何かと忙しい都会生活!
それでもダイビングを通じて海を身近に生活してるスタッフ達の不定期日記。

マサシ:筋肉の貯金はできる

マサシ:
筋肉の貯金はできる

ミカ:トイレ近い

ミカ:
トイレ近い

マイ:一番エライちび

マイ:
一番エライちび

スナオ:黒い。無知。

スナオ:
黒い。無知。

ユキヤ:祖父農家 米安定供給

ユキヤ:
祖父農家 米安定供給

マサ:脳が硬式野球

マサ:
脳が硬式野球

「タカベ」カテゴリーアーカイブ

旬は一瞬

 

 

 

2,021.7.18 井田 透視度15~20m 水温25.2℃

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のドライスーツを作ったのが、去年の12月。

 

 

そこから、なんやかんやあり、やっとこの日復活できた。

 

 

 

 

 

 

 

 

来れない間、相当潜りたかったのでしょう。

 

 

 

 

 

潜降すると彼女は自然と手を伸ばした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相当欲していたんでしょうね。

 

夢中になっていると、彼女は何度も何度も手を伸ばしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久々に潜った海は、どうだったんでしょう。

 

 

久々に入ることもあり、緊張していた1本目。

 

 

 

 

ただ、この日の海の良さを前に、

 

緊張はすぐ消えていったのかもしれないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生初ウェットスーツのメンズチームも、

 

南国とコンディションが変わらない海を目にして、

 

相当気持ちよかったのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思わず、仰向けになって、浮いてみたり、魚に囲まれてみたり。

 

 

ずーっといられるなっと、感じることだらけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週江の浦でライセンス講習初日をやった人だって、

 

この違いにはさぞ驚いたでしょうね。

 

 

 

 

 

 

透明度も悪く、魚も少なめだった先週と、真逆のこの日。

 

 

 

 

 

 

 

 

伊豆の良い時が後にきて、本当に良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このコンディションが、ずっと続けば良いのに。

 

 

 

と思いましたが、

一週間後にはガラッと変化しちゃいました。

 

 

 

 

自然の良い時って、一瞬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

夏らしい

 

 

 

2020.7.28(火) 田子 透視度10m~12m 水温19.3℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと水中が夏らしくなってきた。

 

 

 

水中に入った瞬間、目の前に現れたのはタカベの群れ。

 

しかも、群れ自体がデカい。

 

 

 

 

右に行ったり、左に行ったり。

 

縦横無尽に泳ぎ回っている。

 

 

 

 

 

 

 

最近の伊豆半島各地のダイビングポイントの透視度を考ると、

 

格段に良くなっている。

 

 

 

 

 

 

やっと夏らしくなってきた。

 

 

 

 

 

 

 

目の前を飛んでいく

 

いやー、夏らしい

 

 

 

 

 

本日は、お日柄も良く、水も割かしキレイ。

 

メインポイントの沖の浮島根では、

 

キンギョハナダイ、メジナ、イサキ、タカベ、

 

そしてカンパチの群れがわんさか。

 

 

 

 

 

コマチコシオリエビ

 

 

 

 

 

小さいのもいるけれど、ついつい上を見がち。

 

それほど、今日の海は凄い。

 

 

 

 

 

 

魚到来

 

 

 

 

 

 

最後は大荒れになり、

 

船を待っている時、2人程酔っていたけど。

 

それすらも夏らしい。

 

 

 

 

 

 

 

僕は心底楽しくて、楽しくて、楽しくて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏って良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

秋晴れの初島

 

9月9日(金) 初島 透明度10~15m 水温25~27℃

 

原っぱで

 

秋晴れの初島!

 

芝生に寝転んだら気持ちいいのなんの♪

 

水中も相変わらず群れ群れ群れの

気持ちいい海でしたっ

 

ざーーーっ どわーーっ

ジョーフィッシュ イロカエル

 

ゆーっくり泳いでいくと、いつものエリアに到着するも、

なかなか現れないタカベの群れ。

 

キンギョハナダイやイサキを見ながら待っていると、

上から黄色い壁がきたーっ!!

 

ビーチでこの魚影、ほんといいっす(^^)

 

タカベはこの一発しか当たらなかったのが僕的には心残りだけど、

キビナゴ・キンギョ・スズメダイはいつでもどこでも。

 

ちっちゃいのも、1つの岩にハナタツが6匹いたり、

名物ジョーも健在、堂々としてるイロカエルも鎮座。

 

良い海だぁ~

 

ハナタツ 逆光で

小魚と カメラにハマりはじめた・・・?

