タグ別アーカイブ: 小学生ダイバー

『しのぶ』

 

 

 

2019.10.6(日) 井田 透視度12~15m 水温25.6℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはスイムから。
まずはスイムから。

 

 

 

 

 

 

絶好のダイビング日和となった今日は井田へ向かった。

 

僕は、ベスト透明度チーム。

 

すなおさんは初心者チーム。総勢12名。

 

最近ずっと海況が良い状態が続いているおかげなのか、

 

今日の井田の陸上、水中は人、人、人。

 

人だらけ。

 

 

 

 

 

混雑している人の間を掻い潜って、

 

潜っていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初心者ツアーでこの群れは贅沢だね。

 

 

 

コガネスズメダイの幼魚
コガネスズメダイの幼魚

 

怖いでしょ?
怖いでしょ?

 

魂抜けてるの?
魂抜けてるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

透明度抜群の海。

 

マクロな南方種がいっぱいいる海。

 

通常なら主役になるはずなのに、今日ばかりは違う。

 

今日はこの2人。

 

 

 

 

 

 

いや、違う。右側のアツコさんだけ。

 

左のノドカさんは被害者だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『この石をつかんでーー!!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エア切れになったから?

・・・違います。

 

オクトパスを咥えながら、1人浮上しかけたから?

・・・いいえ、違います。

 

それは、こういう理由。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回僕は、エア切れになっても渡せない、と事前に伝えていた。

 

それは、小学生のカイトが100%エア切れになるから、

 

僕が渡さなきゃならない。

 

『エア切れになりそうだったら、

 

ノドカさんか、ナツさんにもらいに行って。』

 

っと伝えていたのに、

 

アツコさんはエア切れでもないのにノドカさんの元へ向かって、

 

がっしり腕を鷲掴みしていた。

 

 

 

 

 

地上にあがってきて、休憩しながら、

 

『あれは、どうしたんですか?』っと聞くと。

 

『だって、玉ちゃんが何かあったら、シノブさんのとこに行けって言ってたじゃん。』

 

 

 

 

 

ん?何か違和感が。まあいいや、とりあえず、

 

 

 

 

 

『何かあったらって言ってないですよー。

エアーが少なくなったらですよ。』

 

『えー、言ってたよ。シノブさんかナツさんに頼ってって。』

 

 

 

 

 

シノブシノブって誰??

 

 

 

 

 

シノブって誰ですか?』

 

『えっ、シノブさんでしょ。』

 

ノドカさんを指さして、言っている。

 

どうやら、名前を覚え間違いしていたみたい。

 

 

 

 

 

 

『だってシノブっぽいんだもん。』

 

静かな雰囲気は似ているけど、ニュアンスが全然違いすぎる。

 

 

 

長閑(のどか)・・・静かでのんびりとして落ち着いているさま。

 

忍び・・・隠れたりして、人目を避けること。人に知られないように、ひそかに物事をすること

 

 

 

うん、違うね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間違え探し。
間違え探し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなことをしたって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の力で泳ぎなさーい。
自分の力で泳ぎなさーい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなことをしたって、今日は負けたね。

 

 

 

 

 

 

 

『しのぶ』

 

これには、勝てない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾びれの黒い線は何?
尾びれの黒い線は何?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

 

 

なが~いなが~い

 

 

 

2019.09.08(日) 大瀬崎 透視度8m 水温26.2℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミジンベニハゼ その①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台風が接近しているため、この日向かったのは大瀬崎。

 

 

 

他が荒れていても、比較穏やかなポイント。

 

 

 

ちっちゃい生き物が好きな人、ただただ浮かぶのが好きな人、

 

 

 

貝集めが好きな人、中性浮力のスペシャリティがやりたい人。

 

 

 

好みの違う皆を一緒くたにして水中へと向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは僕の手本から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水中生物探すみんなを他所に、

 

 

 

僕とイッセイさんは黙々と中性浮力の練習。

 

 

 

イッセイさんが今日2本のダイビング中、

 

 

 

ずっとやっていた逆立ち練習。

 

 

 

これがまた難しい。

 

 

 

人差し指を第二関節まで差し、

 

 

 

その指をそれ以上に抜けることも、刺さることもなく、

 

 

 

自らの呼吸だけでキープしなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イッセイさんのタコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕たちが生物を探す最中、

 

 

 

イッセイさんは黙々と逆立ちになっている。

 

 

 

どうやら、逆立ちの奥の深さにのめり込んでしまったよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生物を探すべく、20m前後の水底を嘗め回すように見る。

 

 

 

『どこだ、どこだ、どこだ。』

 

 

 

どこを探しても見当たらない。なぜ。

 

 

 

固定の生物の位置情報は頭に入っていたのに。

 

 

 

 

原因は僕が自らの現在位置を見失っていたからだ。

 

 

 

今まで大瀬崎で迷子になったことがなく、焦ってしまった。

 

 

 

結局1本目は何も見つからず、窒素を溜めたのみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウミテング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屈辱的な結果になってしまったのを取り返すべく。

 

 

 

2本目、『はまゆう』のアイハラさんと綿密に打ち合わせ。

 

 

 

それはもう綿密に。落ちの無いように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

打ち合わせのおかげか、

 

 

 

2本目はすぐさまミジンベニハゼを見つける。

 

 

 

ちょっと一安心。

 

 

 

当たりを見渡すとガラス瓶に入っているタコや、

 

 

 

ミジンベニハゼ②も見つかっていく。

 

 

 

1本目がなんだったのか。謎だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミジンベニハゼ②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと乗りに乗ってきたところで、

 

 

 

タイムリミットがあと僅かに。

 

 

 

ウミテングを発見。しかもペア。

 

 

 

ラッキーなんて思ってみんなを集め、写真撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうリミットがヤバい。

 

 

 

急いで、戻ろうとする。

 

 

 

しかし、こういう時に限って止まるのがカイト。

 

 

 

貝が気になっちゃって、止まる。

 

 

 

タンクのバルブを掴み、安全停止ラインへと連行。

 

 

 

着いた頃には、なが~いなが~いそれはなが~い安全停止。

 

 

 

終わった人から上がってとお願いし、

 

 

 

水深4mでまったりストップ。

 

 

 

今日はうねりがなくて良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上達するイッセイさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わるころにはイッセイさんは、逆立ち名人に。

 

 

 

今度お会いした時は、お願いするときっとやってくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の後ろに隠れてぺろり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ログづけでカイトには、

 

 

 

『何もいなかった。』と書かれました。

 

 

 

子どもって正直すぎて時に残酷ですね。

 

 

 

僕は傷つきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嵐の後には・・・

6月16日 大瀬崎 透明度 10m前後 水温 20℃

 

大きな大きな低気圧が伊豆半島を通過した翌日。

 

その影響で残ったものは暴風。

伊豆半島の数あるダイビングポイントも、軒並みクローズ。。。

 

でもここだけは潜れる!そう!大瀬崎!

 

向かう道中、皆がすやすや眠るなか、

横風を受け揺れるハイエース。

 

やっぱ、風強いなーと思いながら、

ふっと目を覚ますと運転してくれていた玉ちゃんは上裸。

 

なぜ?ねぇ、なんで?

 

聞くと、横風で揺れないようにハンドルをしっかり持ってったらとっても暑くてたまらなくなったらしい・・・。

 

やっぱり変だ。(笑)

運転してる人裸って変でしょー!

一応、車にロゴ入っているのでその辺は・・・。

 

『だってしょうがないじゃないですか!暑いんですもん』と

半分キレ気味の半裸ボーイ・・・。

 

そんな変人に連れられ、大瀬崎に着くと、

心配していた透明度も、風が強く吹きすぎ海の中も潮が動いて、

一気に回復し、10m前後。良かったー!

