何かと忙しい都会生活!
それでもダイビングを通じて海を身近に生活してるスタッフ達の不定期日記。

マサシ:筋肉の貯金はできる

マサシ:
筋肉の貯金はできる

ミカ:トイレ近い

ミカ:
トイレ近い

マイ:一番エライちび

マイ:
一番エライちび

スナオ:黒い。無知。

スナオ:
黒い。無知。

ユキヤ:祖父農家 米安定供給

ユキヤ:
祖父農家 米安定供給

マサ:脳が硬式野球

マサ:
脳が硬式野球

【質問:準備編】ドライスーツのインナーは何がいい?

 

 

【質問:準備編】ドライスーツのインナー

 

 

明日は楽しみにしていたダイビング。
バッグに荷物を詰めて・・・あれ?

 

 

『この時期のインナーって、何着たらいいんだろう?』

 

 

今回は伊豆の海で潜る際の、12ヶ月のおすすめをご紹介しますね。

 

 

 

気温と水温

 

 

まず、ドライスーツのインナーの選択には2つの要素があります。

 

  1. 気温
  2. 水温

 

 

伊豆の年間平均水温と気温の表
伊豆の年間平均水温と気温(2019-2021)

 

 

ここで大切なのは、水温は気温の1~2ヶ月遅れという点です。

 

 

 

あるある失敗➀

 

春のぽかぽか陽気に惑わされて薄着インナーに衣替え
⇒海水温はまだまだ最低水温です。

 

海の中でガタガタブルブル・・・なんてことに。

 

 

あるある失敗➁

 

自分、寒がりなんで。陸では暑すぎるインナーの着込みすぎ
⇒陸で汗をかいてしまうと、肌表面が濡れている状態に。

 

すると海の中では・・・おわかりですね。

 

 

 

インナー購入時の注意点

 

 

次に、ドライスーツのインナーを購入する際の注意点。

 

  1. 専用インナーじゃなくても大丈夫
  2. 素材の吸湿性と速乾性が肝

 

今回はお家のタンスに眠っている洋服でご紹介。

 

 

ドライスーツはファスナーを締めると、内部が完全防水になります。
これ体を濡らさずに潜れる、ドライスーツ最大のメリット。

 

しかし、これは裏を返せば・・・
汗をかいても乾かない。内部の湿気が逃げない。ということです。

 

 

 

あるある失敗➂

 

温かいインナーといったらヒートテックでしょ!
⇒ヒートテックは、薄いのに水分を効率的に吸収発熱&発散するのが特徴。
しかし、ドライスーツの中は密閉状態。水分の逃げ場がないため発散されません。

 

結果、ただの薄い湿った服を着ている状態に・・・

 

 

 

ということで、上記を踏まえた、
箪笥の中は・・・

 

 

【上】
ボタンやファスナーやフードがない、クルーネック(丸首)型で、
あまりぶかぶかにならないサイズ感がベスト。

 

  • 綿素材の半袖Tシャツ
  • 綿素材の長袖シャツ
  • 綿素材の中厚手のトレーナー
  • 薄手のフリース素材の長袖(肌に直接触れる面がポリエステル100%素材のもの)

 

【下】
あまりぶかぶかにならないサイズ感で動きやすいものがベスト。
ズボンは裾がすぼまっているとスーツが履きやすいです。(ひざ下がゴワつかない)

 

  • ナイロン素材のピタッとしたタイツ+半ズボン
  • 綿素材のスウェット長ズボン
  • 裏起毛素材のタイツ+半ズボン
  • 表ナイロン裏起毛素材の長ズボン
  • 厚手で長めの靴下(登山用など)

 

大体この上下の組み合わせや重ね着をして一年中潜っています。

 

 

 

12ヶ月のインナーセレクト

 

 

ということで、伊豆の海で潜る際のおすすめのドライスーツインナーと、
12ヶ月分のコーディネート(?)を、勝手にセレクトしてみました!

 

 

暑がりさん、寒がりさんは適宜調整(笑)
オーシャントライブのスタッフで分けますと・・・

 

暑がり:玉ちゃん&みか
ふつう:マサシさん&マサさん
寒がり:すなおさん&マイさん

 

こんな感じです。
自分はこの人の体感に近い!という参考までに。
(え?当てにならない??笑)

 

 

 

伊豆の春の海のイラスト

 

 

3月・4月・5月:平均気温7~22℃ 平均水温16~19℃

 

上:薄手のフリース素材の長袖~綿素材の中厚手のトレーナー
下:綿素材のスウェット長ズボンor裏起毛素材のタイツ+半ズボン

 

水温の上昇は2ヶ月遅れ!インナーはまだまだ暖かいものを!
気温の変動が大きい季節。着込み過ぎると汗をかき、水中で冷えるので注意。

 

暑がりの方はもう、綿素材の長袖シャツ、
寒がりの方は3月はまだ、表ナイロン裏起毛素材の長ズボンが快適。

 

 

 

伊豆の夏の海のイラスト

 

 

6月・7月・8月:平均気温20~31℃ 平均水温20~25℃

 

上:綿素材の長袖シャツor綿素材の半袖Tシャツ
下:ナイロン素材のピタッとしたタイツ+半ズボン

 

とにかく陸が暑いので熱中症にならないように薄手の汗を吸う素材にしましょう!
7月くらいまで水温は低いので、水中はドライスーツが快適。

 

 

 

伊豆の秋の海のイラスト

 

 

9月・10月・11月:平均気温8~28℃ 平均水温22~27℃

 

上:9月は綿素材の長袖シャツ~11月は薄手のフリース素材の長袖
下:綿素材のスウェット長ズボンor裏起毛素材のタイツ+半ズボン

 

水温は一年で一番快適!だけど気温の変動が大きい季節。
気温に合わせて陸で身体が冷えないように注意!

 

 

 

伊豆の冬の海のイラスト

 

 

12月・1月・2月:平均気温0~12℃ 平均水温16~19℃

 

上:薄手のフリース素材の長袖+綿素材の中厚手のトレーナー
下:表ナイロン裏起毛素材の長ズボン

 

なにせ陸で体が冷やさないようにすることが大切!
12月はまだ水温温かめですが、着込み過ぎて損はないでしょう。

 

暑がりの方は、薄手のフリース素材の長袖一枚でOK、
寒がりの方は、裏起毛素材のタイツを重ねてもいいでしょう。

 

 

 

結局・・・

 

 

結局、当日の気温と水温のバランスを見るのが大切です!

 

 

ちなみに、年間をドライスーツで潜る想定ですが、
暑がり玉ちゃんと私は、
7~10月は確実にウエットスーツですね・・・笑

 

 

ではでは、参考になりましたら幸いです!

 

 

よくある質問を永久保存版にしようかな。と、画策中です。
(※内容はたまーに更新&改訂されます。)

 

こんな質問にも答えてほしいなどなどありましたら、
ぜひアイデアくださいっ。

 

 

ダイビング質問箱 >>>

 

 

みか

 

 

「【質問:準備編】ドライスーツのインナーは何がいい?」への2件のフィードバック

コメントを残す

TOP
> ブログ
> 【質問:準備編】ドライスーツのインナーは何がいい?