何かと忙しい都会生活!
それでもダイビングを通じて海を身近に生活してるスタッフ達の不定期日記。

マサシ:筋肉の貯金はできる

マサシ:
筋肉の貯金はできる

ミカ:トイレ近い

ミカ:
トイレ近い

マイ:一番エライちび

マイ:
一番エライちび

スナオ:黒い。無知。

スナオ:
黒い。無知。

ユキヤ:祖父農家 米安定供給

ユキヤ:
祖父農家 米安定供給

マサ:脳が硬式野球

マサ:
脳が硬式野球

年一の女たち

7月8日 江の浦 透明度8m 水温22度

 

 

もうライセンスを取ったのは3年前になるかな?

 

 

あの時は突如発生した波にみんなで転がされ、

命からがら?無事生還。

 

怖い思いしなかったかな?と心配する私をよそに、

「なんかアトラクションみたいで楽しかったー」と。

 

ちょとこの子達、大丈夫かしら?と鮮明に記憶されています。(笑)

 

あれから3年、重ねた本数は・・・8本。

おや?8本。

 

年に一回ずつ来てくれます。
というか、1回しか来てくれません。

 

私が忘れそうな頃に、フラット予約を入れてくれます。

ありがとうございます。おかげで忘れられません。(笑)

 

 

この日は江の浦へ。

江の浦へ着いて早々、

「ここみんなで波にやられたところだー!」と元気に言いだす。

 

いいえ!違います。ここは江の浦、やられたところは川奈。

確かにスロープがあるところだけは共通しています。

 

 

この二人、年に1回しか来ないのに、水中上手なのが、悔しいところ。

 

 

帰る時には、

また来年。良いお年をーなんて言って帰っていく二人。

 

また待ってるぞー。

出来れば年に一回とは言わずと言いたいところだけど・・・

 

そして、きっとこのブログは2人は見てくれてないんだろうなー・・・・。

 

すなお

 

 

ナイトダイビング・・・?

7月2日 井田 透明度~10m 水温 21度

 

 

 

伊豆地方は雨が朝からたくさん降っている。

 

 

 

海況も時間が経つにつれ、悪くなる予報だったので、

ちょっと早めに2本潜りましょう!なんて話して早速潜りに!

 

 

 

1本目は雨の影響なく、青い海が!

 

 

 

 

透明度も好調。12m程は見えてました。

スズメダイたちも元気。

 

 

だけど、2本目行くころには川の水が入りこみ始めたのが陸からでも見える。

 

 

水中に入ると浅場は透明度も下がってきていたけど、

深度を落としていくと、透明度は大丈夫。

 

 

けども水面付近の川の水の影響で、陽の光が入らないので

ナイトダイビングのような感じに。

感じというかもうナイトダイビングでした。

 

 

日中に潜っているというのに、水中は暗い。

 

こんなに暗いのに、まだ時刻はAM11時。

 

・・・キャパの狭い私の頭が混乱です・・・。

 

 

みんなは普段あまり潜らないナイトダイビングが新鮮。

 

私も井田でやったことないナイトダイビングが新鮮と緊張。

 

 

 

1本目は、元気に中層を動きまわっていた魚たちも

夜になったと勘違い。

 

あんなに元気に泳いでいたのに、みんな大人しく。

 

普段は動き回って取れない子も、

岩に寄り添ってお休み中(お昼寝?)

 

 

写真は撮りやすいし、普段は見られない子も。

 

 

 

 

上の写真のヒメセミエビ。

 

 

図鑑に載っている観察記録では、

 

「洞窟等の暗い所で生息する夜行性で、日中はまず見ることができない。ナイトダイビングでもあまり見かけない」と。

 

日中に見ちゃいましたね。(笑)

なかなかない出会い。

 

 

思いがけないナイトダイビングに感謝です。

 

 

すなお

おとなの夏

6月30日 浮島 透明度 15m 水温 23℃

 

 

 

浮島にはプールがあります。

 

浮島が貸切なのをいい事に、スーツを着たらまずプールへ飛び込む。

 

 

 

き、き、気持ちいいっー!

