干物工場長

 

 

2020・5・12  休業中

 

 

 

完成品

 

 

 

 

 

今日もさわやかな一日が始まっている。

壁の40%を占める開放可能な出窓・及び扉を開け放ち、

自由が丘のお店には、快適な風が通り抜けていく。

 

 

 

 

 

暇を持て余し、体力も持て余し、画面疲れの両眼で

近隣の子供たちがのそのそと日光浴に外に出はじめる。

 

 

 

 

どこかの、のんびりとした南の国のようだ。

 

 

 

 

子供たちの遊ぶ姿横目に、

店の軒下でのんびりと作業をしている自分のいる景色は、

どこか原風景的なたたずまいを匂わせている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

今日の作業は、

昨年に開発した「老眼迎撃レンズ」の増産である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

用意するものは、

 

100円ショップの拡大眼鏡

稼働可能なアーム(商品名:大型背骨君)

ステンレスⅯ3蝶ナット2個

ステンレスⅯ3ネジ2本

ステンレスワッシャー2個

防錆コーティング剤

 

工具は

電動ドリルとⅯ3.2のビット、

ニッパー、カッター、やすり。

 

 

 

 

 

 

 

 

買ってきた拡大鏡をニッパーとカッターとやすりを使い

レンズ部のみに加工する。

 

 

アームの両端にひびが入らないように丁寧に穴をあける。

 

 

コーティングを塗布ししっかり乾燥させる。

 

 

 

 

 

 

 

仕込み完了。あとは組み立て

 

 

 

 

 

 

 

そこまでの下処理を終えたら、これを組み上げていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成品をダイビング用のマスクフレームに装着すると、

ダイビングコンピューターのフォントはおろか、

デジカメのファインダーや、

海中に咲くミクロの美しい生き物たちがくっきりと

眼前に浮かびあがる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お手持ちの不要になった老眼眼鏡でも製作可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご希望とあれば、ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさ

「干物工場長」への2件のフィードバック

  1. ハズキルーペを使えば、高級水中用拡大鏡ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。