カテゴリー別アーカイブ: ツアー

雲泥の差

 

 

 

令和元年5月5日(日) 井田 透視度10~15m 水温17.8℃

 

 

 

 

 

『どうやら、推定5㎜ほどのガラスハゼの幼魚がいるらしい。』

 

ヒロコさんは、この日を迎えるまでにその情報を得ていた。

 

『井田に行くなら、それが見たいなー。』

 

 

 

・・・・・・見ましょう。

 

 

 

見つけたら、マキケンさん、

 

その一眼で良い写真お願いしますね。

 

ヒロコさんも、オリンパスのOMDでお願いします。

 

ユキさんも写真お願いします。

 

チヒロさん、とりあえず写真をください。

 

マナさん、目に焼き付けてください。

 

 

 

 

 

 

AOW後、初のファンダイビングのサカさん。

 

幾千もの海を潜り抜けてきた先輩ダイバーたちの中に入り、

 

緊張のご様子。

 

セッティング、潜降が早い人たちに囲まれながら、いざ海へ。

 

 

 

一目散にガラスハゼがいるポイントへ向かう。

 

どこだどこだと、

 

辺りのムチカラマツ、ムチヤギを一本一本見渡す。

 

幼魚どころか、ガラスハゼの成魚もなかなか見つからない。

 

内心、少し焦り始める。

 

と、思ったその時、ガラスハゼを見つけた。

 

 

 

 

 

 

『え、これ?』

 

ぼくとヒロコさんは顔を見合わせる。

 

どう見てもデカい。3㎝くらいはある。

 

首を傾げながら、写真を撮るヒロコさん。

 

 

 

 

 

 

ガラスハゼへの疑問を脳裏に浮かべながら、

 

エキジット。

 

 

 

『え、あれじゃないですよね。』

 

『絶対違うでしょ、あれは。デカいもん。』

 

 

 

間の休憩中、

 

現地サービスのスタッフにガラスハゼの情報を聞く。

 

『次は大丈夫ですよー。完璧です。』

 

なーんて強気なことを言っているものの、内心かなり不安。

 

 

 

 

 

 

続く2本目、一目散に幼魚の所へ。

 

『さー、探しましょう。』

 

と伝えた次の瞬間、『いた!!』

 

急いで、アピールをして皆を呼ぶ。

 

 

 

なーんて小さいんだ。

 

1本目に見たやつとは雲泥の差です。

 

 

 

 

 

 

写真はまたリベンジしましょ。

 

幼魚の可愛さは、成魚とは比べ物にならない。

 

愛おしすぎる。

 

 

 

 

 

 

ちゃーんと見ることが出来た後のビールは最高だね。

 

あっチヒロさん、写真ちゃんと下さいね。

 

 

 

 

 

ゆきや

春の海は、ワイドです。あ、いや・・・

5月4日(土) 田子 透明度:10~15m 水温:18度

 

 

GWの渋滞をかわして自由が丘からハイエースで2時間半。
みんなで相談しながら決めた今日の海は、西伊豆町・田子。

 

 

その沖合い1kmほどの水中風景が、これ。

 

 

 

 

 

 

イワシのシャワー、マダイのアタック・・・
3桁を超えるカンパチ軍団が現れた時は、ガッツポーズっ!!

 

 

薄暗い水中で急接近してくるカンパチ、
一斉に向きを変え逃げ回るイワシの群れ、
それを見ようと立ったり仰向けになったり忙しそうなツルタさん(笑)

 

何もかもがめまぐるしくってもう大興奮でした~
チューサ殿の〆のトラブルも含め・・・笑

 

もはやカンパチの一員になりながら撮影した迫力動画、
ありがとうございます、タカハシさん。

 

 

 

2本目はホッと一息。

 

 

春らしい海藻揺らめく風景を。

 

 

伊豆の海#シーズナリティ#春#透明度
この景色が好きなんです~

 

イソモクの森、フクロノリの絨毯、大好きな春の景色です。
ワイコン挑戦中のアサミさん、お写真お借りしました。
ありがとうございますっ

 

 

ついつ春は手元の小さなウミウシに夢中になってしまうのですが、
たまには春のこんなワイドな面もいいもの
なんて思いながら海藻の合間をふわふわ。

 

 

 

・・・!!

