yukiya のすべての投稿

多種多様な面々

 

 

 

2019.8.26~27(月・火) 大瀬崎・井田 透視度3~10m 水温27.6℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多種多様な人が集まるスポーツ、ダイビング。

 

 

 

このお泊りも面白い人5人が集まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい顔してる!!
あれ一人足りない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怪我した回数は数知れず、話せばネタの宝庫のユカさん。

 

男前なフリして何気にお化けが大っ嫌いなアユミさん。

 

早寝早起きのノブエさんとケトジェニックのケンタさん。

 

結構毒舌なナナミちゃん。

 

将来禿げる予定のぼく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さ~行くぞー!
器材・・・・重いなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重たい器材。

 

 

果てしなく感じる砂浜。

 

 

ジリジリ照りつける日光。

 

 

ちょっと辛い陸地を乗り越え、いざ海の中へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見失わないよーに。慎重に。

 

美味しそう!!

 

夫婦で助け合い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

透視度3m。

 

 

お互いが見えにくい中、目を凝らす。

 

 

目を凝らすと、そこには砂煙が。余計見えない。

 

 

見えないストレスと戦いながら、

 

 

迷子にならないように、迷子にならないように気を付ける。

 

 

時には迷子になったり。

 

 

そんな経験をしながら、楽しみの夜へと移る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケトを極めし男

 

あつ~い

 

疲れたな~

 

曇っているけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しい美味しい、それは美味しい晩ご飯。

 

 

ボリューム満点の食事に箸が進む。

 

 

そして、オヤジのお気に入りになるアユミさん。

 

 

『イエちゃん旨いか?』

 

 

『イエちゃん飲んでるか?』

 

 

『どうだイエちゃん、辛いか?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユカさん、見過ぎです。
ユカさん、見過ぎです。

 

 

 

 

 

 

 

 

部屋では、何故かぼくの過去を根掘り葉掘り。

 

 

思い出し、悲しくなる僕。

 

 

それを見て、喜ぶナナミちゃん。

 

 

母のように眺めるユカさん。

 

 

押し入れに入ろうとするアユミさん。

 

 

突っ込みどころ満載の面々に夜は笑いが止まらなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

模範のような『アーッ』

 

 

使い方聞いてませんでした。
使い方聞いてませんでした。

 

 

正解!
正解!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事全員が合格。

 

 

ご飯屋の時間がギリギリに迫ってきたため、

 

 

急いで車を走らせる。

 

 

 

 

 

 

結果、間に合わず。

 

 

5分の4で車酔いになる。

 

 

締まりが悪かったなあ。

 

 

ただ、疲労と車酔いの体には、

 

 

味のまご茶漬けが沁みた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲーージいくつー?

 

 

 

 

 

 

 

 

ケンタさん、ノブエさん、仲良くするんですよ。

 

 

進むときは振り返って、

 

 

お互いがちゃんといる確認してくださいね。

 

 

 

 

 

 

皆、ほんとうにおめでとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

 

 

メキシコからの強者

 

 

 

2019.8.25(日) 熱海 透視度8~12m 水温19.6~25.2℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日のリクエストは『ベストワイドボート』。

 

 

 

前日に行った熱海があまりにも良すぎたため、

 

 

 

今日も熱海を推してみた。

 

 

 

僕のリクエストが通り、皆は熱海へと向かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気はバッチリ。あれ1人いない・・・?

 

 

 

 

 

あ、いたいた!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顔がキマッているターナーさんを無視して、

 

 

 

深ーい深ーい沈船へと向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泡まみれ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水深29m。

 

 

 

このエリアの水の温度は19℃台。

 

 

 

ウェットスーツで潜っていると、

 

 

 

辺りの寒さに集中力を欠くレベル。

 

 

 

それなのに、1人不思議な人が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あのー、ちょっと格好が・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメノさんだ。

 

 

 

なぜ、半そで短パンなの。

 

 

 

ここは常夏の南国ではないんです。

 

 

 

伊豆なんです。

 

 

 

ずっと潜っていたメキシコよりも圧倒的に寒いはず。

 

 

 

なぜ・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱海は寒いねー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラダイの乱舞に目を輝かせながら、泳ぐターナーさん。

 

 

 

ただ、僕の心には1つ不安なことが。

 

 

 

それは前日程のイワシとイナダの群れが来るかどうか。

 

 

 

正直不安でしかない。どうしよう。

 

 

 

前日に行った壮大なソーダイ根の周囲を

 

 

 

ぐるりぐるりと泳ぎまわる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ、何もいない。なぜ。

 

 

 

一生懸命泳ぎ回ってもいるのはキンギョハナダイのみ。

 

 

 

どんどん焦りが出始める。

 

 

 

焦りとともに流れも出始める。

 

 

 

その瞬間・・・、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目の前に大量のニザダイの群れが。

 

 

 

万事休す。助かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地上へ帰ってきて、ヒメノさんへ問う。

 

 

 

『寒くないんですか?』

 

 

 

『ちょっとヒヤッとするくらいですね。』

 

 

 

メキシコからの強者。

 

 

 

熱がりの僕も、勝てないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

 

 

 

壮大ね・・・。

 

 

 

2019.8.24(土) 熱海 透視度12~18m 水温21.6℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は正直、沈船は好きでも嫌いでもない。普通だ。

 

 

 

それはアサミさんも一緒。

 

 

 

今まで『熱海=沈船』というイメージがあったので、

 

 

 

避けていたそう。

 

 

 

それでも今日は熱海へ向かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんまりこっち見ないでください・・・

 

 

 

 

 

思いっきり楽しんでいるアサミさん

 

 

 

 

 

沈船はどこ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沈船好きじゃないけど、

 

 

 

行ったことのなかったアサミさんは大興奮。

 

 

 

沈船の周りは、サクラダイとアカオビハナダイが乱舞していて、

 

 

 

その周りをタカベやらアジやらが右へ左へと行き来する。

 

 

 

船の中は、ネンブツダイとムツでごった返す。

 

 

 

一寸先は魚しかいないそんな状況、

 

 

 

沈船好きじゃなくてもダイバーなら楽しめるに決まっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沈船に行きたがっていたヨヤスちゃんとケンゴさんは

 

 

 

静かに喜ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沈船だけじゃない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

想像以上だった沈船を終え、皆はハイテンションに。

 

 

 

『次はどこに行くのー?』と期待の声があがる。

 

 

 

『ソーダイ根っていうポイントに行きます。』

 

 

 

『どういう感じのとこ?』

 

 

 

『壮大な根です。』

 

 

 

『・・・・・・。』

 

 

 

なんていう皆の期待を下げながら、2本目へと向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水中に入ると僕のしょうもないダジャレは、

 

 

 

一瞬にしてかき消された。

 

 

 

右へ、左へと何万匹ものイワシの群れ泳ぎ回る。

 

 

 

それと同時にみんなの顔も右へ、左へと動く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワシの次はイナダの群れ。

 

 

 

物凄いスピードであっちへこっちへ泳ぐ。

 

 

 

カメラのフレームには納まらない程の量に

 

 

 

感動を覚える。

 

 

 

正直今まで熱海で潜った中でダントツで楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソーダイ根は本当に壮大な根。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕のダジャレは、嘘ではなかった。

 

 

 

『ソーダイ根は正しく壮大な根。』

 

 

 

文句無しです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

 

 

日帰り伊豆周瑜ツアー

 

 

 

2019.08.23(金) 北川 透視度12m 水温21.2℃

 

 

 

 

 

前日正午過ぎ、僕の携帯に着信が入る。

 

 

 

マサさんからだ。

 

 

 

嫌な予感をしながら電話をとると、

 

 

 

内容は、翌日に控えている神子元ツアーについてだった。

 

 

 

西風強風の予報。出航するかどうかは、朝判断。

 

 

 

それでも、出船することに期待を持ちながら、

 

 

 

その日は寝床についた。

 

 

 

 

 

『眠いなあ。』

 

 

 

 

 

早朝5時30分、ミヤノさん、サユミさん、カナメちゃん

 

 

 

そしてショウイチロウさんが店に集合。

 

 

 

前日届いた情報をそのまま皆へ伝える。

 

 

 

全員予想はしていたようで、理解が早かった。

 

 

 

ただ、望みは捨てず、神子元へと向かった。

 

 

 

片道約3時間。距離にして約200㎞。

 

 

 

長い道のり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AM7:30、電話はまだ来ない。

 

 

 

次第にソワソワしてきた皆と僕。

 

 

 

神子元へ近づいていく車。

 

 

 

どんどん天候は悪くなってくる。

 

 

 

居ても立っても居られなくなり、

 

 

 

すぐ電話をした。帰ってきた返答は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『まだ、判断しきれていない。8時まで待ってほしい。』

 

 

 

行けるなら行きたい。その思いを伝え、

 

 

 

ダメな場合を想定して、周りのポイントへ電話を始める。

 

 

 

今のところ北川が行けそう。

 

 

 

しかも皆行ったことのないポイント。

 

 

 

ダメならここにしよう。

 

 

 

 

神子元からの電話を待つため、

 

 

 

セブンイレブンの駐車場へと入る。

 

 

 

8時3分、『ピッ、ピッ、ピッ。』と携帯が鳴る。

 

 

 

車内は沈黙し、僕の反応を見ている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果、クローズ。

 

 

 

落ち込んでいる暇はない。

 

 

 

北川に急いで連絡し、予約をとる。

 

 

 

『実は今雷待ちしていて、出れるか分かんない。』

 

 

 

まさかの事態に衝撃を受けながらも、

 

 

 

ゆっくりゆっくり東伊豆へと方向を変える。

 

 

 

この時の皆の心情は、

 

 

 

『北川もだめかー、どこ行こうかな。』、だったそう。

 

 

 

 

 

ダイビング後の温泉

 

 

 

 

 

北川に到着。

 

 

 

船長は出船し、潜れるかどうかの状況を判断中。

 

 

 

またこの時間が訪れる。本日2回目。

 

 

 

変な緊張が辺りを包み、

 

 

 

他のショップの方は顔が曇っている。

 

 

 

僕たちは、2度目だからむしろ開き直っている。

 

 

 

 

 

無事出船が決まった。

 

 

 

ホッと一息つき、僕たちはこの日のダイビングを楽しんだ。

 

 

 

 

 

気を取り直して!!

 

神子元っぽい①

 

神子元っぽい③

 

 

 

 

 

水深5m以深は水温20度台。激寒。

 

 

 

心残りは、やはりハンマーヘッドシャークだ。

 

 

 

それが悔やまれる。

 

 

 

土俵に立つことすら出来なかった、この無力感。

 

 

 

帰店してから、

 

 

 

翌月決まっている神子元ツアーの日程を各々が頭にいれ、

 

 

 

店を去っていった。

 

 

 

皆リベンジに燃えている。もちろん僕も。

 

 

 

来月が楽しみでしょうがない。

 

 

 

激動の日帰り伊豆周瑜ツアー、これにて終了。

 

 

 

 

 

ええっ!こんなのいたの、カナメちゃん。

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

時は遡り、8月3日。

 

 

 

2019.08.03(土) 江之浦 透視度3~5m 水温24.2℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マヤさんに言われるまで気づかなかったなあ。

 

 

 

まさか飛ばしていたなんて。

 

 

 

自分で気づくべきですね。

 

 

 

ごめんなさい。そしてありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれは灼熱のように暑い日、そう8月3日。

 

 

 

マヤさん、トモロウさん、タクちゃん、

 

 

 

リョウさん、ミクちゃん、そしてぼく。

 

 

 

計6人で江之浦に向かっていた。

 

 

 

 

 

人の運転する車にはあまり乗らないトモロウさん、

 

 

 

行き車の中で一睡もすることなく、揺られていた。

 

 

 

『今何キロだろう?』 『周りの車をよく見てるなー。』

 

 

 

なんて思っていたらしい。

 

 

 

僕もそんなに見られたら、ちょっと緊張しちゃいましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手をつなぐ①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『海の中にはデカいイカがいそうで怖い』

 

 

 

っと言っていたマヤさん、

 

 

 

久々に潜るトモロウさんと手をつなぎ楽しでいた。

 

 

 

最初から最後まで互いの手を握りしめ、

 

 

 

ゆっくりゆっくり泳ぐ。

 

 

 

そしてエア切れになりかけるトモロウさん。

 

 

 

手を握っている場合ではないトモロウさんを

 

 

 

それでも離さないマヤさん。

 

 

 

空気よりも愛が勝っちゃうんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手をつなぐ②

 

スズメダイ

 

コンパス完璧

 

誰だろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中性浮力の練習をして、フラフープ潜りへと向かう。

 

 

 

なかなか上手なみんなを見て、いい感じだなぁと感じていると、

 

 

 

マヤさんの出番が訪れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・引っかかてますよー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピースをして、勝ち誇った様子。

 

 

 

でも、よーく見るとタンクのバルブががっつり引っかかますね。

 

 

 

それでも突き進むマヤさん。

 

 

 

引っ張られていくフラフープ。

 

 

 

フラフープさん可哀そうに。

 

 

 

マヤさん、違和感を感じたら止まってね。

 

 

 

大抵何か起きてるから(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カレーも食べたかったなぁ。美味しいのに・・・。

 

 

 

前日にカレー食べちゃダメですよー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良い喉ぼとけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水中では、夫婦愛を見てほっこりして、

 

 

 

地上では、助手席に座るタクちゃんの喉ぼとけを眺める。

 

 

 

綺麗な喉ぼとけだよねー。惚れ惚れするなぁ。

 

 

 

でも、そんな口開けてたら、喉痛めて風邪ひいちゃうぞ。

 

 

 

 

 

 

次口開けて寝てたら、セロハンテープで止めてあげる。

 

 

 

大切な喉ぼとけ、大切に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな8月3日の出来事。

 

 

 

遅くなってごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや