タグ別アーカイブ: ダイビング

アーロン・スミス

 

 

 

2019.11.3(日) 井田 透視度5~8m 水温23.2℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世間は、ラグビーワールドカップの熱が未だ冷めずにいた。

 

日本史上初のベスト8進出。無傷の4連勝。

 

今大会が日本開催されたからなのか、大盛り上がり。

 

 

 

 

そしてここ、OCEANTRIBEにも、

 

そのラグビー熱は押し寄せていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マサシさんチーム

 

 

 

スナオさんチーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『玉ちゃん、アーロン・スミスって知ってる?』

 

早朝に店を出てすぐに、

 

ハイエースの助手席に乗っているアオさんが訪ねてきた。

 

 

 

その時まで、

 

僕はアーロン・スミスという人物を知りもしなかった。

 

その時までは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーロン・スミスとは・・・

 

本名:アーロン・ルーク・スミス

 

所属:ハイランダーズ

 

身長:171㎝ 体重:84㎏

 

現代ラグビーのハーフバックとして名選手に数えられ、

バックラインの導火線と呼ばれる素早いパスを得意としている。

2015年にチームの中軸として

スーパーラグビーの優勝に貢献し、

ワールドカップの連覇に貢献した世界的なスクラムハーフ。

ニュージーランド代表:オールブラックスに選出。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

説明を受けると、

 

その選手がいかに凄い選手かが分かった。

 

『その選手がどうしたんですか?』

 

っとアオさんに聞くと、

 

 

 

 

 

『マサシさんにそっくりなのよ。

グラウンドを小っちゃいマサシさんがちょろちょろして、

相手陣に突っ込んでくのよ。速くてさー、強いのよー。』

 

 

 

 

 

 

写真を見せてもらうと、確かに似ている。

 

もはや兄弟みたい。

 

 

 

 

すると、

 

『それ私も思った。すっごい似てますよね。』

 

後ろに座っていたツグミさんが反応した。

 

 

 

 

 

行きの車は、もう大盛り上がり、

 

総勢19名で海に向かっていた僕たちは、

 

ハイエース2台に乗っている。

 

前がマサシさん、後続を僕がハンドルを持つ。

 

マサシさんが、他の車を避けるたびに、

 

『あれがワールドクラスのテクニックだ!!』

 

とアオさんは絶賛する。

 

『素晴らしい判断ですねー!!!』

 

っとツグミさんとマサヒコさんも参戦する。

 

後続の僕車両の前側は、朝から大興奮したのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車内も楽しいけど、海も楽しいのよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りの車。

 

時間は4時50分。

 

東名高速道路は渋滞している。

 

必然と帰る時間が遅くなってしまいそう。

 

帰店を7時30分に目標を設定して、

 

川越え、山を越え、谷を越え、お店を目指していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良い海でしたね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

刻々と時間が迫ってくる。

 

『あーーっと、

アーロンスミスはもう諦めたかもしれませんねー。

これはもう厳しい試合になってきましたねー。』

 

アオさんが解説を始めた。

 

『まだ、僕は諦めませんよ。』

 

僕の意思を伝える。

 

『ワールドクラスの選手が諦めてるんだから、

厳しいんじゃないですか。』

 

すると、

 

『これは厳しい試合ですね。』

 

ツグミさんも乗ってくる。

 

 

 

 

 

すーっと前に出るチャンスがあり前へ進むと、

 

他車に行く手を阻まれる。

 

『おーっと、今度は相手が攻めてきたー。

それにしても、厳しい相手ですね。

どう思いますか、五郎丸さん。』

 

『こういう時は、ジャッカルを狙うのが良いですね。』

 

ついつい、僕も乗って解説に参戦。

 

離れていた、マサシさんの車に接近して、

 

空いている隙間に入ろうとすると、

 

『アーロン・スミスを抜いたら、オフサイドだよ、玉ちゃん。』

 

マサヒコさんも乗り始めた。

 

『僕が前に行きたくても、マサシさんが前に行かない限り、

進めないんですか!!?』

 

『会話をしなくても、相手の動き、目線で感じ取る。

それがワンチームだよ、玉ちゃん。』

 

アオさんが、もっともらしい解説をしてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間が経ち、少しずつ店に近づくとともに、

 

ルールが決まっていく。

 

『目標とする7時30分に達しても、

止まらなけらば、試合は継続。止まったら、ノックオン。』

 

最終的に決まったのは、このルール。

 

 

 

 

 

店との距離が近づくとともに、

 

目標到着時間がギリギリだということが分かってくる。

 

まさに紙一重の戦い。

 

どんどん解説アオさん、ツグミさん、マサヒコさんも、

 

熱くなってくる。

 

 

 

 

 

 

残り1分。

 

 

 

 

 

 

これまでに順調にきていた、2台は信号で止まった。

 

青になっても、次の信号は赤。

 

ここで試合終了の合図がアオさんが告げられた。

 

『ノーサイド』

 

予定していた時間には到着できなかったが、

 

なぜか僕の車内では拍手が起きていた。

 

最初は4人だったのが

 

いつの間にかオノジンさん、カンナさん、ナオさんを含めた、

 

7人になっていた。

 

『良い試合だった。』

 

『良いモノを見せてもらった。』

 

こうして、僕たちに試合は終了したのであった。

 

後ろで寝ていたカイト、ショウタ、

 

大人たちがうるさくて、ごめんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんで濡れたか、判明しましたよ、タカユキさん。
なんで濡れたか、判明しましたよ、タカユキさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全く海の話はしていないけど、

 

ちゃーんと潜りましたからね。

 

 

 

 

 

ちなみにこれが和製アーロンスミス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和製アーロンスミス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本人の画像と見比べてみてください。

 

目元が特に似ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

 

 

有り余ったエネルギー

 

 

 

2019.10.19(土) 大瀬崎(湾内) 透視度0~8m 水温24.6℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台風19号が訪れてから1週間が経つ。

 

大瀬崎に向かう道中、いつも通り海況を確認する。

 

台風の影響で、道路に倒木があって、

 

道路の半分が通行出来ないみたい。

 

 

 

『力の見せ場が来た!!』

 

『何がなんでもどかしてやる!!!』

 

 

そう意気込み皆で朝ご飯休憩をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1,2,3,4,5.全員集合!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ肌寒いので、コンビニの中でぬくぬくと休憩。

 

暖かい肉まんを頬張り、倒木の説明をする。

 

 

 

『僕に3分だけください。』

 

 

 

5人に伝え、車へと乗り込む。

 

僕の身体は、今からやってくる倒木との力比べに

 

興奮し始め、シミュレーションをして、

 

倒木を動かすイメージがついていた。

 

 

 

車内は倒木の話題で持ち切りに。

 

全員がその瞬間を待ち望んでいた。

 

それなのに・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

倒木の現場に到着すると、

 

時すでに遅し。

 

クレーン車に先着され、撤去作業が開始されていた。

 

 

 

 

『僕のこの有り余っているエネルギーは

どこに向けたら良いんだ。』

 

『この興奮している身体をどうしてくれるんだ、クレーン車。』

 

『絶好のチャンスをなくしやがって、クレーン車め。』

 

 

 

こうして、僕は寂しさを感じながら、

 

大瀬崎へと着いたのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有り余ったエネルギー、ここで発揮しよう。

 

 

 

そうだ、浮くんだ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

倒木と対峙することは出来なかったが、

 

僕は、ダイビング屋のスタッフだ。

 

力の発揮場所は、海だ。

 

 

 

台風の影響による多少の海の濁りは、今の僕には関係ない。

 

 

 

 

 

 

『あれ、予想していたよりも綺麗だ。』

 

 

 

 

 

 

思いもよらむ視界の良さに、

 