 

 

こ、これはー・・・っ!!
エンジイロウミウシ発見っ。

 

 

 

エンジイロウミウシ#田子#ダイビングツアー#画像
うわうわうわーーー。

 

思わずマナミのカメラを奪いました、ごめんね。。。
やっぱり、春は小さなウミウシが楽しい季節ですね?笑

 

 

ピカチュー#ウデフリツノザヤウミウシ#田子 ミアミラウミウシ#田子ダイビング

 

アラリウミウシ#田子ダイビングツアー#写真練習 ムラサキウミコチョウ#田子ダイビングツアー

 

ヒメエダミドリイシ#サンゴ群生#田子#北限

 

 

ワイドにマクロに大忙しで、すっかり忘れていたけど。
フロート打ち上げ、100点満点でしたっ。

 

ドリフトスペシャリティ#フロート#PADIランクアップ
ずいぶん楽しそうなアサミさん(笑)

 

これにて今日の海はおしまい。
そしてミチルさんのGW強化週間もおしまい。
一体何本潜ったんでしょう・・・?

 

でも、私は明日も海です。
ご一緒いかがですかー?ミチルさん!笑

 

みか

筋トレ教室、ではない

5/3-4  OW  講習  透明度:5~8m

 

GW中盤、

 

相変わらず渋滞は凄いけど、

 

それでも全体的に分散してるのかな?

 

それと、みなさんに集合時間を早めさせて頂いたおかげでしょうか、

 

渋滞にハマる事もなく本日もスムーズに大瀬崎に到着♪

 

裸体インストラクター

 

今日はお泊りOW講習、

 

GW中だけでプール講習からそんなに間が空かずに海洋実習に臨まれた方も多かったでしたね、

 

みんなはどんな気持ちできましたかね?

 

待ちに待ったお楽しみ、GWのダイビング旅行?

 

はたまた、

 

とうとう来てしまった、ド緊張のダイビング合宿?

 

何はともあれ、ゆっくりやっていきましょうね。

 

ナイスバディ  もう少しタンク横に

 

講習なのにラッキーだね 浮力練習

 

僕チームとユキヤチームに別れて講習。

 

耳抜きが苦手な人、

 

バランスがうまくとれない人、

 

一人水中で射撃の構えを練習する人(笑)、

標的ロックオン?

 

水中じっと動かないと思ったら魚が通る瞬間だけいきなり豹変する人(笑)、

魚を見るとこのポーズ

 

 

さあ行くぞ 疲労ダイバー曳航 ご褒美

 

色々いましたけど、みんな無事に講習クリア、

 

夕飯の時は本当にみんないい顔をしていました(盛り上げ上手なシャチョーのおかげもあって?)(笑)。

 

海にいる時はあんなに大人しかったアキコさんも、

 

「私、男はやっぱり胸筋だと思うんですよー」と、いきなりテンション高めにぶっこんでくる(笑)。

 

ユキヤの胸筋ピクピクに大興奮、

 

胸筋ピクピクをどうやら「胸板ダンス」というらしいです(アキコ談)、

 

アキコさん、その元気、海の時だしましょうーよー、みたいな(笑)。

 

そして筋トレの話にになるとウチのユキヤの熱い話が始まる、

 

そして強制的に始まる筋トレ教室、

 

そして強制参加させられるカンタ(笑)。

 

そして腹筋崩壊(笑)。

 

これに関してはほんとに昔の誰かを見るようでコワイ・・・(笑)。

 

そんな夜の話はおいといて(笑)。

 

 

 

講習チーム

 

みんな、OW取得おめでとうございます!!

2日間お疲れ様でしたー!!

 

始まりはみんないろんな気持ちだったと思うけど、

 

終わりはみんな「楽しかった海洋実習」になったでしょうか?

