桜海道

 

 

2018/2/26・井田       透明度10-15m   水温15℃

 

 

 

海に通ずる道に

 

 

 

 

 

インストラクターへのトレーニングを開始したお玉ちゃんと、

 

インストラクターを卒業したキャシーと。

 

 

 

 

 

なんだかこの日の満開の桜は、遠く懐かしい気持ちを思い出させる。

 

 

 

 

両脇の満開になった海へと続く道は、

それぞれの道が、輝やかしい花道になることを教えてくれたに違いない。

 

そう願う。

 

 

 

 

 

 

 

 

にしても・・・

「男たちとサクラ」は気持ち悪い・・・。

 

 

226 (9)

 

 

 

ので、

隣の廃材置き場で撮り直し。

 

 

 

 

 

 

 

これならば大丈夫。しっくり。

 

 

 

 

マユの仕事 コミドリリュウグウウミウシ

 

 

 

マユが生まれて初めて自分で見つけたウミウシ。

しかも、それは珍しいコミドリリュウグウウミウシ。

教えてもらった僕はすぐにパシャパシャ。

 

 

 

226 (7)

 

 

 

お玉が見つけてくれたカラスキセワタガイ。

この時期にしか見られないウミウシでこれもグッジョブ。

撮った写真あとから見たら、速そうなスニーカーに見える。

 

 

 

コーヅさんはスペシャリティーコースのトレーニング。

僕の紹介するウミウシも見ながら、砂を巻き上げないように神経をすり減らす。

廃材コーナーでは似てないイチローの真似に苦心する。

 

 

 

キャシーはコヤマさんと2人で井田の海を気持ちよさそうに泳いでる。

 

 

 

そのキャシーは最後の大仕事。

フサフサのカエルアンコウを見つけてくれた。

教えてもらった僕はすぐにパシャパシャ。

 

 

 

キャシー最後の大仕事

 

 

 

 

緑の海藻が毛みたいにモフモフしたところに、

毛むくじゃらのカエルアンコウがいることを、

まつ毛ぼうぼうのカシーが見つけてくれた事、

 

僕は忘れない。

 

 

 

 

 

 

 

そして僕が手放してしまったカメラを、

結構な距離を泳いで拾いにきてくれたオハナウィズのアツシのやさしさを、

僕は忘れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなグッジョブ。

 

ぼくもグッジョブ↓

 

 

 

 

226 (6)

 

 

226 (2)

 

 

226 (5)

 

 

 

 

 

新たな門出を応援してくれているかのような、

桜満開の井田で。

 

 

 

 

 

まさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。