【地獄と天国】

 

 

 

2019.11.16(土) 神子元 透視度10~15m 水温23℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すべては僕のせい。

 

 

 

 

 

入ってすぐ東に行く予定が、

 

勘違いして西に行ってしまった。

 

この一つの間違いで、僕たちは大変な目にあったのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

て、手が引き剥がされそう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらゆる方から押し寄せる流れ。

 

上へ下へ、横へ。

 

今まで神子元に来た中でも、圧倒的。

 

少し離れようものなら、

 

すーっと真横にスライド。エゲつない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必死で泳ぐタカベ達

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕たちが激流に苦しんでる中、

 

真横を泳いでいたタカベ達も、流れにつかまり、

 

あらゆる方向に飛び散っている。

 

普段水中を泳いでいる魚たちが、

 

自由に泳ぐことが出来ないのだから、

 

僕たちが出来るはずがない。

 

それだけの激流。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猛烈な流れにより、カナイさんのGOPROはへし折られ、

 

ガミさんの目の前に飛んでいったり、

 

ダウンカレントにより5mから急に25mまで、

 

引きずり降ろされたり、

 

自然の驚異を思い知った、そんな1本となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

快適!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

強烈な疲労感、そして恐怖感に襲われていた休憩中、

 

1本目みたいなときは、こうしようと綿密に打ち合わせをする。

 

『今日はハンマーどころではないかもしれない。』

 

そんな声も出たりして・・・。

 

 

 

気持ちを整理して向かった2本目。

 

やってやりました。

 

僕の選択は、大成功。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入ってすぐ、発見することができた30、40匹ほどの群れ。

 

それが三回も遭遇することが。

 

調子に乗って、欲を出した僕は、東へ東へと泳いでいく。

 

 

 

 

 

・・・・・・。

 

あれ?

 

何もいないぞ。

 

 

 

 

 

どこまで泳いでも、

 

いるのはたまーにタカベの群のみ。

 

1本目とは打って変わって、平和な海。

 

『まあ、最初に見れたから良しとしよう。』

 

っと僕は思い、安全停止へ向かう。

 

 

 

 

 

すると、足元に何か影っ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前上から眺めることができたハンマーリバー。

 

全く逃げないその姿を、優雅に眺め、水面へと向かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝利の美酒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2本目は、ほかのチームはハンマーが見れず。

 

見たのは、僕たち7人のみ。

 

これが僕とマサさんとの違い。

 

『今のところ、僕はハンマー100%の男。』

 

盛大に自慢してやりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にしても、疲れたなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝利したものの、代償はなかなかなもの。

 

初めて足に乳酸が溜まりました。

 

まー、ハンマー見れたから、いっか。

 

地獄と天国のダイビング、良い勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。