アヤカさんとテンションが上がりながら、

 

水中へと向かっていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆して、左肩痛いのかな??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初のドライスーツに苦戦しながら、泳ぐヤブさん。

 

足に空気を送りすぎ、

 

逆立ちになりかけ焦るハリーさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『この岩は離したくない。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐怖のあまり、岩にしがみついていた。

 

その姿を楽しんで見ている、アヤカさん。

 

あの姿は確かに面白かった。

 

 

 

 

 

 

2本目、

 

割と透視度が良い中、ゆったりゆったり泳いでいると、

 

『あれ?なんか急に視界が悪くなってきた。』

 

前に進むにつれ、さらに視界が悪くなっていき、

 

気づいたら、まっ茶っ茶に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところであなたは何してるの?
ところであなたは何してるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに先へと泳いでいくと、

 

視界が3mくらいに。

 

安全停止をすでに終えていたので、

 

『水面に急浮上しないように。』

 

と伝え、浮上すると、

 

目の前は・・・・・・、

 

 

 

 

 

真っ白に。

 

 

 

 

 

 

皆を探しても、辺りのは見えず。

 

仕方がなく、水面に出て1人ずつ浮上してもらうことに。

 

この瞬間、一気にエネルギーを使いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハリーさんは、カーキ色が好きみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エネルギーを使い果たした僕たちは、

 

美味しいカレー南蛮蕎麦を食べて、

 

アイアンマンの着地について物議をかもしたのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、

 

倒木どかしたかったなあ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なに屋?

 

 

 

2019.09.19(木) 井田 透視度15m 水温26.2℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知らないおじさんありがとうございました。
知らないおじさん、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休みがほとんど無い中で、

 

自分の時間をどうにかこうにか作ろうと、

 

試行錯誤して早1ヶ月。

 

ようやく、この日を迎えることが出来た。

 

1歩は1歩でも、大きな1歩。

 

これで前へ進むことが出来る。

 

マイコさん、おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・砂煙、凄いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抜き足、差し足、忍び足。

 

前日までのマイコさんの泳ぎ方は、まさにそんな感じ。

 

忍びの者のように腰を丸くし、姿勢を低くする。

 

前方の敵に悟られないように、慎重に慎重に進んでいた。

 

前日までは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日連続でやったからなのか、

 

今日終わる頃には、ちゃんとしたダイバーの姿に。

 

忍者からの卒業、おめでとう。

 

でも、忍者も悪くないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

前日やったから、へっちゃらさ。 大海原の中、小さな1匹。

 

ずいぶん、多いですねぇ!!愛くるしいクマノミ ほらっ!!ピーンって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな元忍者の背中についていく、ユウヤさん。

 

度々やってくるタカベの群れ、スズメダイの群れ、

 

カンパチの群れ、ニザダイの群れにテンションがあがり、

 

突っ込んで、突っ込んで、突っ込みまくる。

 

マイコさん、上手くなればこんなことだって余裕です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗なフィンキック。
綺麗なフィンキック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このさりげない感じが良いんです。
このさりげない感じが良いんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心地よい海を終え、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しいアジフライを終え、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お腹いっぱいになり向かったのは、神社。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心地よい空気。・・・・・・美味しい。
心地よい空気、・・・・・・美味しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心地よい風、

 

近くの幼稚園に通う園児たちの笑い声、

 

木々のざわめきを感じながら、お参りをする。

 

 

 

 

 

 

僕たちはダイビングだけをしにきてるんじゃないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デフォルトではない。

 

 

 

2019.09.14(土) 井田 透視度20m 水温26℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊豆だって、凄いんです。
伊豆だって、凄いんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイビングをやったことのない人にとって、

 

伊豆は『魚がいない』、『海が汚い』、そう思われがちだ。

 

正直僕自身も、

 

ダイビングを始めるまでは同じような気持ちを抱いていた。

 

ほんの2年前までは。

 

 

 

あれから2年、

 

渋滞を掻い潜り、山を越え、谷を越え、

 

こうして南国のように綺麗な海に潜ってるとは、

 

その当時誰もいる由もしなかった。

 

 

今日の海は、そう思わせる程、

 

温かく、美しい、ノンストレスな海だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タカベの弾丸。

 

空を飛んでるかのよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水底は約30mほど。

 

そこの20mをキープしながら、泳ぐ。

 

その感覚は、空を飛んでいるかのよう。

 

子どものころ、誰しもが夢見る『鳥になりたい』。

 

それを大人になって、叶えられるなんて。

 

 

 

今日の僕チームは、完璧なワイド系。

 

泳いで、泳いで、泳いで。

 

縦横無尽に泳ぎまくる。

 

時々生物を探して、また泳ぐ。

 

ずっとそれを繰り返していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スミレナガハナダイ

 

全部食べたい。

 

シマウミスズメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ログづけの時、

 

『本当に良い海だった。』

 

『気持ちよかったねー。』

 

『群れ凄いねー。』

 

と歓喜の声がと飛び交う。

 

 

 

生物を紹介する。

 

『タカベ』、『スズメダイ』、

 

『クロホシイシモチ』、『アオリイカ』。

 

あとはプラスアルファと言っていると、

 

アオさんから『いやいやデフォルトでしょ、それ。』

 

と悲しい言葉が。

 

ぼく『そんなことないですよ、僕の運が凄いんです。』

 

アオ『いやいや、探す気なかったでしょ。』

 

ぼく『・・・・・・。バレてましたね。』

 

すっかり、見透かされちゃいました。

 

 

 

さすが、アオさんですね。

 

確かに探す気はあまりなかったですけど、

 

あの群と透視度はデフォルトではないんです。

 

悲惨な時は、まーぁひどいんですから。

 

僕の運の強さに感謝してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この人数だってデフォルトではないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海に関しては、デフォルトなんてことはないですけど、

 

『僕が将来禿げること』と『僕が人の2、3倍食べること』

 

この2つに関してはデフォルトです。

 

アオさん忘れないで下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや

 

 

 

 

 

 

ひとりぬくぬく

 

 

 

2019.8.21(水) 井田 透視度8~12m 水温22.8℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミタッチさん、何してるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近頃、浅場と深場の水温の差が露骨になってきた。

 

 

 

この日も浅場は28℃台なのに対して、深場は21℃台。

 

 

 

ウェットでは地上がちょうど良く、水中がちょい寒い。

 

 

 

ドライでは地上が暑く、水中快適。

 

 

 

 

 

水中がちょっと寒くなっても、今は8月。

 

 

 

きっと平気なはず・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体調悪いミタッチさん

 

スフィンクス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっ!!なかなか暖かい!!

 

 

 

水深10m前後ぬくぬく泳ぐ。

 

 

 

快適だなぁって思い深い方へ深い方へと進んでいくと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロダイ

 

ガラスハゼ

 

ワニゴチ

 

キリンミノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒い。

 

 

 

15mくらいまで深度を下げるとかなりの寒さ。

 

 

しばらく我慢するも、5分いるだけでもう限界。

 

 

 

寒さに強い僕も思わず浅い方へ。

 

 

 

すると、皆も急いで浅い方へ。

 

 

 

それだけの寒さ。

 

 

 

 

 

 

おや、一人だけ深いとこにいる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人だけ快適

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リョウタくんだ。

 

 

 

ひとりだけドライスーツだから、快適でしょうがないみたい。

 

 

 

こっちは寒いっていうのに。

 

 

 

ひとりぬくぬく。ずるい。

 

 

 

 

 

 

 

 

あがってから、ミタッチさんに聞くと、

 

 

 

どうやら風邪をひいていたらしい。

 

 

 

相当寒かっただろうなぁ。

 

 

 

お大事に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきや