タグ別アーカイブ: 日帰りダイビング

のんびりした平日のお話

2/26  井田  透明度:15m  水温:16℃

 

いつもより20分も早くお店を出発、

 

空いてる環八、空いてる東名、

 

今日は最高にエコな運転で行ってみよう(笑)。

 

本日のベストビーチは井田。

 

マクロネタ良し群れ良し、透明度も昨日までは良し(笑)

 

初めて一緒に潜るAOWとりたてのサタケちゃん、

 

今日はダイビング技術もさらに磨き、アイドル生物も見せちゃうよ♪

 

今見られるマクロ生物を僕が語るも、どうも反応がイマイチ・・・

 

ははぁん・・・そういうかんじだね(笑)

 

よし、群れを見に行こうか(笑)。

 

そしていつものフクイさんはマクロとかじゃないしね。

 

よし、そんなら大きめのタツノオトシゴでオオウミウマってのがいるらしいんだけど、どうですか?

 

それはみたい!

 

まったりといこうよ

 

透明度いいね。

 

ゆったりと泳ごう、

 

スズメダイが通るよスズメダイ乱舞

 

スズメダイの群れが凄いね、

 

お望みのタツ

 

はいっ、お目当ての「オオウミウマ!」

 

しかし、想像よりでかいよ(笑)。

 

 

AOWとりたてのサタケちゃん、中性浮力も姿勢もなかなかいいよ、

 

ちゃんと浮かずに安全停止もできてるし、

 

と、サタケちゃんはよかったんですがね、

 

その横で浮いていく・・・100本越えのフクイさん、

 

あら、あらら、あららら、、、、ちょっと、ちょっとー!

 

何をしても浮いてくのが止まらないから、

 

しょうがないから水底の石をBCに大量投入、

 

浮上がとまらないフクイさん沈静化に成功。

 

そのあとは、普通に帰ってきたんですがね、

 

これがフクイさん、石を入れられている事にも気づかず、

 

自分の力でリカバリーしたと思ってたんですよ(笑)。

 

「石」ですよ、石のおかげ、はい、僕のおかげ(笑)。

 

上がってから浮いていくことの対処法とか、なんで浮くのかとか、色々話ましたし、

 

今までもたくさん練習しましたしね(笑)。

 

そしてフクイさんが言った、

 

「やっと浮かない方法がわかりました、

 

これから浮上する時は僕に石を入れてください」

 

ほんと困った人ですねぇ(笑)。

 

 

いい顔するわ

 

 

まさし

2チーム?いいえ!1チームです!

2月17日 江之浦 透明度:12m 水温:16℃ 

 

今日は、初心者ツアーで江之浦へ!

 

スタッフは私とお玉ちゃん。

そして、元スタッフで今年から非常勤スタッフのりゅう君。

それに、ダイブマスターのみずき。

随分プロが多い日です・・・。笑

 

比率で言ったら4:4でマンツーマンですね。

 

 

玉ちゃんはちょっと海が怖いかほさんと

マンツーマンでゆっくりと。

 

それ以外の私たちで1チーム。

初心者ツアーだからね、まずはゆっくり浮力練習を。

 

その間、初心者じゃないイッセイさんとみずきは、

見えるところでりゅう君と一緒に、生き物探し。

 

もしかしたら、もしかして、

ダンゴウオなんて発見できてしまうかもー?

 

なんて言ってたら、みーんな生物探しに夢中になって、

だんだん遠くに・・・。

 

おーい!帰ってきてくださーい。

 

初心者チーム② 初心者チーム①

 

唇こんなに分厚いのね。 ハナミドリガイ

 

黒い点はウミウシの目だよ キイロウミコチョウ

 

上がってから写真を見ると、色々紹介してもらっているではないかー!

 

さすがりゅう君。

マクロ探しの目と知識は全く衰えてないようです。

 

でもね、1チームで潜ってたはずなのに、

水中では2チームになる事多数・・・。

 

おかしいですねーっ。

 

 

1チームですよ!あんなに念を押したのに、

2本目も、1チーム時々2チームに・・・。笑

 

潜り終わって、ご飯はここ!

 

うまーい!

 

何度食べても美味しい!

 

女子率高かったけど、ほとんどご飯のおかわりを。

やっぱり潜った後はお腹が空くもんねー!

 

お腹を満たした後は箱根の温泉へ。

 

いい湯だな♪

 

お腹も満たされ、さっぱりした後は

ハイエースでぐっすりお休みなさーい。

 

 

すなお

 

 

 

 

 

 

 

 

 

憧れのわらじを求めて

 

 

 

2020.02.05(水) 大瀬崎 透視度10~12m 水温17℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ネギ味噌わらじとんかつ』、

ただこれが食べたいんです。

タイキ君は前回行けなかったリベンジを果たしたいんです。

 

 

 

わらじのように、どでかいトンカツ。

 

 

 

 

想像するだけでお腹が空いてきそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目指すはトンカツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

閉まるのは午後2時。

 

 

 

いつも行く食事処よりかは、少しばかり早く閉店してしまう。

 

 

 

ちょいと急がなきゃいけないかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胃の中から手が出てしまいそうな目標を掲げた僕たちは、

 

そそくさと大瀬崎の海の中へと消えていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンナツノザヤウミウシ

 

イバラタツ

 

コブタヒラツノモエビ
どこにいるか分かるかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暖冬の影響かなんなのか、

ここまでなかなか顔を見せてくれなかったウミウシたち。

 

 

 

 

 

 

 

そんなウミウシたち、

2月に入りやっとちょこちょこと出てきてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、どれも小さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭の片隅で膨れ上がったわらじとんかつのイメージ像とは

