カテゴリー別アーカイブ: ライセンス

今日から梅雨です。

6月7日 井田 透明度 12m 水温 19℃

 

梅雨入りが発表された日。

 

みんなのリクエストは

 

かわいい生き物がいるところ、

群れが多いところ、

そして、フロートを打ち上げる練習ができるところ

 

リクエストいっぱいです。

 

なので総合的にみて井田へ!

 

相変わらず井田の群れすごいです!

 

 

クロホシイシモチ ゆみちゃんもつっこむ!

のどかが突っ込む! のどかー帰ってきて―

 

群が好きな、のどかは視界の限界までどこまでも。

もう写真では辛うじて写ってるだけ・・・。(笑)

 

のどかー帰っておいで―。

 

カミグチさんは前回満足のいく写真が撮れなかったからと、

シリウスベニハゼと真剣ににらめっこ。

 

今回は満足いったかな?

見上げるシリウスベニハゼ

 

アカエイともにらめっこ

 

 

クダゴンベ ぼくコケギンポ

 

タコ

 

平日のガラガラの水中を端から端まで泳ぎ、

安全停止中には、カズさんとミナさんのフロート練習。

沈んだり、浮きそうになったりしながらも

なんとか打ち上げ成功!?

 

 

これで次回の神子元も自信つきました?

 

ゆみさん、今回のお二人のフロートは合格でした?

 

朝はシトシトと降っていた雨も、2本潜り終える頃には本降り。

もはや豪雨。

 

サクッっと着替えて、

みんなで車へ飛び乗って、ごはん屋さんへ!

 

今回はまさしさん以外はみんな初めて行く、いけす屋へ。

 

このいけす屋がある、内浦漁港は

日本一の生産出荷量を誇るアジが有名。

 

アジフライもアジ丼も美味しかったー!

 

またご飯屋さん選択肢が増えて困っちゃうなー。

 

がっついている。 外は豪雨!

 

上の写真、アジフライを食べているだけなのに、

なぜこんなに首の筋肉凄いのでしょうか?(笑)

 

ピンぼけしている写真でもばれちゃってますねー。

 

 

すなお

 

 

 

 

 

今日は安良里です!

6月2日 安良里 透明度:10m前後 水温:20℃

 

安良里リクエストのこの日。

 

 

リクエストをくれたまゆさんに安良里の何がリクエストか尋ねると、

 

「行ったことないから。安良里にしただけ―。

だから、安良里じゃなくてもいいんだよねー。

どこがおすすめなのー??」と。

 

私:「えっ?そーなんですか?」

 

 

一瞬安良里じゃなくなる説も流れましたが、

ネジリンボウが見たいということで、無事

安良里に決定!

 

 

ネジリンボウ ネジリンボウ記者会見

 

お目当ての1つであるネジリンボウでは謝罪記者会見のように

カメラを構え、撮りまくる!

ネジリンボウはどんな悪い事をしたのか・・・。笑

 

そして、隠れ上手なカスザメがいるかも。

 

いたら、激しく教えるようにと言ってたのに、

自分一人で見ちゃってる方が。

 

あんだけ教えてって言ったのに!一人でずるいなーっ。

 

ねーあつこさん!(笑)この罪は重いですよー!(笑)

 

まっくろちびすけ② まっくろちびすけ

 

同じように見える上の2匹も全く違う生物。

 

ヒレナガカサゴとウミテング。

 

どちらもまっくろちびすけで可愛い。

特に目が。クリっとした目で、カメラを見つめております。

 

 

沢山泳いだけど、ちょっと珍しいこの子。

 

名前は「ミズヒキミノカサゴ」

ミズヒキミノカサゴ

 

キリンミノとかネッタイミノカサゴと似ている。

何が違いかというと・・・

 

・背鰭の棘の数が13本でやや短い。

・胸鰭の糸状に伸びる部分に赤褐色の縞模様がある。

 

ミズヒキっていう名前はこの胸鰭にある赤と白の縞模様を

「水引き」に例えているらしい。

 

うーん。ミズヒキミノカサゴって教えてもらうから、みんなにもそう伝えるけど、

ネッタイミノカサゴって聞いてたら自信を持って、

「ネッタイミノカサゴだよ」って教えるでしょうね。

 

うーん難し!

 

なにはともあれちょっと珍しい子に会えたのです!

 

安良里で潜った後は、ほとんどが安良里初めての人ばっかだったので、ちょっと観光しに馬ロックへ!

 

私の説明では全くイメージがつかなかったイトヤマさんは、

到着すると、

「ほんとだ!想像以上に馬だ!」と。

だから馬ロックって言ってるのにー・・・。笑

 

という事で、観光客に混ざってダイバーも記念写真!

 

なんか家族?

 

なんか並び方的に家族写真みたいになってます。(笑)

 

 

すなお

 

 

 

 

 

 

 

 

OW冒険記

6/1-2  OW講習

 

はい、どーも、まさしです、

 

今日はOW講習で大瀬崎です。

 

いざ、冒険へ

 

ダイブマスターのユミもアシストについてくれて、

みんなでダイビングを1からお勉強。

ユミもダイブマスターとしてアシストのお勉強、

俺の無茶ぶりにより、いきなり水中でスキルの見本をやらされるも、ちゃーんとできてる、ふむふむ、よーし、よーし。

 

 

疲労者曳航フィンピボット エア切れ練習

スキル練習をスムーズにクリアしたみんな。

お昼を食べてまったり休憩、。みんなお疲れ・・・ではなく

時間があるなら「冒険にいきたい!!」とユミが言い出し、

みんなが元気よく賛同(笑)。

 

休憩してる暇はないよ 外海の灯台 大きなビャクシンだね

 