 

大瀬くらいしか潜れてないので大瀬には人がいっぱい。

 

いつもなら、どこに○○がいるという情報のもと、探すけども、

 

(私、結構苦手なんですー・・・。)

 

でも今回は、生物いるところに人、人、人。

 

なんて簡単に見つかるのでしょ。(笑)

 

 

しろちゃん くろちゃん

 

檸檬ちゃん 円らな瞳

 

イバラタツ チュー

 

ひょっこり 貝みーっけ

 

小学生のカイトとキョウコさん親子は今日がアドバンス最終日。

 

見つけた生物をスケッチして、しっかりと生き物のお勉強。

 

まじめだー

 

なんだか、真面目にお勉強してますねー。

 

 

絵は上手に描けたのかな?

 

 

小学生の時にアドバンスまで取れるなんて、贅沢だなーっ。

うらやましいぞー。

 

強風のおかげで富士山ははっきりと見えるし、

後ろの白波が凄いね。

 

景色きれ―!

 

お昼ご飯は弥次喜多へ!

 

 

一番ボリューミーな弥次喜多定食に、

みんなからご飯ももらったトダケン。

 

苦しそうな顔しないで

もっとおいしそうに食べなさーい!(笑)

 

満腹

 

すなお

 

 

 

 

 

言っていた意味が分かりました。

 

 

 

令和元年5月6日(月) 田子 透視度8m 水温18.6~20.0℃

 

 

 

 

 

遂に外洋に出たキョウコさんとカイト。

 

何万匹ものカタクチイワシの群れに囲まれながらの安全停止。

 

辺りをきょろきょろ、きょろきょろ見渡す。

 

よっぽど感動したのか、カイトのログ付けのコメントには、

 

『イワシが腕にぶつかりました。強かったです。』

 

 

 

 

 

 

前日までボーイスカウトで5日間山籠もりしてたカイト、

 

疲労で不機嫌だった朝と比べて、

 

2本目が終わったら嘘のような表情。

 

まあ、この海を見たら、そうなるよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

『助手席ってテンション上がりますね。』

 

と、初の助手席でウキウキしているアヤカさん。

 

潜るのは、約5か月ぶり。

 

久々のダイビングには、ちょうど良い日かもしれない。

 

 

 

初めての外洋、ボートになるキョウコさんとカイト。

 

出船する前に長めの説明。

 

ボートの名称、エントリー・エキジットの仕方、

 

注意しなきゃいけないポイント、面白さ。

 

念入りに説明。

 

 

 

 

 

 

僕のBCDの脇バンドの端末を、

 

ギュッと握りしめながら泳ぐカイト。

 

水底は果てしなく遠く、

 

どこまでもどこまでも落ちて行けそうな海に

 

少しビビりながら泳ぐ。

 

 

 

今までなんなくこなしていた中性浮力も、

 

興奮や恐怖心でめちゃめちゃに。

 

貴重な経験だね。

 

12歳でこれを体験できるのが羨ましい。

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて潜る洞窟。

 

薄暗ーい中、手持ちライトで明かりを照らし、

 

壁についているウミウシを探す。

 

アヤカさんは、久々に使うカメラで、

 

ちょこっと練習。

 

 

 

のはずが、ほとんど明るすぎる写真に。

 

カメラ練習しましょ。

 

 

 

『言っていた意味が分かりました。

 

あれは練習しないと大変ですね。』

 

帰ってきてからキョウコさんが言った言葉。

 

他の人にも聞かせてあげたいですね。

 

 

 

でも、終わりじゃないですよ。

 

地球上にはまだまだ面白い海が広がっているはず。

 

僕も大して知らないけど。

 

ゆっくり上手くなって、いろんな海、楽しみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

迷子になったおかげで

 

 

平成31年3月18日(月) 平沢:らららサンビーチ 透視度8m 水温16.3℃

 

 

 

 

 

 

 

 

僕がOW講習からずっと一緒に潜ってきたキョウコさんが

 

ついにマイドライを持つことに。

 

それを初めて知った11歳の息子カイトは、

 

『いいなー、いいなー。お母さんだけずるい。僕も欲しい。』

 

と懇願する。

 

そんなことしたら、

 

あと5,6年は身長がグングン伸びていくだろうから、

 

