浅場のたのしみ

 

7月5日(火) 井田 水温15~23℃ 透明度8~15m

 

口内保育!

 

魚の口元にご注目。

 

口の中からコッチを見つめる小さな瞳。

 

魚に食べられているシーンではなく、

これはクロホシイシモチの口内保育

 

 

メスが卵を産んだ瞬間、オスがパクッ。

口の中で孵化するまで育てるのです。

 

その間、約2週間。

オスは飲まず食わずで卵を育てる。

 

うーん、人間で良かった・・・

 

 

そんなネイチャーシーンが見られる今の伊豆の浅場。

 

これを観察する前に、せっちゃんとみつあきと3人で、

酸素多めの空気で、井田の深場を攻めてきましたっ

 

アカオビハナダイのオス コウライトラギス

シイラの・・・ かわいいカエルアンコウ

 

ミジンベニハゼ サガミツノメエビ

ハクセンアカホシカクレエビ アオリイカの赤ちゃん

 

いまの井田の深場砂地はネタこんもり。

 

サガミツノメエビ、ハクセンアカホシカクレエビ、

カエルアンコウ、コウライトラギス、

ミジンベニハゼ、アカオビハナダイ。

 

あまりピンとくる名前は少ないけども、

実は色彩豊かだったり、写真映えする生き物達。

 

たんまり撮ったあとは、浅場で口内保育を。

運よく産む瞬間見れないかなーとか思ったけど、

そうは問屋が卸さず、咥えているところを見てエキジット。

 

 

そして今日のお昼はリッチに・・・

 

贅沢なお昼を

 

三島のうなぎ!

 

ヱビスビールも輝いてます。笑

 

りゅう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。