 

宮内さんものりちゃんも初めての初島だったので、

お昼も島で食べてのんびりぷらん。

 

欲を言えばこの芝生で昼寝出来たら最高だったなぁ。

 

                                りゅう

 

 

伊東のすごい群れ

 

 

群れのすごいポイントといえば、

西の田子、東の伊東。

 

今回は初伊東の方が多かったので、

マクロにあまり興味ない人が多かったので、

がっつり地形と群れとソフトコーラルで行ってきましたっ

 

6月11日(土) 伊東 水温18~21度 透明度8~20m

 

タカベ玉 キンギョの群れっ

伊東らしさ全開♪ どわーっ

 

根頭はオレンジ色のキンギョハナダイで埋め尽くされ、

中層にはタカベの濃密な群れが3~4つ。

 

すぐ遊びたくなる気持ちをぐっとこらえて、

-70mドロップオフへ。

 

やっぱり初伊東だったらここには行かないと。

水深20mから70mまでズドーンと落ちる崖。

そこにソフトコーラルがびっちり&ハナダイがわんさか。

 

 

しかもこの日は水深30mを超すと一気に透明度がアップで20m越え!

めちゃめちゃ綺麗な景色をずっと見てたいけど、そこは水温17度(笑)

 

唯一ウエットのヒロキさん、ここに長居したらかわいそうかなと思って

早めに切り上げて浅場の群れ群れパラダイスへ。

 

 

でも当の本人、ウエットで全然いけましたよ!と言ってたけど、

休憩中ずっと太陽の元で甲羅干ししてたのをみんな知ってます。

そしてそれは見事なこんがりお肌になったこともみんな知ってます。(笑)

 

 

姉妹かな?(笑) タカベツリー

マダイ! 練習中っ

 

僕らが群れと戯れているころ、

まさしさん率いるTRIBEチームは、ビーチでじっくり練習!
 

浅いビーチでアルミタンクっていう練習しがいのある伊東ビーチ。
例にもれずちゃーんと浮いていったみたいです。(笑)

 
早くうまくなって群れと戯れられるようになってねーっ
 
 

休憩中

 

今日の集合写真は、日陰でまどろむみんなと、
日向で甲羅干しするひろきさんのです。(笑)

 
                   りゅう

 

言い間違えに気を付けましょう

 

 

2日前のこと。

ミカが井田でキアンコウを見つけてきた。

 

 

それはそれは興奮していたようで、

ずーっとまさしさんに「マンボウ見つけました!マンボウ!!」と言ってたようです。

 

は?おめーだから、アンコウだろ!と突っ込まれても、

マンボウ、マンボウ言ってたそうです。

 

 

容易に想像つきますねー(笑)

 

 

 

そんなこんなで海も回復して、まだキアンコウもいるらしいので井田にレッツラゴー!

 

 

2月27日(土) 井田 水温13度 透明度12~15m

 

 

道沿いの河津桜の濃いピンクが綺麗で、

雪をかぶった富士山がかっこよくて、

道路から見える海が既に青くて、うれしくて。

 

日本の冬のダイビング

 

 

そして潜った井田は、スズメダイの群れがほんとにすごくて。

アンコウはいなくても問題なし。

 

久々に群れ満喫したなぁ~

 

こんな固まるんだ

とりゃー スズメダイ玉

 

 

スズメダイに見惚れていたとき、

みんなの後ろを物凄い密度のタカベの大群がビューーーン!!!

 

猛スピードで駆け抜けていったけど、その量と密度は圧巻っ
でも早すぎて写真が撮れなかったのが残念・・・。

 
 
 

そんなこんなで群れ中心だったので、この日のログは簡単。
 

弥次喜多のご飯を待ちながら、
みんなでさらさらーっと生き物の名前を書いてるとき、
イムちゃんが「あの物凄い群れなんでしたっけ??? タ・・・タガメでしたっけ??」

 
 

怖い。

怖すぎる。

 
 

みんなに残るタガメのトラウマを垣間見た瞬間でした。

 

 

 

菜の花畑で

 

タガメのお口直しは、春らしい菜の花で。

 

 

                         りゅう