海風にあたりながら、険しいゴロタを歩き、天然記念樹林のビャクシンを眺めてね。

 

休む暇なく2本目も浮力練習を頑張った。

 

 

食える事それは幸せ

 

もちろん夜はお楽しみの時間が待ってるのだけれど、

 

食べ終わった後もやっぱり「冒険いきたーい」となったわけで(笑)

 

ライト片手に田んぼでカエルを探して、

 

森をぬけ(笑)。

 

夜も冒険 夜の海も綺麗だね アマガエルちゃん

 

そして2日目は最後の講習

 

水中を自分たちだけ冒険してね(笑)

 

ただし、無謀にならないように、準備をして、計画をしっかり打ち合わせて、決め事を確認してね。

 

昨日はちょっと濁っていた大瀬崎、

 

今日は井田の海で、魚もたくさんいるね(笑)。

 

魚がたくさんいたね 海も冒険

 

やはり2日目の成長っぷりは凄いね、

 

中性浮力がなんなのか、どんなかんじなのか、

 

ちょっとだけわかったみたいですね。

 

そしてすべての講習内容を修了。

 

晴れてダイバーの仲間入りですね、

 

冒険好きなフクチさん、タクヤ、マナミ、

 

OW取得おめでとうございます!

 

これから更なる冒険の海にでかけましょう!

 

アシストのユミもおつかれさま!

真ん中の二人が凛々しい

 

まさし

ベテランだって初心者だって。 

6月1日 井田 透明度:10~12m 水温:20度

 

今日はベストワイドリクエストの日。

でも、リクエストの首謀者はキャンセル。

 

ではその次に予約を頂いた、

ターナーさんにどこがいいか尋ねると・・・

透明度がいいとこがいいかなー?と。

 

それならばと、向かった先は井田!!

 

水は青いものの、浮遊物は少し多め。

でも、群れはすごいっ!

群れ好きのゴマちゃんは、両手を伸ばして思いっきり突っ込む!

 

群れ― つっこめー!!

 

あれ?ここにも両手を伸ばして魚に突っ込む人。

 

これは初心者ツアーのさほちゃん。

やっぱり、魚を見ると突っ込みたくなるもんねー!

 

わーい おっ!みんな浮いてるー

 

ベテランだろうと初心者だろうと

みんな思わずやりたくなっちゃう事は一緒!

 

ツアーチームは深場で生き物探し!

スケロクちびちゃん オトヒメちゃん

 

イロカエル

 

こんな色のカエルアンコウ初めて見たー。

なんかゼブラ柄っぽくてかっこよく見える!

 

 

自分は見つかってないとばかりに、ゆっくりと

ロープの下へ隠れるカエルさん。

だいじょーぶ!もう見つかってますよー!(笑)

大人しくしてくださーい。

 

 

潜った後は、私個人的にお久しぶりの弥次喜多へ!!

 

いい運動をした後は、ビールが美味しいもん!

 

初心者チームもベテランズもみんなで乾杯!

ゴクゴク。ぷはっー!

うまいっ!!

 

これも、ダイビングのレベルに関わらず、みんな一緒!

 

 

そして、皆様!弥次喜多のアジフライ復活しました!

しばらくは弥次喜多続くかな?

 

 

 

ちょこっと富士山見えるかな?
ちょこっと富士山見えるかな?

 

上の井田での集合写真。

 

私の姿勢と後ろの山の傾斜が見事なまでつながっている!

たまたまだけど、すごい偶然です。

 

すなお

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心太、食べなさい。

 

 

 

令和元年5月31日(金) 雲見 透視度10~12m 水温20.3℃

 

 

 

 

 

題名:今日の私

 

 

 

これは、チーさんの自撮り写真。

 

店に帰ってから、その日撮った写真を振り返っていたら、

 

発覚した事実。

 

雲見に来た記念に撮っていたらしい。

 

 

 

伊豆にもこういう景色はある。

 

 

 

前日に黒潮が入ったと聞き、

 

『今日は雲見に行きます。』と皆に伝え、雲見へ向かう。

 

どうか、濁っていないことを願い。

 

 

 

人に動じない、キンメモドキ

 

 

 

青いけど、白っぽい水中をゆっくりゆっくり、

 

アップダウンを繰り返しながら、泳ぐ。

 

 

 

久々に雲見で潜ったコウヅさん、

 

よっぽど水中が楽しかったのか、

 

カメラを向けるたびにポーズを決める。

 

 

 

 

 

 

休憩中、ヒロサワさんに言われたショックな出来事。

 

 

 

僕は、ボディーシートで体を拭くと、

 

シートが赤茶色に染まる。

 

それは、マサさんも同じだ。

 

僕はこれを身体に付着しいている汚れだと思っていた。

 

きっと、皆もこんな風になっているのだろうと。

 

でも、ヒロサワさん曰くどうやら違うらしい。

 

 

 

原因としては、代謝が良すぎるせいらしいだそうだ。

 

代謝が良すぎるから、

 

黒くなっても、すぐ白くなってしまう。

 

つまりアカが次々と生まれ変わり、色が落ちていく。

 

要するに僕とマサさんは、アカまみれだ。

 

汚いなー。

 

あー、悲しい。

 

 

 

 

ムラサキウミコチョウ

 

 

 

ところで、今年は『テングサ』が不漁らしい。

 

原因は不明だそうだ。

 

その影響で、松崎町にある『サクラ』は

 

心太を作るのに困っているらしい。

 

そんな貴重な心太が食べ放題なのに、

 

イクセさんは心太を食べない。

 

痩せているのに食べない。

 

あんなに言っているのに食べない。

 

なんでかなー。

 

僕は、そんなに好きじゃないけど、食べてるのに・・・・・・。

 

 

 

5人と釣り人

 

 

 

 

 

ゆきや