タグ別アーカイブ: 家族の趣味

4人兄弟になりました。

 

 

 

2019.10.5(土) 江の浦 透視度5~7m 水温24.4℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神津島にダイビングをやりにチャレンジすること2回。

 

毎度毎度台風に旅行を台無しにされ、行先を伊豆へと変更。

 

しかし、伊豆も台風の影響で、行けるのは大瀬崎のみ。

 

ウサミさんは、経験本数が10本。

 

その10本すべてが大瀬崎、湾内。

 

大瀬崎しか知らない男、ウサミさん。

 

 

 

 

 

 

今日は果たして行けるのか。

 

また大瀬崎ではないのか。

 

あえて大瀬崎にしてしまうのか。

 

悩みどころ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さー、ここはどこでしょう。
イシダイ?・・・大瀬崎?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選択肢は、大瀬崎か江之浦。

 

透視度がベストな大瀬崎か。

 

行ったことのない江之浦か。

 

ウサミさんに問う。

 

 

 

 

 

即答でした。

 

『大瀬崎以外で。』

 

そして、江之浦へと向かった。

 

 

 

 

 

初ドライのハガママ。

 

ウェットスーツではあまりにも寒くかったみたいで、

 

パパさん、みのりちゃんの勧めもあり、

 

ドライスーツに挑戦。

 

『これで寒かったら、私今後ダイビングしないと思います。』

 

恐ろしい一言を放たれる。責任重大。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だーれだ。

 

どっちが泳ぐの上手でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドライスーツへの空気の入れ方に苦戦しつつも、

 

さすが、60本近く潜っているだけはある。

 

意外とあっという間に慣れちゃった。

 

しかも、全く寒くなく、快適だったみたい。

 

ホッと一息。肩の荷が下りる。

 

 

 

 

 

ウサミさんと言えば、石を岩にがんがん叩き、

 

イシダイを呼び寄せている。

 

時より、イシダイがウサミさんに突っ込んできて、

 

ビックリする。そして、笑っている。

 

どうやら、大瀬崎以外の海を堪能しているみたい。

 

今までで一番面白かったそう。

 

こっから体験する海はもっともっと期待していいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『なんだこの物体は。』
ど、ど、どらえもん?

 

 

 

パパさん、撮るの近すぎ(笑)
これは、貝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運よく、『一吉丸』に入ることができ、

 

美味しいご飯タイムのスタート。

 

絶品の『塩辛』、『もずく』を堪能しながら、

 

ビールをクイッ。

 

 

 

『そんなに塩辛進めて、大袈裟じゃないですか。

後悔しますよ。』

 

と疑っていたウサミさんも、口に入れた瞬間、

 

『フフッ。確かにこれは旨い。』

 

ビックリしていた。

 

 

 

 

 

ママさんは、いつの間にか『ハガのママ』だけでなく、

 

『玉手のママ』にもなっていた。

 

息子さんと大して歳の変わらない僕、

 

刺身を分けてくれ、

 

もずくを与えてくれ、

 

ご飯の食べっぷりに絶賛していた。

 

僕の食べっぷりを見て、あんなに喜ぶのは、

 

きっと実の母以上。

 

 

 

これからハガ家は、

 

3人兄弟ではなく、4人兄弟に変更だな、これは。

 

もちろん、僕が長男です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張って、踏ん張って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウサミさん、今月末の神津島リベンジ前のAOW講習、

 

厳しくやりますよ~。覚悟していてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

 

 

 

ぐるぐるぐるぐる回って、浮く。

 

 

 

2019.8.6(火) 井田 透視度1~12m 水温27.4℃

 

 

 

 

 

世の中が21世紀になる頃、一番初めのライセンス、

 

オープンウォーターを取ったユウコさん。

 

そこから約20年後、母になり、

 

再び海の中へ。

 

 

 

 

 

その当時の海がどれだけ凄いのか、面白いのか、

 

正直僕には分からない。

 

それでも今日の井田は負けていないと誇る事が出来る。

 

それだけ今日の海は、凄かった。

 

 

 

 

 

久々の海に感動。

 

 

 

 

 

浅い所は透視度1mにも満たなかった。

 

入って早々、『大丈夫か?』と心配になるほど。

 

急いで、斜面の方へと移動する。

 

久々のユウコさん、OWライセンス取って初のケイコさん。

 

どこかに視界が良いとこはあるのではないかと、

 

前へ前へと突き進む。

 

 

 

 

 

ようやく斜面へと到着。

 

するとそこには、めちゃくちゃ良いとは言えないけど、

 

なかなか良いエリアだった。

 

 

 

 

 

久々ー

 

 

 

 

 

難しい浮力練習をしながら、スーッと泳ぐ。

 

・・・なかなか上手。

 

久々とは思えない動き、少しびっくりしながら、

 

井田の奥の方へと進んでいく。

 

 

 

 

 

タカベまみれ

 

 

 

 

 

『これがクロホシイシモチだよー。』

 

『これはタカベだよー。』

 

『ソラスズメダイだよー。』

 

なんて言って、生物を見ていると、

 

急に目の前がアナログテレビでよく発生した砂嵐のように。

 

ビックリして辺りを見渡すと、そこにはイワシの大群が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何万匹というイワシが、次から次へと目の前を去っていく。

 

中にはパニックになっているイワシまで。

 

恐らく何かに追われているのだろう。

 

しかしその何かは見当たらない。

 

分かるのは1つ。

 

ケイコさんとユウコさんがぐるぐるぐるぐる回っていること。

 

そして、浮いていっていること。

 

ただそれだけ。

 

 

 

 

 

ビックリする気持ち、テンションが上がる気持ちも、

 

よーく分かります。

 

ただ、浮いて行かないでください。

 

カメラを構えながら、1人を捕まえ、降ろし、

 

ちょっと落ち着いたと思ったら、

 

また1人が浮いていき、捕まえ、降ろす。

 

忙しいじゃないですか。

 

次はもうちょっとレベルアップして、

 

ゆーっくり見ましょう、お互いに。

 

 

 

 

 

ケーコさんを嫌がってるの?

 

 

 

 

 

『このギョサンねー、・・・』たぶんこんな会話。

 

 

 

 

 

ユウコさん、今度は家族3人で今日のような景色を

 

堪能しましょう。

 

ケイコさん、スーツ着る時顔なぐってごめんなさい。

 

仕返しはいつでもお待ちしております。

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

非協力的な一面

 

 

 

令和元年6月29日~30日(土・日) 田子 透視度8~12m 水温23.4℃

 

 

 

 

 

 

 

 

経験本数70本弱。

 

今までいろんなポイントを潜り、

 

深い所も行ったことのあるアオヤマ家。

 

 

 

ちゃんとした講習を受けていた方が良いと思った、タケオさん。

 

その考えは間違いなく正しいですね。

 

 

 

 

 

 

まるで本当の訓練ような姿の2人。

 

さすがそういう所で働いているだけある。

 

水中でのチームワーク◎。

 

 

 

ただ、ドライスーツは初めて。

 

経験本数は4本。

 

果たして上手くいくのだろうか。

 

 

 

ユウキ大好き、ウツボ

 

 

 

今までにほとんど体験したことがない感覚、ドライスーツ。

 

慣れない感覚に悪戦苦闘しながらも、

 

少しずつ。少しずつ上達していく。

 

 

 

まだまだ水中に慣れてないチカラさん、マサタカさん。

 

水中での動きが激しく、毎回エア切れ間近。

 

本人もそれを気づいていて、

 

どうやったらエア持ちが良くなるか考えながら取り組む。

 

 

 

その考えながらやるのが大事。

 

そういう人ほど、上達していくもんだよ。

 

気長にやりましょう。

 

 

 

沖縄にも負けない量

 

 

 

皆が待ち望んでいた、ナイトダイビング。

 

真っ暗な世界に恐る恐る入っていく。

 

日中とはまるで違う景色に目を丸くしながら進んでいくと、

 

そこには巨大なヒラメ、ヤドカリ、スナダコ、タツノイトコが。

 

 

 

普段見ることの出来ない生物に感動しながら、船へ戻ると、

 

 

『楽しかったぁ・・・・・・、

 

ですけどカメラを犠牲にしました。』

 

 

とマサタカさんが告げてくる。

 

『なにー!!!』っと思い、

 

話半ばに急いでダイブ。

 

 

 

すると、ボートの真下で無事救出。

 

『この代償は凄く大きいですよ。』

 

 

 

そして夜を向かえた。

 

 

 

疲労で爆睡

 

 

 

普段とは違う疲労のせいか、すぐ爆睡。

 

『チカラさん弱いなー』、なんて思っていると、

 

僕も1時間には夢の中へ。

 

気づいたら布団がかけてありました。

 

マサタカさん、ありがとう。

 

 

 

至福のひと時

 

 

 

アオヤマ家は、地上では協力的な家族なのだが、

 

水中では非協力な一面が垣間見える。

 

 

 

ナビゲーションの時、

 

コンパスと自分の間隔を頼りに四角形を作って

 

元の位置に戻ってくる練習がある。

 

『3人で協力してね。』

 

っと伝えスタートすると、

 

各々が別々のペースで泳ぎ始めた。

 

四角形の形も違ければ、泳ぐスピードも違う。

 

まさに自由。

 

水中でも地上と同じく協力しあってくださいね。

 

 

 

本数は違うけれど、AOW認定日は一緒。

 

気持ちを切り替えて、楽しみましょう。

 

改めておめでとうございます。

 

 

 

 

 

ゆきや

とある家族について。

6月23日(土) IOP(伊豆海洋公園) 透明度:12~20m 水温:18~20℃

 

透明度抜群のIOPで潜り、
伊東の馴染みの海鮮屋さんで胃袋を満たし、
お店に帰ってくると・・・

 

 

江の浦で海洋実習を終えたママさんがおかえりー。って。

 

 

ユミちゃんファミリーが揃いましたっ

 

 

ファミリーダイバー#家族の趣味
たまたまお揃い。笑

 

 

ユミのご家族について話させてください。

 

 

初めてユミに会ったのは初心者ツアー。

 

江の浦の特大イシダイに、芸人か!ってツッコミたくなるリアクション。
天然発言が多すぎて話がかみ合わず。←あ、これは私のせいもある?