毎年買い替える羽目になっちゃうでしょうね。

 

ドライスーツ5着もあったら、邪魔でしょうがないでしょうね。

 

そんなやり取りを横から眺めているコウヅさんとホノカちゃん。

 

 

 

 

 

 

キョウコさん、カイトはもう本数が10本にもなるが、

 

まだ大瀬崎しか行けていない。

 

どうにか違う所に行きたい。

 

しかもキョウコさんは初ドライだから、

 

近めでゆっくりできる所が良い。

 

 

 

しかし、この日はあいにくの東風、しかも強風。

 

また大瀬崎か~と考えていた前日。

 

マサさんから、「らららサンビーチに行ってみたら」と一言。

 

西伊豆だけど、大瀬崎より近く、風の影響を受けにくいらしい。

 

しかも、亀が見れるらしい。

 

じゃあそこに向かいましょう、

 

と向かったは静岡県は沼津市西浦平沢・らららサンビーチ。

 

 

 

 

 

 

初めて訪れるポイント、施設に

 

ちょっとぎこちなさを出しているぼく。

 

一方で、初めて来たポイントでテンションが上がる、

 

MSDのコウヅさん。

 

何も遮るものがなく、

 

目の前に見える富士山と海を撮るホノカちゃん。

 

広大な敷地を走りまくるカイト。

 

そのカイトを心配そうに見つめるキョウコさん。

 

皆、状況が様々。

 

 

 

 

 

 

 

久々に潜るホノカちゃん、

 

中性浮力が苦手という事でみっちり練習。

 

うつ伏せで慎重に慎重に空気を入れるため、

 

なかなか浮いてこない。

 

じーっと待っても動かない。

 

ぼくとコウヅさんは顔を合わせ、生きてるか少し不安になり、

 

ホノカちゃんの顔の前で手を何度か振るくらい、動かない。

 

やっと動いたと思ったら、

 

隣にいたカイトが『ばたばたばたー』っと、砂を巻き上げ、

 

辺り一面砂だらけに。

 

 

 

 

 

 

こちらが証拠写真。

 

一瞬皆見えなくなったんで焦りました(笑)

 

 

 

 

 

 

MSDのコウヅさん、水中でカメラを向けるとこのポーズ。

 

地上で『いないなー』って思うと、睡眠中。

 

さすがMSD、余裕があるなーって思ってると、

 

突然1人で浮上しかけてる。

 

慌てて空気を抜いて、難を逃れる。

 

奇跡的に目撃者は僕だけでしたねー、

 

でも油断大敵ですよ。

 

 

 

 

 

 

この日の2本目、事件は起きていた。

 

それは僕が水中で迷子になったこと。

 

初めての場所ということもあり、

 

慎重に慎重にと思っていたけど、

 

カメを探しにぐるぐる、ぐるぐる泳でいたら、

 

迷ってしまった。

 

これはヤバいと思い、

 

とりあえずコンパスで東の方向を確認し、泳ぎ始める。

 

なんとなーく傾斜が浅くなっていることを感じながら、

 

ひたすら東へ。

 

遠ーいなーと思いながらも、ようやく水深4mまで戻ってきて、

 

周りの景色を確認。

 

『よしよし、この景色、覚えてる。』

 

ちょっと安心しながら、さらに浅い方へ。

 

『ん?何か海藻の間から出てる。フランスパンみたいな形だ。』

 

よーくその異物をみると、

 

『カメだ!!』

 

 

 

 

 

 

一目散に皆を呼び、

 

レギュレータを咥えながら『カメカメ』と叫ぶ。

 

人生で初めてカメを見るカイト、

 

伊豆で初めて見るホノカちゃん、コウヅさん、キョウコさん。

 

皆でカメを囲み、観賞をする。

 

 

 

 

 

 

上がってきてからの皆の表情。

 

毎回見れたら幸せなんだろうなー。

 

いや、毎回だと感動が薄れちゃうかも。

 

まあ、とりあえず今日は迷子になって良かったぁ。

 

 

 

 

 

ゆきや