 

海での練習忘れないように。

 

それと、ユキヤに筋肉の話すると大変な事になる事も覚えておいた方がいいよ(笑)。

 

まさし

悪いのは私。でも・・・。

5月3日(金) 井田 透明度:10~12m 水温:18度

 

少人数だし、カメラ持っている人もいないし。
遊びたいわけではないのですが、ブログ用の写真撮らなきゃ。
マクロレンズを装着したカメラを手に、足取り軽くエントリー。

 

狙っていた子がいるのですが。

 

 

ネンブツダイ群れ#井田ダイビングツアー

 

 

フラッシュを起こし忘れるという初歩的なミス。

 

頑張ってライトで照らしてみました。
ナベシマさんが邪魔な海藻を押さえてくれました。

 

でも、、、とてもじゃないけどお見せできません。

 

ネンブツダイの群れに突っ込むケンちゃんを、撮りました。
ノーフラッシュで撮れるから・・・。

 

 

 

エキジットして、

 

『フラッシュを起こし忘れてて撮れなかったんですよね・・・。』

 

その言葉を聞いたナベシマさんが一言。

 

『え?!あんなに粘ってたのに撮れてないんですか?!』

 

正しい反応です。
悪意もなく素直な感想です。

 

でも、、、胸をグサリとえぐりますねぇ。笑

 

 

2本目、まさか私のために水深26mに、
再びみんなを付き合わせるわけにもいかず。

 

水深7mでキリンミノカサゴのちびすけを撮りました。
(やっぱりみんなを待たせて・・・笑)

 

 

キリンミノ幼魚#井田ダイビングツアー

 

 

 

今日、私の水中カメラが一番活躍したのは、
きっと井田の駐車場。

 

 

少人数#一人参加#井田ダイビングツアー

 

 

綺麗な富士山ですね。
GWの渋滞もなく、井田もうちのハイエースもガラガラ。
いい、1日ですねぇ。

 

ナベシマさんの一言で傷ついた心に、
春の井田の景色が優しかったです。
・・・ねぇ、ナベシマさん。

 

 

みか

模範の姿勢

 

 

 

令和元年5月2日(木) 大瀬崎 透視度8~12m 水温18℃

 

 

 

 

 

写真を撮ることの面白さは、本当に奥が深い。

 

撮れば撮るほど、虜になっていく。

 

どのカメラが良いのか。悩むハラさん。

 

今日は、オリンパスのOMDを試しで使う。

 

 

 

ミジンベニハゼ
ミジンベニハゼ

 

 

 

まるで『俺にも見せてくれー』って言ってるような写真。

 

先にOMDを使っているアケモさんと

 

どのカメラにするか悩んでいるハラさん。

 

2人でカメラを構え、ミジンベニハゼの前で固まる。

 

それぞれがベストショットを狙って。

 

 

 

 

 

 

ビックタンカーの仲間入りしたカワイさん。

 

大瀬崎の外海、湾内をタンクが空になるまで、

 

泳ぎまくる。

 

どうやったら、ビックタンクを使いきるんですか。

 

さすがに吸い過ぎでしょ。

 

もっと上手になれば、エア持ちが良くなるはず。

 

頑張りましょう、楽しみながら。

 

 

 

ゴシキミノウミウシ属の一種

 

 

 

エントリー・エキジットが少し大変な外海で、

 

久々に潜るアヤノちゃん。

 

不安定な足元を1歩1歩、歩む。

 

その前でベテランのアケモさん、

 

バランスを崩しながら、笑い、歩む。

 

ベテランでも大変なんだから、

 

何にも焦る必要はないよ、アヤノちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

お店へ帰る道中、東名高速道路で、

 

助手席に座っていたカワイさんと話をしていると、

 

目の前に事故車が止まっており、警察官が対応中であった。

 

すると、後続車両に危険を知らせるため、

 

発煙筒を置いている一人の警察官が目に入った。

 

高速道路では、

 

後続車両に背部を見せてはいけないというのが基本だ。

 

大抵の場合、半身になり、前方と後方を確認しながら、歩く。

 

 

 

しかし、その警察官は違った。

 

後続車両と正対し、肩幅より少し広めに足を開き、後ろ歩きで、

 

『ズシッ。ズシッ。ズシッ。ズシッ。』と歩いていた。

 

その姿はまるで、関取のツッパリを逆再生しているようだった。

 

 

 

それを見たカワイさんとぼく、

 

『ぶわっはっはっはっはっ。』

 

『あれは、模範ですね。』

 

心に残るひと時。

 

 

 

 

 

 

店に帰り、一部始終を見てない人に、

 

そのことを伝えると、

 

もうひと笑い。

 

警察官、ありがとう。

 

 

 

 

 

ゆきや