 

前方宙返りや後方宙返りを出来てるかもわからないのに、

やってみる。

 

 

きっと動画とかで撮ってたら、自分でイメージしてるより、

相当ダサいでしょうね。(笑)

 

 

子どものころ市民プールや学校のプールでは飛び込みすると怒られてたのに、今は怒られない。

 

 

大人っていいなー。(笑)

 

 

大人がキャッキャキャッキャとプールで大はしゃぎ。

まだ6月だというのに、気分は夏休みです。

 

 

 

海はというと・・・

水が青い!暖かい!キレイ!

 

 

 

これだけでもうれしいのに、

一気に南方系の幼魚達がやってきました!

 

 

やっぱり幼魚は可愛いいです。

 

 

 

唇を尖らせながらパタパタと懸命に泳ぐあの子や、

身体をクネクネさせながら泳ぐあの子達など、

胸がときめく子たちが沢山。

 

 

 

 

 

 

今シーズン初めて見る子達ばかりで、

早くも幼魚のシーズン到来でしょうか?

 

 

 

これからこの子たちが増えてくるのかなーワクワク

今年はどんな子達に会えるかなー・・・?

 

 

 

潜り終わってからも潮落としにプールへダイブ!

 

 

いつものダイビングにプールが加わるだけで、

夏休みというか夏感がプラスされた気分です!

 

 

すなお

 

 

 

群れがすごいけども

6月27日 熱海 透明度8-12m 水温 22度

 

 

関東に近づく予報だった台風も進路を大分はずれ、

海はべったり穏やかに。

 

 

 

今日のリクエストは熱海!

 

 

この日の沈船は、群れがすごかったっ!

 

船内にも所狭しとグッチャリ。

 

 

 

 

船内を出れば、キビナゴたちが沢山。

 

 

アジやらマダイやらに追いかけられて、右に左に逃げまくる。

その中に突っ込む人間たち。キビナゴの周りは皆敵だらけ。

 

目の前で逃げまどうキビナゴ達、迫力満点でした。

驚かしてごめんね。

 

 

 

そして、キビナゴをたくさん食べたのか、

沈船内にはおおきなクエも!

 

 

 

80センチはありそうな、クエ。

私でも知ってます。クエが高級魚だということを!

 

調べると、キロ単位、15000円くらいで取引されるらしいです。

あの大きさなら、50000円くらいだったかも。

天然ものですし。

 

なんだか惜しいことをした気分・・・。(笑)

 

 

沈船初めてチームはアドベンチャーでよかったなーと。

 

ベテランチームは群れはすごいけど、

もう少し小さいもの(マクロ生物)も見たいなーと。

 

 

2本目は、ちょっと小さいものも狙ってソーダイ根へ。

 

 

でもね、透明度は悪くなってるし・・・

小さいものは全く見つけられず、

大玉砕しました。

 

 

皆様ごめんなさい。

 

 

まだ、沈船の方がいたかもですね。。。

2本とも沈船行くべきだったかな・・・ー?

 

 

すなお

 

 

 

 

 

あついです 

6月19日 浮島 透明度:15m 水温:23-25℃!

 

 

今日行くところは、浮島!

 

 

行ったことある方は少ないのではないでしょうか?

 

 

読み方は、”うきしま”ではなく、”ふとう”と読みます。

 

場所はおなじみ田子のちょっと先。

 

 

浮島に着く前、田子の前を通ると、

シーランドの山本さんから投げキッスのお見送り付き。

 

車内は大歓声。山本さんからの愛が熱いです!

 

 

浮島はウミウシも多く、

水路や抜け穴など地形も面白いポイント。

 

 

ビーチポイントもボートポイントもあるので、

1ボート1ビーチなんてのもできちゃう。

 

 

早速水中に入ると、黒潮ががっつり入ってきているようで、

水温25度!

 

 

暑っ!

超寒がりな私でも、水中でフード脱ぎました。

 

水温は暖かいけど、うねりや流れなどがあって、ウミウシたちは活発に出で来てなく、みんな奥へ奥へと入って行く。

なのでちょっと数は少なめ。

 

 

サメジマさん フジイロウミウシ

 

だけども、セトイロウミウシの幼体まで見つけちゃって、

じっくり探せば、まだまだかわいい子が

たくさん出てきそうなにおいがプンプン!

 

 

セトイロウミウシ

 

 

今度はベストコンディションの時にリベンジしたいなー♪

 

その時もまた山本さん投げキッスしてくれるかは、運次第です!(笑)

 

 

 

すなお