 

そんなユミが、お母さんのほうがもっと天然なんですっていうから、
お母さん連れてきてよ!って言ったら、お父さんが来ました。

 

 

初めてユミのお父さんに会ったのは学科講習。

 

ヨット乗りで、職人さんのようなカッコいいパパ。
ユミに追いつくべくアドバンスを取得して、今日は一緒のツアー。
と思ったら、日程表には同じ名字が3人・・・

 

 

初めてユミのお母さんに会ったのも学科講習。

 

問題に答えるだけでなぜか大笑い、笑いが絶えず。
心配性だからやりたくなかったんですって言ってたのに、
学科終わりには、始めたからには楽しみ!ってポジティブで明るいママ。

 

 

そんな3人が揃った今日は、ユミの50本記念。

 

50本記念ダイビング#家族ダイバー
おめでと〜ユミ!

よくここまで潜ってきました。
そしてこれから始まるダイブマスター講習、頑張ろうね。

 

パパさんとママさんの愛情に守られてすくすくと育ったユミ。
これからお父さんやお母さんをアシストしてくれるのかー。
と、ちょっとワクワクしちゃうのでした。

 

PADIダイブマスター講習#IOPツアー
早速見守ってる(笑)

 

 

そして、今日の海。
前置きが長すぎ??笑

 

キホシスズメダイ#IOPダイビングツアー オキナワベニハゼ#IOPダイビングツアー

 

ウミテング#IOPダイビング テンスの赤ちゃん#IOPダイビングツアー

 

ミサキスジハゼ#IOPダイビングツアー

 

カミグチさん、ナツコさんの写真がもー綺麗っ

 

タカハシさんのライトがもー眩しいっ

 

お久しぶりのアッコさん、タンク逆ーっ・・・

 

 

メインは短め?

 

そして、〆。笑

 

伊東ランチ#食事処花季

 

何に笑ったのかは忘れちゃいましたけど。
金目鯛がひじょーに美味しかった記憶は鮮明です。。。

 

金目丼#伊東ランチ#花季

 

みか

たのもしいダイバー。

2017.12/10 伊東ボート

 

しぶやファミリーのリクエストで、ベストボートツアーでした!!

海的に東の方が穏やかそうで、透明度もここ最近、よい。

 

今年の潜り収めになるみんなの目的地は、伊東に決めちゃいました!!

 

foto by Gossy
foto by Gossy

ごっしーさん、なつさん、かつさん、きよかわご夫妻も加わり、

 

なかなか、賑やかな人数に。

 

マサさんチーム、僕チームに別れて、潜ったのでした!

 

水中では別チームだったからあまり見れなかったんだけど、

写真見たら・・

 

たつきと、いつきが、たのもしくなってきたー!!

 

シブヤファミリーちーむ背中が広くなった。

 

タンクを背負った後姿なんか、半年前となんか違う気がするのです。

 

なんかこう、広くなったような。

 

しかも、ドリフトスペシャリティやってたもんね。

 

水中もおかあさんのエアーを気にしつつ。

本当にたくましくなった。

 

 

僕チームはカメラを手に、水中生物をザクザク探しました。

ゼブラガニムチカラマツエビクダゴンベ

 

クダゴンベが大量に現れている今年の伊東・・!!

 

白根南にもいたし、尾根残しにもいて。

 

全部で4個体!!いすぎだと思います!!(笑)

 

ふつうこんなにいません!

ホシゴンベハタタテハゼ!!アカホシカクレエビ

伊豆では珍しいホシゴンべ、ハタタテハゼ。

 

ナツさんのお写真をお借りしました。

 

 

ワイドも絶好調な青さで、

ゴッシーさんの写真が綺麗だったので、使わせて頂きますー!!

 

青い!!

 

お昼ごはんは花ごよみ♪

カッシー丼

 

この日だったかな・・。マスターが、忘年会ツアー23,24でしょ??って言ってきて。

 

違うって!!16,17!!

 

えー?まじー??・・・・うち23,24だと思ってた・・。

あ、良かった、16,17空いてる。へへへ。(笑)

 

・・って。あっぶねー。

 

大変なことになる前に気付いてよかったです。(笑)

 

のり買わされたマサさん。

集合写真。

 

マイさんからのりを買ってくるよう指令を受けていた、マサさん。

 

 

 

もしかして自腹で買わされたのでしょうか

 

なぜか、泣いていました・・。

 

かっしー