

 

 

 

まさ

秋は、 稲刈り 食欲 芸術 栗

 

 

 

 

2018年9月のダイジェスト

 

 

 

伊豆に現れたメガネゴンベ byみなさん

 

 

 

 

つい一週間くらい前に、

新緑色に染まった田んぼを見て春の到来を喜んでいた感覚だ。

 

それが今や夏を飛び越えて、

たわわに実った稲穂が田んぼを黄金色に染めて、あちらこちらで稲刈りが始まっている・・・。

 

 

 

 

「なるほどそうか・・・もうそんな季節か。どうりで最近食欲を抑えることが難しい・・・」

 

 

 

 

写真はミナさんが撮ってくれたメガネゴンべ。

 

色とりどりの南方の魚たちが、

海水温の一番上昇するこの季節に、多く流れ着く。

 

主に沖縄などテーブルサンゴや枝サンゴがひしめく浅瀬に生息する、

目の周りの模様がトレードマークの熱帯魚。

 

 

 

 

伊豆を代表するソフトコーラルやキサンゴに身を寄せてるところを発見した。

この子の周りにはホシゴンベやイシガキスズメダイなどの南方種が多数共存していた。

 

 

 

 

芸術の秋にふさわしく、この季節だけの楽しみを自慢の愛機で切り撮っていく。

 

 

伊豆にホシゴンべ到来

 

ヒレナガネジリンボウとネジリンボウの共演!!

 

 

 

と、

そんなことを言っておきながら、人というのは恐ろしいもので、

秋の味覚としての魚達も楽しみの一つでありまして・・・。

 

 

ついつい今宵も深酒してしまうのです・・・。

 

 

すぎ屋さんの夜♪

 

僕の帽子被った少年・・・?

 

”だいちゃん”の夜

 

”だいちゃん”の夜2

 

修善寺の地ビールテイスティング

 

ジョッキ片手に・・・

 

西伊豆町のお蕎麦屋さんて その後温泉へ

 

さて私はどこでしょう

 

ハンマーヘッドの思い出で団らん

 

長岡のお寿司屋さんにて 飲んだくれて・・・

 

そして団らん中

 

 

 

 

台風も多かったけど、そのおかげで海水温の異常な上昇も抑えられ、

魚影が日に日に濃くなっていく伊豆半島。

 

 

たくさんの魚に囲まれながら黒潮に身を任せていると、

とうとうアイツが僕の前に姿を現した。

 

 

 

大きいものでは3mを超える。

群れで行動することの多い、伊豆の海の王者ハンマーヘッドシャーク!!

 

 

 

ガイドとしての僕の知名度はむしろ

「大物を外すインストラクター」で、広く知れている。

 

 

 

 

でも今年は違うぞ。

 

 

 

 

と、いうところを見せられた2018年の9月である。

(10月今現在でも4連勝中と勢いそのままであるっ。)

 

 

 

ひゃーっ、い、いたどーっ

 

 

 

 

 

たくさんのアニバーサリーダイビングも、旨い酒の肴になる。

 

まりこさん、

あやかちゃん、

ミスターディレイ、

 

長く続けてくれてありがとうございました。おめでとう。

 

 

始めたばかりのあのころと比べて、

疲れはどうですか?楽しさはどうですか?

 

 

 

より深みへ、

そして、歳をとっても海中で会いましょう。

 

 

 

あやかおめでとうっ

 

まりこさんおめでとうーっ

 

ミスターディレイ、おめでとうっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、くり。

 

道端に落ちていた秋の風物詩を、頭に載せるなどしたのち、

宿のケトルで茹でて食べるなどした。

 

 

 

 

はいっ。い、いだだだだーっ

 

 

 

 

 

 

 

 

これにて、

 

2018年9月のダイジェストおしまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒くなるからね、体調管理気をつけましょ。

 

 

 

 

いつでもおいしいものを食べられるように。

いつでもいいお酒が呑めるように。

いつでも海に出かけられるように。

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁて10月。

 

イワシ雲の流れる秋は、まだつづきます。

 

 

 

 

まさ

田子の海底に泊めてほしい

 

 

 

2018/4/14・田子       透明度4-6m     水温15℃

 

 

 

はい。すばらしい。ボブサンウミウシっ

 

 

 

 

 

 

 

 

田子のマクロを攻めたいというリクエストを頂いて、

前夜から自分のカメラのマクロ仕込みを怠りません。

 

やっと出番が回ってきたかと、そーいう気持ちです。

 

 

 

 

 

高鳴る鼓動を抑えて一本目は外海を攻めることにします。

 

外海のマクロネタは常時移動するので行き当たりばったりなリスクもありますが、

前日までうねりが残っていて今日からは凪。

 

と、くれば、

 

ウミウシたちはきっと空腹を満たすために動き回っているに違いない・・・。

 

と、いうのが僕の立てた仮説。

 

 

 

 

 

現地ガイドのケンちゃんも一緒に海に入るということも追い風。

 

一緒に探せばきっと楽しいダイビングになるに違いない、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・、

 

 

 

アラリウミウシっ byさゆみ

 

ロケーション美人 ニシキウミウシ

 

わおーっ、アデヤカミノウミウシっ

 

 

 

ボブサンウミウシ

アデヤカミノウミウシ

アラリウミウシ

ムカデミノウミウシ

ニシキウミウシ幼体

アオ、シロ、サラサ、コモン、ヒロ、オトメ、ハナオトメetc

 

 

 

 

 

会心の外海。

 

 

 

 

 

本気でカメラを構え、渾身のシャッターを切りまくる自分がそこにいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しびれる一本目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・さらに、

 

 

オセザキリュウグウウミウシ  byさゆみ

 

 

 

2本目は、日本有数のウミウシポイント「白崎」です。

 

 

 

長めの水面休息をとって、水中にいられる時間を一分でも永くひねり出します。

 

 

 

出来得るすべての準備を怠らず、満を持して潜っていくとすぐに、

ウデフリツノザヤウミウシ と サガミリュウグウウミウシ を発見っ。

 

 

 

そのすぐ先ではケンちゃんがただならぬ気配で何かに夢中になっていて・・・

近づいてみると、なんと・・・

オセザキリュウグウウミウシーっ・・・。

 

 

 

そしてさらにそのすぐ横には コミドリリュウグウウミウシの大中小よりどりみどり。

 

 

 

 

 

もうここはウミウシ牧場。

 

 

 

 

 

カメラフルパワー。

 

すっかり牧場の虜になって、カメラ小僧と化した僕がそこにおりました・・・。

 

 

 

サガミリュウグウウミウシ byサユミ

 

 

 

 

田子マクロリクエスト。

 

 

 

 

何度でも何度でも、リクエストください。

 

 

 

 

1泊2日でも、2泊3日でも田子の海底で岩のように動かないダイビングを敢行したいのです。

エンリッチドエア―で。

 

 

 

 

付き合ってくれる人、激しく募集します。

 

 

 

 

美味しそうなお寿司っ。より背景が目立つ・・・(笑)   Photo byつぼっち

 

 

 

 

まさ