タグ別アーカイブ: IOP

ワイドもマクロも撮ろう

6/28  IOP  透明度:15~20m 水温:15~20m

 

今日は写真練習するって事で東伊豆は伊豆海洋公園へ、

 

同じ車で出かけたまささん率いるマニアックチームは伊東へ途中下車。

 

平日の海洋公園、しかし空いてるねぇ、夏の土日のここときたら、ものすごい人だよ(笑)。

 

平日はのんびりムードでいいわ(笑)。

 

休みだけどこれまた写真を撮りに来たみかも一緒に今日はゆったり写真をとろうかね。

 

平日のIOPで

 

風の影響で水面は少しざわついていたものの、

 

潜ったらこれが透明度いい~。

 

15m!そして深場は20m!しかし、冷たい(笑)。

 

今年はまだドライスーツの僕ちゃんですが、深場は全然ドライです(笑)。

 

さてさて水中は、入ってすぐイワシの群れがぐるぐる回ってる、

 

その群れを囲い込むようにワラサが旋回、

 

IMG_5876 IMG_5875

 

ワイドな風景もすばらしい。

 

リクエストされるとなぜか姿を現してくれないコブダイも今日はすんなりと(笑)

 

コブダイ大

 

生物情報は少なめだったけど、じっくり探してマクロも充実だったんだなぁ。

 

アキちゃんが見たい!って言っていたウミテングの幼魚、

 

これが予想以上に小さくて探すのに苦労したけどね、

 

あぁ、見つけられてよかった。

 

お目当ての被写体にアキちゃんも粘るね~。

 

ウミテング幼魚

 

ん~ナイショッ!!

 

ハナタツも~ナイショッ!!

 

見返りハナタツ

 

目ピンばっちり!

 

おしいのもあったんだ、

 

ミナミハコフグの幼魚、

 

ピン惜しい

 

惜しい、ゆらゆら動くしく岩のくぼみは暗いし。

 

トシのコブダイ幼魚も惜しかったな、

 

コブダイ幼魚

 

ピンボケ・・・

 

しかし、このサイズのコブダイ幼魚を俺は初めて見たよ、

 

体長1.5センチ、ほんとに小さい・・・そしてゆらゆら。

 

アカイソハゼ ナガサキスズメダイ

 

アキちゃんとトシのばっちり撮れたアカイソハゼとナガサキスズメダイもね。

 

そして今日写真撮りたいリクエストを出していたユーキ、

 

全然写真撮ってないやないかー!

 

やる気あんのかー!(笑)。

 

ランチはマサさんチームと合流して、花季で、

 

今日は特別クロムツの刺身、これが絶品♪

 

クロムツ

 

そして後ろでユーキが満面の笑み(笑)。

 

そしてこの日、

 

言おうかな、やめようかな、

 

マサさんの誕生日だったことが判明(笑)

 

乾杯はおめでとう(笑)。

 

最後はみんなで花季前で集合写真。

 

マサさん誕生日だった

 

なんだかんだ生物マニアック、だけどワイドも楽しめた、そんな両チームの1日でした。

 

ユーキ、写真頑張ろうな(笑)。

 

アキちゃんトシ、グッジョブ。

 

まさし

バディは傍でね

  1. 4/4 IOP  透明度15~20m 水温:16.2℃

 

IOP貸し切り

 

今日はIOPに一番のり♪

 

OW講習二日目のイッキとシオリご夫婦、

 

そしてダイブマスター講習のカナメ。

 

初日がとっても上手にできたから2日目は講習生にはちょっと贅沢な透明度が抜群のIOP。

 

ひざ丈ぐらいの波もなんのその、

 

入ったらここに来た意味がわかったね。

 

透明度抜群 コブダイとシオリ

 

真っ青な海にイワシの群れそして僕らを出迎えてくれたかのようなコブダイ、

 

講習を忘れてみんなで戯れて(笑)、

 

そして砂地で中世浮力のおさらいとダイブコンピューターの見方やコンパスの見方。

 

そして2本目OW講習最終課題となるバディ潜水、

 

ルートを確認して残圧や方角や時間やリミットをしっかり打ち合わせしていざ、いってみよう。

 

先頭はイッキ、そしてシオリが少し後ろを泳ぐ、

 

だけど、イッキの脚力がすごい、

 

蹴り始めると、シオリとの距離がみるみるうちに離れる、

 

おいおい、早い、早い、そして止まる、

 

そしてまた離れる、そしてまた止まる、そして追いつく、

 

の繰り返しでした(笑)。

 

そして、先頭イッキ、何やら決めたルートとは違うところで右折、

 

おーいイッキー違うやんけー(笑)。

 

そんなこんなはありましたが無事に目的地の水中ポストまで到着。

 

最終ダイブ 水中ポストに到着

 

帰りも浮きそうになったところをカナメに助けられたりと、いろいろありましたが、

 

しっかり安全停止をして潜水時間30分、

 

予定より大分早いね(笑)。

 

でも合格点をあげよう(笑)。

 

ご褒美は、おいしいまぐろで。

 

鮪三昧 海鮮丼

 

イッキ、シオリOW取得おめでとう。

 

バディ潜水は二人あんまり離れないようにね、

 

あ、二人の夫婦生活もね(笑)。

 

カナメ、ダイブマスターは考える事や咄嗟の動きが非常に難しな、これからがんばろう。

 

みんなお疲れ様。

 

南国テイスト

 

まさし

目標は高く・・・!

12月6日(水) IOP 透明度:15m 水温:18度

 

冬になるとIOPに毎年登場する子がいます。

 

同じ子なのか不明ですけど、
こんなに目立つのに、ここまで立派に成長した子は、
少ないのではないでしょうか?

 

ゴールデンヒラメ@伊豆海洋公園(IOP)
ゴールデンヒラメくん。

マサシさんのビーチツアーに便乗して、
マイさんとマンツーマンで初心者ツアー。

 

これでもかってくらい水中はマイさんのスキルチェック。
見られすぎて、やりづらかったと思います。笑
でも、フリー潜降も中性浮力も着々と上手に。

 

水中クリスマスツリー@伊豆海洋公園(IOP) 中性浮力練習@初心者ダイバーツアー

 

広い海とクリスマスツリーを貸し切りで楽しんで帰ってくれば、
深場に写真を撮りにいったマサシさんたちがニコニコ帰還。

 

どれどれ・・・

 

コブダイ@伊豆海洋公園(IOP) スミレナガハナダイ幼魚とフタイロハナゴイ@IOP

 

フリソデエビ@伊豆海洋公園(IOP) ニシキフウライウオ@伊豆海洋公園(IOP)

 

うーん・・・ずるい。ずるいずるいー
マイさん、早く私たちも行きましょう。
勝手にマイさんの目標は設定しておきますから。笑

 

伊豆海洋公園ダイビングツアー
目標は高くっ!!・・・の1秒前。笑

みか

恐るべし男たち。

1月19日(木) IOP(伊豆海洋公園) 透明度:15~20m 水温:15度

 

 

朝、新品のウィンターグローブだけを手に飛び出してバッグを取りに帰ってきたユーキ。
自分のフードなのに裏表逆にかぶって気がつかないユーキ。
これ、僕の鍵です!って宣言して私の鍵を持っていったユーキ。

 

あー今日もよく笑わされた。
こんなにも自然体で多くの人を笑わせられるなんて、恐るべし。

 

マイ器材@SunFunドライスーツ
大物になぁれ。

 

そんなユーキとトシのリクエストは写真練習。
ウミウシでも狙おうかと思ったのですが。
せっかくだったら透明度のよさも楽しめるポイントがいいなぁと、IOPへ。

 

最近練習中のカメラ・クリアな水・珍しい生物、ぜーたくだぁ。
うきうき気分で帰ってきたところまではよかったのですが。
待ち受けていたのは、ザワつく海洋公園のエキジット。

 

 

儚くも・・・散る。笑

 

 

そこそこ本数潜っている6人のチームで4人が波にのまれるという結果に。
確かにタイミング悪かったです。波、大きかったです。
でもその直後、初心者ツアーのマサシさんチームがさくさく上がってきたのにはねぇ・・・。笑

 

ということで、まぁ格闘はあったのですが。
水中は、写真をじっくり撮れたはず。
・・・えっ・・と・・・厳選された(?)作品たちです。

 

ちびクマドリカエルアンコウ@IOPダイビング ベニカエルアンコウ@IOPダイビングツアー

 

フリソデエビ@IOPダイビングツアー フリソデエビ@IOPダイビングツアー

 

ピントとか、光の当たり方とか、構図とか・・・色々課題は山積みですが。
セオさんがちょっとだけ愛を込めてシャッターをきるようになったので良しとします?笑
でもユリさんが最後まで写真くれなかったのはクレーム入れときます。(よこせー!笑)

 

2ダイブ目は気合いを入れて臨んだら、タイミングよく小さめの波。
でも、全員無事揃ってエキジットできてよかったぁ。ね、トシ!笑

 

 

にしても。

 

大荒れの初島での海洋実習に始まり、大波を呼んだIOPで締めるとは・・・
恐るべし、ジュンヤさん。
沖縄に台風をあまり引き寄せないように。いってらっしゃい。

 

さよならは・・・言わないよ(笑)
でも、『超濃厚チョコレートケーキ待ってるよー!』って、連呼してます。

 

河津桜@伊豆海洋公園
大物になーーぁれ。

みか

レスキューはく奪。

 

12月16日(金) IOP  水温18℃ 透明度12~15m

 

 

前日のうねりが残るIOP。

 

 

コンディションは潜水注意。

一緒に行ったミカチームは八幡野へ回避。

 

 

さぁうちらはどうしようと相談したところ、

「荒れた海がいいです」というトシキさんの一言でIOP突撃決定。

 

 

まぁうちらチームは、

先日レスキューダイバーになったトシキさんとユミちゃんの二人。

時折来るデカい波をかわして行ってきましたっ

 

 

ソフトコーラルでかい! スミレナガハナダイyg フリソデエビ

イロカエル黒 2の根 イロカエルOR

 

 

水中は相変わらずの綺麗さ&生き物豊富さ。

ゆみちゃんのカメラも休む暇はないし、

いつもエアーが心配なトシキさんも14Lタンクだから余裕ーっ

 

 

楽しんで帰ってきて、そろそろエキジット口。

 

 

気合入れていきますよと伝えたく振り返ると、

足に空気が溜まってもがいている人が・・・

 

 

あれ?今日は初心者ツアーだっけ??

 

 

と思ったけど、その人はレスキューダイバー・トシキさん。

 

 

 

 

レスキューダイバーに空気を抜いてあげるなんていう優しいことはしないので、

水底にあったでっかい石を渡したら、

今度は重すぎて身動き取れなくなり・・・

 

そんなこんなでもがき過ぎて、笑いすぎて、

エアーもあっという間に30くらい減っていました。

 

 

だめだめですね。笑

 

 

シマキンチャクフグ ヒレグロスズメダイyg ムスジコショウダイyg

ユカタハタの幼魚 クエ クダゴンベ

 

 

3本リクエストだったので、エントリーエキジットも3回ずつ。

 

全部波をやり過ごし、無事に終わったー!

 

波にのまれるレスキューダイバー

 

 

っていう油断があったんでしょうね。

 

最後のなんてことない小波に持っていかれ、

波打ち際をのたうち回っていたレスキューダイバー・トシキさんでございました。

 

 

 

あー、ずるい。

 

 

 

 

りゅう