 

雲泥の差。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツノザヤウミウシが一体何匹集まったら、

わらじとんかつのようなサイズなるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

100ひきなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

1,000びきなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

10,000びきなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はたまたウミウシ1匹が

 

30㎝サイズになった場合を想像してみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・きもちわるいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?3匹?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セッティングから片付けまでテキパキと動いたおかげで、

ありえない速さで大瀬崎を後にした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐさま、わらじとんかつに店に連絡をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・あれ、出ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

忙しいのだと思い、時間を空けて何度か挑戦してみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5度目にしてやっと出た。

少し一安心。

 

 

 

 

 

 

 

 

これから、行くのでお願いしますと伝えようとすると、

店員さんが食い気味でしゃべり始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

『ごめんね、10日まで休みなんだよね。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までの急いだのはなんだったの。

 

ずっとわらじとんかつのことばかり考えていたのに。

 

口はもうトンカツモードなのに。

 

と言うか今日5日よ。あと5日も休むの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして、タイキ君の2度目のわらじとんかつへの挑戦は

幕を閉じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あつあつです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わらじとんかつの為に早く行動したせいで、

 

早くいろいろな弊害を受けた僕たちは、

 

箱根まで足を伸ばし、あつあつの湯舟へと消えたのであった。

 

 

 

 

 

もちろん、ミカさんは休み
もちろん、ミカさんは休み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちーさん、金目しゃぶしゃぶも良いけど、

 

わらじとんかつは必ずリベンジしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

 

 

 

男のロマン 

11月20日 熱海 透明度:12m 水温:21℃

 

みかと初心者チームをポイっと江の浦で降ろし、

タイちゃんとイケちゃんのメンズ2人と向かうのは、熱海。

 

熱海には沈船があるのです!

 

そうです!今日は沈船リクエストをもらっていたのです!

 

そして、期間限定で洞窟ポイントもオープンしているのです。

 

今日はどっちも行けちゃうそんな贅沢な日!

 

1本目はまず、洞窟から!

 

ライトを片手に探検!

 

狭い通路をぬけてー 飛んで飛んで~♪

 

透明度も良く、太陽光も入り、洞窟ポイントにはばっちり!

 

光のコントラストが綺麗ー ドライスーツだって余裕っす!

 

 

2本目は、お待ちかね。沈船です!

 

「透明度いいと船の全景見えて最高なんだけどねー。」

なんて話しながら、顔をつけると・・・

 

緑。そして濁っている。

 

これはヤバいかもーなんて思いながら降りていくと、

20mを超えたあたりからは、綺麗な潮が!

 

 

ここからは沈船の周りを1周したり、

ライトを片手に沈船内へ!

 

沈船外観 沈船探検

 

鉄骨だけが残っています 沈船内2

 

もーっともーっと居たいとこだけど、なんせ深いので窒素が。

 

上げって来てから口々に沈船いいですねー!ヤバい!

と口にするタイちゃんとイケちゃん。

 

沈船も洞窟もあの探検する感じに、

男のロマンが詰まっているらしいです。(笑)

 

そんなことを話す彼らの顔はあっという間に少年のように。(笑)

 

男のロマン、熱海を後にした私たちは、

江の浦でミカチームと合流し、ランチへ!

 

さっきまで少年のようだったのに、ビールで乾杯。

ずるいなーっ。

 

いただきまーす!

 

ビール飲んでるときも、男のロマンを話すときも、

どっちもいい顔してましたよー!(笑)

 

 

すなお

 

 

 

 

なんだこれ?

11月12日 井田 透明度:30cm~8m

 

雲一つないこれぞ快晴!

 

ベストビーチチームとOW講習チームと井田へ!

天気図通り、波もなく穏やかな海況。

この時までは・・・・。

 

天気も良くて穏やかないい海の一日になるはずだったんです。。

 

たまちゃんのベストビーチチームはちゃっと準備して海へ。

 

私は講習初日のゴトウさんとマンツーマン。

海のあれこれを説明し、遅れながらも海へ。

 

スキルを終わらせ、ちょっと深場へ。

このころからおや?と思うことが多々。

 

穏やかなはずなのに、うねり強めな水中。

なんだこれ?

 

中性浮力の練習をしたいのに、流される体。

全く練習になりませぬ。(笑)

 

流れもあるし、うねりで巻き上がった砂で、

透明度はみるみる低くなる。

なんだこれ?

 

よって、ゴトウさんの写真はこれだけ。

 

ピース!

 

あがってみると納得。何故か大きなうねりが出てきている。

 

ウネリの大きさに今日は1本に。

明日も講習あるし、今日は大事をとって、予定変更です。

 

でも突如出てきたうねりに居合わせたインストラクター達みんな首をかしげる。

なんのウネリなのか・・・。

みんなで、これなに?って状態に。(笑)

 

自然相手ってわかりませんねー。

 

ツアーチームの2本目は、

うねりある覚悟で行きたい人は行きましょう!

 

えぇーやだーっていうと思ったチューサは、

行きます!なんて。意外とガッツあるじゃないかー!

 

ライセンス講習の時は、

「ライセンスいらないからもう帰りたい」って言ってたのに。

強くなったなー。

 

うねりありますよー

 

クダゴンベ クマドリちゃん

 

タカベ―

 

短時間で姿を変える海に自然の強さを実感。

 

 

潜り終えた後は疲れた体を美味しいご飯で癒し、

ミニストップで美味しいアイスも!

 

みなさん、お疲れ様でした!

 

 

富士山がひょっこりはん

 

すなお