干物工場

 

2020/5/19   休業中

 

 

 

 

台車になった流木

 

 

 

 

 

第3弾、植木の台車。

 

 

 

 

毎日の成長を止めることのない、鉢植えの木々。

 

 

お玉がせっせと日光浴と水やりを。

僕は害虫駆除と健康チェック。

 

 

木々の成長を見られることは、

大切な楽しい日課の一つではある。

 

 

 

 

 

 

 

が・・・重いのよ・・・。

 

 

成長に合わせて鉢もでかく、土も多く、

樹木そのものの重さも増していくわけで・・・

木々の日光浴にはかなりの労力が必要になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、

海辺で拾ってきた木材の流木を並べ、

かすがいを打ち込み、板を張って、

総耐荷重80Kgの滑車を取り付けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海を漂っていた流木は植木の台座になって、

店内と縁側を行き来する台車になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これにより、植木の水やりや日光浴は、

「いわゆる男の仕事」という固定概念の殻を打ち破る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイさんや、ミカやスナオが、

植木の世話に参入してくれる日を夢見て。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。