タグ別アーカイブ: 送迎付き

私は強い

 

 

 

2019.11.30(土) 井田 透視度15m 水温20.6℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕も初めて自分の器材を手にしたときは

こんな感じだったんだろうか。

 

 

自分の器材を触っては、にやにや。

スーツの着やすさ、動きやすさを体感しては、にやにや。

レギュレータの呼吸のしやすさを感じては、にやにや。

浮力のとりやすさに、にやにや。

 

 

初めて、自分の器材を手にした、

キヨカちゃん、スズカちゃん、そしてリョウスケさん。

そりゃあ笑わない訳がない。

 

 

これからやってくる、

ありとあらゆる海へ共にするのだから。

 

 

一体彼らは、どういう体験をしていくのだろうか。

僕の楽しみがまた一つ出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうウッキウキよ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初使用の3人を見ていたツボッチさん。

 

『器材買ったの!?わくわくするよね~。』

 

10年近く前に自分の器材を手にしたツボッチさんは

自分が初めて手にした時のことを思い出していたみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん~。美味しそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マサシさんの初心者チーム共に来たのは、井田。

 

3日前から続いている透明度の良さを堪能しながら、

タカベの群に突っ込んでみる。

 

すると目の前にはでっかいブリ、そしてカンパチが。

ん~~。美味しそう。

 

 

 

 

 

 

 

今までクマドリカエルアンコウを見たことのないキヨカちゃん。

是非とも見たいとのことで、

2本目はクマドリカエルアンコウ目掛けて、直行。

 

 

 

 

ここひと月ほど同じ場所に定着しているため、すぐ発見。

人生初の生物とのご対面に、

クマドリカエルアンコウに、ま~顔が近いキヨカちゃん。

たぶん見られてる側からすると、

近すぎて恐怖だったことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

念願のクマドリカエルアンコウ

 

ニシキフウライウオ

 

チビイロカエルアンコウ

 

ナイスフォーメーション!? これだーれだ?

 

なんか様になってるじゃない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食は弥次喜多へ。

 

美味しいアジフライ、カキフライを胃の中に入れながら、

話はなぜかアイアンマンの着地の話に。

 

アイアンマンの着地について真っ向から対立している、

スズカ、キヨカと僕。

話は平行線のまま時は過ぎていた。

 

 

すると、それを聞いていた1人の人物が味方に。

リョウスケさんだ。

僕より説得力のある人物が加わったことで、形勢は逆転、

負けかけていた勝負は引き分けへとなった。

いや、あれはむしろ勝っていた思う。

 

 

その話の流れから、なぜか僕は車に轢かれても平気という話に。

車にぶつかっても、上手く避けられるのではないか。

当たっても気持ちでカバー出来るのではないか。

そんな意味の分からない持論を語っていると、

 

 

『僕もそう思うんですけど、

最終的に車に手をつくことを計算し忘れてしまうんですよ。』

 

 

まさかの返答が。

意外過ぎる。しかも計算しちゃってる。

 

 

きっと僕とリョウスケさんが手を組めば、

敵はいない事でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気最高!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的に僕はカバにも勝てるという話に。

書くと長くなるので、やめときます。

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

 

 

 

 

ここに来れて良かった

 

 

 

 

 

2019.11.29(金) 井田 透視度18m 水温21.3℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薄暗い極寒の自由が丘を全力で走ると

数分後には僕の肺はやられてしまいました。

咳が止まらなくなりました。

 

 

 

でも良いんです、僕の体なんて。

抜群の透明度の井田に行くことが出来たから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最高のコンディション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『スコ――ン!!』と抜けた海。

 

 

雲一つ見当たらない空。

 

 

空いている井田。

 

 

潜るのに最高の状態となった今日。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブリの影

 

これは気持ちいい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに気持ちの良い海。

本当に来れて良かったなぁ。

 

 

色々あった今日の朝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノドカさんの底知れない優しさを知り、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤヒロさんの企みを知り、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてショーちゃんの眠さ知った。

 

 

残業明け、寝ずに来てくれたのに待たせてごめん。

 

でもね、眠いなら帰り飲みに行かないで、

真っすぐ帰って布団で寝なさいよー。

疲れとれないよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沖縄って言ってもバレないかも。

 

水面からタカベ達

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度時間を戻したいと思ったことか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度嘘だと思ったことか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全てが真実。

 

 

もう戻すことは出来ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、ホントみんないて良かったぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝以外最高ね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰ったら、明日に備えてすぐ寝ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

 

 

ほんとに日本一?

11月21日 大瀬崎 透明度:6~12m 水温:21℃

 

 

今日は初心者ツアー。

 

どこに行こうかなー?

迷っていると、「大瀬崎で潜ったことない!」という話になり、

大瀬崎へ!

 

車内で大瀬崎の説明を。

初心者からベテランまで楽しめるポイントで~・・・

年間の潜水者数が日本一なんですよー!

 

 

なんて話をして向かい、

大瀬崎に着くと、

 

ガラ―ン・・・。

私たち以外全くいません。

 

ミナミさんからは、

「ここほんとに日本一なんですよね・・・?」と

嘘つき野郎疑惑の目を向けられる始末・・・。

 

私自身あんなにガランとした大瀬崎初めて・・・。

 

い、いつもはもっといるんですけどねー。汗

 

なので水中も貸切状態!

