何よりも芋が良い

平成30年12月13日((木)) 田子 透視度18m~ 水温20.8℃

 

 

 

 

 

 

 

なんて良い表情なんでしょう。

この写真に関しては、最後に。

 

 

しかし、良い顔ですね。

 

 

 

 

 

 

続々と2018潜り納めをする人が増え始めた今日この頃、

今日もまた2人が潜り納めをしました。

アッキーさん、ササモトさん。

 

 

 

アッキーさんから、

「潜り納めだから、田子で弥次喜多かなー。」

という一声。

潜り納めに相応しいですね。

 

 

 

 

 

潜り納めがこの快晴は、運が良すぎですね。

 

 

水中はもちろん快適。

 

 

 

 

ただ、長さ20㎝弱ニシキウミウシはいるのに、

他がいない。なぜ。

もっと小っちゃいのがみたいのになあ。

 

 

 

っと思っていると、タテジマキンチャクダイがいた。

情報では3個体のはず!?

 

 

 

 

おやおや、よーく見ると、4個体。

 

しかも、これを4個体見つけたのは、

店に帰ってから、このブログを作っている時。

 

まー、1人で大興奮ですよね。

伝えたいけど、誰もいなくて伝えられなかった。

ようやくすっきりします。

 

 

 

 

 

 

 

続く2本目は、ケンローさんが一緒に潜ってくれたおかげで、

アシボソベニイソバナガニを見つけてくれて、

非常に助かりました。

ウミウシまで見つけてくれちゃって…(笑)

ササモトさん、クラサキウミウシですよ。

覚えてくださいね。

 

 

 

 

1本目、2本目の間は、ストーブを囲み、暖を取る。

そこにシーランドのヤマモトさんが、何か芋らしきもの置く。

どうやら、安納芋らしい。これは是非食べたい。

 

 

 

食べたいと、思っていたのは、僕たちだけじゃない。

最も食べたかったのがヤマモトさんだ。

ショップのダイビングが終わり帰船せる度に、

アルミホイルの中をチラっチラっと見る。

よっぽど、楽しみにしてたんでしょうね。

 

これがこのブログの冒頭の写真のちょっと前の話。

案の定、安納芋は美味しかったですよ。

どんな良い海より、

なっだかんだ美味しい物が勝るのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

良い潜り納めでしたね。

来年よろしくお願いします。

 

 

 

ゆきや

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。