干からび調査終了

 

 

 

2020.5.13(水)   また玉手です

 

 

 

 

 

 

 

 

ウミウシの貝殻の退化と体色について調べたのに、

 

 

すっかり書き忘れていました。

 

 

 

 

 

 

 

本当は前編で書くつもりがすっかり忘れ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このまま無かったことにしようか。

 

 

気になった人だけに言おうか。

 

 

 

 

 

 

迷いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、書きたいので書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、貝殻を退化させたのか。

 

なぜ、体の色がカラフルなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、スタートです。

 

 

 

 

 

 

 

キカモヨウウミウシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は貝殻の退化と体がカラフルになったことは、

 

 

 

関係していると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

前編でお伝えしましたが、

 

 

ウミウシは貝類の仲間で、

 

 

進化、成長していく過程で貝がなくなり、今に至ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貝とは、外敵から身を守るためのもの。

 

 

そんな大事なものを失っても平気なのか。

 

 

中身だけになっても平気なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦渋の決断だったでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

でも彼らは捨てることに決めたみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ捨てたのか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは2つの理由があると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

1つは、水中で炭酸カルシウムを摂取するのが難しいこと。

 

 

炭酸カルシウムを摂取してどうするのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

サザエを始めとする貝類、ウニ、そしてサンゴは、

 

石灰化生物と言います。

 

 

 

石灰化生物とは、

 

貝類やサンゴなどの炭酸カルシウム骨格を形成する生物。

 

 

 

この石灰化生物は海中で炭酸カルシウムを摂取することで、

 

体を硬く保つことが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、1750年代の産業革命以降、海洋酸性化が進み、

 

 

海水中の炭酸カルシウムが減少してきている影響で、

 

 

石灰化生物の骨格形成が難しくなってきているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2つ目の理由は、外敵からの攻撃。

 

 

炭酸カルシウムを摂取するのが難しくなってきている中、

 

 

やっとの思いで殻を作っても、

 

 

アオブダイやイシダイなどの歯が強硬な魚が、

 

 

簡単に壊してしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな2つの理由があり、

 

 

ウミウシは貝殻を捨てた、

 

 

若しくは退化させたと言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦労して作ったのに、簡単に壊されたら、

 

 

そりゃあ嫌になりますよね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、殻を無くしちゃうと中身だけになってしまい、

 

 

自分を守る術が全くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アオサメハダウミウシ

 

 

 

 

 

 

 

 

そこでウミウシは考えました。

 

 

『自分自身を食べるのがNGな生き物にしてしまおう』と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はウミウシたちが

 

 

何気なく食べている海藻や海綿、コケムシなどには

 

 

毒をもっている種類がいるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、海綿は固着生物と言います。

 

固着生物とは、水中の固形物(岩など)に付着している生物。

 

言ってしまえば、好き勝手に動けない訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで動けない海綿は考えました。

 

 

 

 

 

 

『このままでは、食べられ放題だ。

 

どうする俺・・・。どうする。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうにかして自分の生命を守らなきゃいけない。

 

悩んだでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悩んだ結果、

 

 

『自分の体内に毒をもってしまおう』

 

 

という結論にたどり着きました。

 

 

 

 

 

 

 

強いですねー、僕がそんなことしたら、

 

 

その毒でたぶんすぐ死んじゃうでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして海綿は基本的には襲われない生物となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タテジマイボウミウシ

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、ウミウシたちは、その毒に耐性があったようです。

 

 

毒をもつ海綿を気にせずに食べ、

 

 

自分の中に毒の細胞を取り込んでしまったみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして、ウミウシは他人の力を利用して、

 

なかなか外敵から襲われない生物へのし上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

クラサキウミウシ

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶんウミウシと僕は気が合わないでしょうね。

 

僕なら迷わず、自分の体を鍛えますもん。

 

 

 

自分の身体を強くする方法はなかったんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても賢い。

 

 

やっぱり、見習った方が良いのかも・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニシキウミウシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウミウシの身体の色は、

 

 

食べたエサや毒が関係しているそうです。

 

 

 

 

 

なので、カラフルだから目立つではなく、

 

カラフルだから『俺は危険だ』とアピールしているのです。

 

 

 

 

 

ただ、フグ等は元々体内に毒をもっているので、

 

気にせずウミウシを食べてしまいます・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこの世界にも、上には上がいますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウデフリツノザヤウミウシ

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中にはウミウシを食べた人がいます。

 

 

 

 

その人は、キイロイボウミウシを試食しました。

 

 

 

 

 

 

 

感想は、『えぐみが凄く、酷く吐き気がする』ほど

 

 

マズかったそうです。

 

 

 

 

 

 

人間に害を及ぼすほどの毒ではないにしろ、

 

 

食えたものではないみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに昭和天皇も生物学者として、

 

ウミウシの研究をしていた過去があります。

 

 

 

 

 

 

試食もしたことがあるとか・・・

 

 

 

 

 

 

 

素のまま煮て食べみたり、

 

 

甘く煮付けたり。

 

 

 

 

 

 

『美味しかった』とは、どこにも書いてありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラサキウミウシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼らが本能でそうしたのか、

 

 

それとも僕たちのように脳を使ってそうしたのか。

 

 

 

 

 

 

 

ウミウシの全てが分かるのは、

 

 

一体いつになるんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

「干からび調査終了」への3件のフィードバック

  1. 玉ちゃんの筋肉が退化…

    …な~んてことは無いですよね
    (≧∇≦)

  2. お察しの通り、
    退化などさせません!
    むしろ成長させています。
    .
    お楽しみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。