 

ドライスーツ初のミナミさんは浮力の練習を。

 

アドバンス講習中のユリコさんは水中ナビゲーションを。

 

コンパスをしっかり持って方角を合わせたはずなのに、

とんでもない所から帰ってくるユリコさん・・・。

 

透明度が良くて良かったです。

迷子になるところでしたよ。

 

次回もナビゲーションやって貰いますからね!

不意打ちで!(笑)

 

浮力の練習ー 魚もハイチーズ!

 

水中クリスマスツリー

 

浅場でも浮いてかないもんねー そうそう空気を抜いて

 

貸切の大瀬崎を出た後は、

お蕎麦を!

寒くなってきたから、温かいお蕎麦がしみますねー。

 

とボーっとしてたら、ご飯やら集合写真やら撮り忘れました・・

 

ミナミさん、ユリコさん

 

今度は日本一!って思うくらい混んでいる大瀬崎に

連れていきますからねー!

 

すなお

 

 

 

 

 

男のロマン 

11月20日 熱海 透明度:12m 水温:21℃

 

みかと初心者チームをポイっと江の浦で降ろし、

タイちゃんとイケちゃんのメンズ2人と向かうのは、熱海。

 

熱海には沈船があるのです!

 

そうです!今日は沈船リクエストをもらっていたのです!

 

そして、期間限定で洞窟ポイントもオープンしているのです。

 

今日はどっちも行けちゃうそんな贅沢な日!

 

1本目はまず、洞窟から!

 

ライトを片手に探検!

 

狭い通路をぬけてー 飛んで飛んで~♪

 

透明度も良く、太陽光も入り、洞窟ポイントにはばっちり!

 

光のコントラストが綺麗ー ドライスーツだって余裕っす!

 

 

2本目は、お待ちかね。沈船です!

 

「透明度いいと船の全景見えて最高なんだけどねー。」

なんて話しながら、顔をつけると・・・

 

緑。そして濁っている。

 

これはヤバいかもーなんて思いながら降りていくと、

20mを超えたあたりからは、綺麗な潮が!

 

 

ここからは沈船の周りを1周したり、

ライトを片手に沈船内へ!

 

沈船外観 沈船探検

 

鉄骨だけが残っています 沈船内2

 

もーっともーっと居たいとこだけど、なんせ深いので窒素が。

 

上げって来てから口々に沈船いいですねー!ヤバい!

と口にするタイちゃんとイケちゃん。

 

沈船も洞窟もあの探検する感じに、

男のロマンが詰まっているらしいです。(笑)

 

そんなことを話す彼らの顔はあっという間に少年のように。(笑)

 

男のロマン、熱海を後にした私たちは、

江の浦でミカチームと合流し、ランチへ!

 

さっきまで少年のようだったのに、ビールで乾杯。

ずるいなーっ。

 

いただきまーす!

 

ビール飲んでるときも、男のロマンを話すときも、

どっちもいい顔してましたよー!(笑)

 

 

すなお

 

 

 

 

寒さを乗り越えて・・・

 

 

 

2019.11.13(水) 江の浦 透視度8ⅿ 水温20.8℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも、ゴトウです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前日、井田に訪れた謎の強烈なうねりにより、

2本目へ挑めなかったサトシさん。

 

雪辱を晴らすべく、向かったのは江之浦。

このポイントで僕とサトシさんは、3本挑戦する。

 

きっと終わる頃には、疲れ切ってしまうのだろう。

なんとなく、予想は出来ていた。

 

それでも、3本潜った後には

『一吉丸』の美味しい塩辛と金目の煮つけ、

そしてカンパチの塩焼きが待っている。

 

想像するだけでヨダレが溢れ出てきそう。

 

100%幸せなゴールが待っている。

そこを目指し、僕たちは曇天の空の下、3本潜った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あら、上手。 こっちは何度だ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前日、荒れ狂う海の中潜ったサトシさんにとって、

これほど楽ちんな海はないだろう。

 

スキルを難なくこなしていき、

あっという間に受けるようになっていた。

 

少し難題のフラフープの中に入ったまま、中性浮力をとる。

もちろんフラフープに触れてはいけない。

本来なら、こんなことはしないが、

3本目には、見違えるほど上達したので、少しチャレンジ。

その場で止まることの難しさ、

ダイビングはそんなに甘くないってことを実感してもらう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛らしいやつとも出会って

こんな奴だっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はと言うと、

最近ベテランダイバーのタカユキさんが、

スーツを着た際に全身が水没したスーツを着て検証。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ濡れるは。
そりゃ濡れるは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足を水中につけた瞬間、一気に水が入ってくる。

水着で来たため、僕の身体はどんどん冷えていき、

終わる頃にはぶるぶる震えていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷えた体を、白米とみそ汁で温め、

サトシさんの講習は終わった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3本お疲れ様でした.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3本お疲れ様でした。

そして、おめでとうございます。

ここで寝た10分間は、心地良すぎて、

1時間にも、2時間にも感じましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや