何かと忙しい都会生活!
それでもダイビングを通じて海を身近に生活してるスタッフ達の不定期日記。

マサシ:筋肉の貯金はできる

マサシ:
筋肉の貯金はできる

ミカ:トイレ近い

ミカ:
トイレ近い

マイ:一番エライちび

マイ:
一番エライちび

スナオ:黒い。無知。

スナオ:
黒い。無知。

ユキヤ:祖父農家 米安定供給

ユキヤ:
祖父農家 米安定供給

マサ:脳が硬式野球

マサ:
脳が硬式野球

夏のなごり

 

2021/10/11-12・伊東-八幡野   透明度8-15m 水温24.5℃

 

 

 

 

 

 

 

これはフチドリハナダイの幼魚。

 

伊東のとっておき情報を

教えてもらっちゃった♪

 

 

 

水深30mめざして

カメラ構えて真っ逆さま。

 

 

 

途中視界を遮る程のなんかの群れが

よこぎっていたけれども、

そんなのむしむし。

 

 

 

ナツミがその群れを追っかけて、

GoPro構えてどっかに泳いでったけど、

そんなのむしむし。(笑)

 

 

 

なんせこの日は僕もちゃっかり

自分のカメラを手にしちゃって、

こっそり楽しくってしょうがない。

 

 

 

ナガハナダイに、

スジハナダイ、

その中に一匹だけ、

フチドリハナダイの幼魚が

ぽちっといたよ。

 

 

 

 

 

 

 

阿吽の呼吸のこの人たちと、

一泊二日の伊豆行脚。

 

 

 

 

 

 

イシムラさんの歴史の授業、

昔は高校生だったナツミの現在地、

すぐ眠くなっちゃうシオツキさんへの批判、

身を乗り出してみんなの話に聞きいる

せっちゃんと、

 

 

 

 

 

BBQの夜はあっちゅーま・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナツミは海が本当によく似合う。

昔のまんま。

 

 

 

 

休憩してる時も、

すーぐ海に飛び込んで、

くるくる泳ぎ回ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりにも

気持ちよさそうに泳ぐから。

 

 

 

昔は逆三角形だったボクのお腹も、

どっぼーんっ。

 

 

 

子イカの群れが迎えてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメやら、カマスの群れやら、

タコベラの綺麗な尾びれ、

キビナゴの大群、

ツユベラ幼魚、カンムリベラ幼魚、

コクテンベンケイハゼに似てる謎のハゼ、

ロボみたいなクリアクリーナシュリンプなど、

 

 

 

 

久かた振りの八幡野も、

2日目に隅々チェーックっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、、、

ムシフグなるフグとの出会い。

 

 

 

 

 

 

普通のフグじゃん・・・って思った人、

僕も、そう思いました・・・。

 

 

「クサフグ???

いや違う気がする。」

 

 

「せっちゃん撮っときましょー。」

てね。

 

 

 

 

そしたらやっぱりこれがムシフグ

 

名前の由来など

詳しくはせっちゃん図鑑に

掲載されてますっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後になりますが、

この2日間、最も奇跡的だったことを少々。

 

 

 

 

 

 

 

ノールックで寸止め駐車。

神業編。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車を停めて、

荷物を降ろそうと助手席側に回ると、

 

 

 

 

きゃーーーーっ!!!!

 

 

 

あ!?

あたってないっ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォグランプのための凹みが

バンパーに設定されていなかったら・・・。

 

しかも見て。

この木を模したコンクリ、

地面を見るとずらした跡があって・・・

もしもこれがずらされていなかったら・・・。

 

 

 

 

全く見えてなかった死角のコンクリに

車のバンパーはのめり込んでいたでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神様。仏様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも見守っててくれて、

ありがとうございますっ!

 

 

 

 

 

 

 

まさ

目をとじると

 

 

2021/10/10・北川   透明度15-30m!  水温24-25℃

 

 

 

 

 

目をとじると、

あの日の、青く透き通った海が

ありありと脳裏にひろがる。

 

 

 

 

 

僕らが港についた頃、

一本目を終えて戻ってきたダイバーたちが

「透明度30mはあるよ!」

と興奮気味に教えてくれた。

 

 

 

 

 

どこまでも見通しの効く青い世界を、

広く大きく泳いでアオウミガメと出会った。

 

 

 

 

 

 

キンギョハナダイ、

アカオビハナダイ、

スミレナガハナダイ、

カシワハナダイ、

 

微妙に色彩異なる暖色の魚たちが

沢山一塊になって泳いでた。

 

 

 

 

 

 

純白ボディに赤い碁盤の目状の模様が綺麗な

クダゴンベが

サンゴの隙間からこちらを覗いていた。

 

 

 

 

 

 

 

暖かくて、真っ青な空。

 

 

 

 

 

 

 

太陽の光がさんさんと差し込んで、

水深20mの海底でも眩しいほどだった。

 

 

 

 

 

 

その太陽の元、

地元のご飯屋さんが運んできてくれた

海鮮を食べて、ぽかぽか眠くなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしき一日。

 

素晴らしき海。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つい写真を撮り忘れて、

この日のブログは活字だけになった・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

まさ

将軍おめでとう

 

 

 

2021.10.9‐10 雲見 透視度15-20m 水温26℃

 

 

 

 

 

 

なんなんですか、その貫禄は・・・。

 

 

 

とても29歳とは思えませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼と初めて出会ったのは、半年前。

 

彼女のオチアイさんに連れてやってきた。

 

 

 

 

 

僕は驚きました。

 

 

「オチアイさんは結構年上が好きなんだ〜。」

 

 

 

 

 

恐る恐る年齢を聞いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・29歳???

 

ふざけてるのか、この人???

 

 

 

 

 

 

 

それが、彼と僕のファーストコンタクト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひと月に1度のペースでゆっくり潜る彼ら。

 

ただ、彼は来るたびクタクタになっていた。

 

 

 

 

 

毎度毎度ぐったりしながら、

 

それでもめげずに続けてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

一歩ずつ一歩ずつ上達していくうちに

 

いつの間にかAOWを取るようになり、

 

気がつけば、マニアックポイント本栖湖にも潜っていた。

 

 

 

 

 

 

 

2021年9月の本栖湖ツアー

 

 

 

 

 

 

けんいちプロにBBQの極意を教わり、

 

彼は少しずつアクティブになっていた。

 

 

 

 

 

 

そのひと月後、まさかこんな姿になっているとは。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急にヒゲ伸びちゃって・・・。

 

貫禄増しすぎじゃないですか?

 

 

 

 

 

 

 

色々と変化していく姿にびっくりさせられますね・・・笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒゲを伸ばしていたひと月で良い変化もあったようで・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚おめでとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

2人で3時半までカップラーメンをすすりながら、

 

結婚について語り合ったのは忘れませんよ。

 

次の日、お腹が大変そうでしたが・・・笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも将軍の変化を僕はひっそり見守ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、今後もゴリゴリ潜りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

いいてんきだねー

 

 

2021/10/29・店番中

 

 

 

 

 

「いいてんきだねーぴーちゃん。」

 

:「こんな日は外散歩に行きたいねー。」

 

 

 

 

さて、

わたしどこでしょ。

 

 

 

 

 

答えはずっと下↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あたしはここ

 

 

 

ぴー

アツヤの秋休み

 

 

 

2021.10.8 江の浦 透視度10m 水温24.3℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学4年生のアツヤくんは、ものすごく可愛い。

 

 

 

 

 

 

前回は僕の手をギュッと握りながら泳いでいた彼も、

 

今回から自分の力で泳いでいる。

 

 

 

 

ほらほら、手を振る余裕だってあるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人たちが後ろで悪戦苦闘している中、

 

彼は自分の判断で耳抜きだってやっちゃいます。

 

 

 

 

 

 

子供の吸収する力はすごいもんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虫が大好きな彼は、

 

水中の生物だって気になっちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カエルアンコウ。

 

 

 

 

この個体は綺麗な色はしていないけれど、

 

地上の生き物とは違って、また面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

じっくり観察してみると、

 

ちゃーんと目があったり、

 

口も見つけられたり、

 

おまけにエスカ(疑似餌)も発見しちゃう。

 

 

 

 

 

不思議だよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歳の離れた弟を見ているようで、

 

可愛くて可愛くてしょうがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、水中ではあんなに海のことに夢中だったのに、

 

陸に上がってきたら、

 

江の浦のサービスになぜか設置してあるレトロゲームに一目散。

 

 

 

 

 

 

 

 

何にでも興味を持つって恐ろしいですね・・・。

 

 

 

 

 

スーツ脱ぎっぱなしなんだけどなー・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

ユキヤ