Cカードとは?

Cカード = Certification Card(サーティフィケーション カード)。

「スキューバダイビングをやってみたい」と思ったら、車の免許と同じように教習所に通って知識や技術を身につけて試験に合格し、その資格を有することが必要になります。この免許証にあたるものをCカードといい、そのCカード取得までのすべてをとりおこなえる教習所がダイビングスクールにあたります。

しかし、Cカードが車の免許やその他の国家資格とは違い、「免許証」とはっきり呼べないのは、さまざまな民間のダイビング教育機関が存在し、それぞれが独自のCカードを発行していて、合格基準が確立されていない側面があるからです。

それはクレジットカードを持つにもVISA・Master・AMEX・JCB・Dinersなどどこのカードを持つのが自分に合っているか判断が必要なように、ダイビング教育機関のPADI(パディ)・NAUI(ナウイ)・CMAS(クマス)・SSI(エスエスアイ)などから、そのプログラムや利点を見極め、どこが発行するCカードを取得するのが良いかを判断し、そのCカードが取得できるダイビングスクールを選定するという作業が必要になってくるのです。

PADIはおよそ40種あるダイビング関連教育機関の中にあって世界シェア60%の実績により知名度が高く、講習中のケガなどの保証が最も充実しているダイビングのリーダー的教育機関といえるでしょう。

オーシャントライブは教育機関PADI(カリフォルニア本部)より、その安全性や信頼性を評価され、5つ星認定を受けているダイビングスクールです。


1、Cカードとは?

2、スキューバダイビングのライセンスの種類

3、どんな講習をやるの?

4、結局いくらかかるの?

5、どんなところで潜れるの?

6、どんなツアーをやっているの?

7、よくある心配ごと


ダイビングライセンス(Cカード)取得はこちら

資料請求
or
お問い合わせ