4人兄弟になりました。

 

 

 

2019.10.5(土) 江の浦 透視度5~7m 水温24.4℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神津島にダイビングをやりにチャレンジすること2回。

 

毎度毎度台風に旅行を台無しにされ、行先を伊豆へと変更。

 

しかし、伊豆も台風の影響で、行けるのは大瀬崎のみ。

 

ウサミさんは、経験本数が10本。

 

その10本すべてが大瀬崎、湾内。

 

大瀬崎しか知らない男、ウサミさん。

 

 

 

 

 

 

今日は果たして行けるのか。

 

また大瀬崎ではないのか。

 

あえて大瀬崎にしてしまうのか。

 

悩みどころ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さー、ここはどこでしょう。
イシダイ?・・・大瀬崎?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選択肢は、大瀬崎か江之浦。

 

透視度がベストな大瀬崎か。

 

行ったことのない江之浦か。

 

ウサミさんに問う。

 

 

 

 

 

即答でした。

 

『大瀬崎以外で。』

 

そして、江之浦へと向かった。

 

 

 

 

 

初ドライのハガママ。

 

ウェットスーツではあまりにも寒くかったみたいで、

 

パパさん、みのりちゃんの勧めもあり、

 

ドライスーツに挑戦。

 

『これで寒かったら、私今後ダイビングしないと思います。』

 

恐ろしい一言を放たれる。責任重大。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だーれだ。

 

どっちが泳ぐの上手でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドライスーツへの空気の入れ方に苦戦しつつも、

 

さすが、60本近く潜っているだけはある。

 

意外とあっという間に慣れちゃった。

 

しかも、全く寒くなく、快適だったみたい。

 

ホッと一息。肩の荷が下りる。

 

 

 

 

 

ウサミさんと言えば、石を岩にがんがん叩き、

 

イシダイを呼び寄せている。

 

時より、イシダイがウサミさんに突っ込んできて、

 

ビックリする。そして、笑っている。

 

どうやら、大瀬崎以外の海を堪能しているみたい。

 

今までで一番面白かったそう。

 

こっから体験する海はもっともっと期待していいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『なんだこの物体は。』
ど、ど、どらえもん?

 

 

 

パパさん、撮るの近すぎ(笑)
これは、貝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運よく、『一吉丸』に入ることができ、

 

美味しいご飯タイムのスタート。

 

絶品の『塩辛』、『もずく』を堪能しながら、

 

ビールをクイッ。

 

 

 

『そんなに塩辛進めて、大袈裟じゃないですか。

後悔しますよ。』

 

と疑っていたウサミさんも、口に入れた瞬間、

 

『フフッ。確かにこれは旨い。』

 

ビックリしていた。

 

 

 

 

 

ママさんは、いつの間にか『ハガのママ』だけでなく、

 

『玉手のママ』にもなっていた。

 

息子さんと大して歳の変わらない僕、

 

刺身を分けてくれ、

 

もずくを与えてくれ、

 

ご飯の食べっぷりに絶賛していた。

 

僕の食べっぷりを見て、あんなに喜ぶのは、

 

きっと実の母以上。

 

 

 

これからハガ家は、

 

3人兄弟ではなく、4人兄弟に変更だな、これは。

 

もちろん、僕が長男です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張って、踏ん張って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウサミさん、今月末の神津島リベンジ前のAOW講習、

 

厳しくやりますよ~。覚悟していてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。