旬な植物

 

 

 

2020.6.23(火) 井田 透視度10m 水温21.2℃

 

 

 

 

 

海へ潜りに出かけると、

 

思い出すのは水中の生物と景色。

 

 

 

 

 

春夏秋冬その時々で、思い出に残るのは変わっていきます。

 

 

 

 

 

でも、それは地上も同じ。

 

西伊豆では、今は紫陽花が開花を迎えています。

 

 

 

 

 

 

紫陽花①

 

 

 

 

 

 

 

花言葉は『辛抱強い愛情』、『一家団欒』、『家族の結びつき』

 

 

ピンク、青、紫、白。

 

 

場所によって、様々な色になる紫陽花。

 

 

どうやら、土壌の酸性度によって変化するそう。

 

 

 

 

 

 

僕が見た西伊豆では、紫と青が多かったような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

青バージョン

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見かけるこういった形の種を

 

『ホンアジサイ』と言うみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本格的に調べようとすると、

 

きっとウミウシのように奥が深いんでしょうね。

 

ちょっと調べただけでも

 

『万葉集』の名前が出てきていたので・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガクアジサイ

 

 

 

 

 

都内で見られる紫陽花とは、見た目が違う上の画像。

 

この花も『紫陽花』だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

千葉県房総半島、神奈川県三浦半島、

 

静岡県伊豆半島、高知県足摺岬、小笠原諸島南硫黄島、

 

小笠原諸島北硫黄島の海岸に自生しているようです。

 

 

 

 

名は『ガクアジサイ』。

 

中心の花を、白い花が周りを縁取る見た目が

 

額縁に入れてたように見えるからその名前がついたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまには海へ向かう道中の植物に

 

 

目を向けてみるのも良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。