なにしに?

 

 

2018/6/16-17・田子-井田           透明度6-10m  水温19-22℃

 

 

 

お通しからして旨すぎるっ。

 

 

 

 

 

もはや定番化しつつある「すぎ屋で夜飯を」ツアー。

 

 

 

 

 

修善寺の百笑い温泉でゴシゴシと疲れをおとし、

枯渇したのどを引きつらせ「すぎ屋」の暖簾を乱暴にくぐる。

 

 

 

 

 

結露したグラスに注がれた琥珀色の美しさは言うまでもなく、

声高らかに乾杯の音頭をとって、鼻先が埋まるくらいにグラスを傾けた。

 

 

 

 

 

 

ぷはーっ。

吾輩、幸せである。

 

 

 

 

 

 

 

そしてお通しに箸をつける。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんじゃこりゃぁ”-っ!!!

お通しなんかではないっ。

めちゃくちゃうまいーっ。

極上の一品料理ではないかーいっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

やさしいお出しが染みたやわらかいトコブシ。

 

かけられたソースとの相性抜群の蒸し鶏。

 

香ばしい秘伝であろう衣に包まれて揚げられたカブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこにいた5人すべて、お通しですぎ屋さんのクオリティーに舌を巻く。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今宵も絶好調。

 

 

最高潮を迎えた5人の大人たちは、

もう明日のことなど考えずに杯を重ねていく・・・。

 

 

 

 

 

 

 

すぎやおまかせ♪

 

アツトロカニクリームコロ

 

 

 

 

 

 

 

 

この最高の時間を過ごす数時間前、

 

我々は田子の海に潜る休憩時間に、

昼ごはんを食べるために中華屋さんに向かって車を走らせていた。

 

 

 

 

 

 

宇久須の「大慶」。

ここでもラーメン、タンメン、ワンタンメンに餃子などを注文し

たらふく食べた。

 

 

 

 

 

 

20年ほど間からずっと気になっていた「大慶」は、

味こそパンチはないものの、地元の人間で賑わい、

何度でも通える味を提供する店だと知った。

 

 

 

 

 

 

宇久須の中華

 

餃子と、ビー・・・

 

 

 

 

 

 

2日目の朝日が昇り、早々にお昼ご飯を何にしようかと話し合う。

 

 

 

 

「弥次喜多」の魚河岸定食

 

「橋本」の蕎麦

 

「ひょうたん」の寿司

 

 

 

 

長岡温泉でさっぱりとした体は栄養を欲し、旬のものに対しての意欲が沸き上がる。

 

 

 

ということで、寿司に決定。

 

 

 

アジ寿司

 

板長おまかせ

 

 

 

 

 

修善寺の「百笑いの湯」に2回

長岡の「サンバレーの湯」にも浸かって、

 

 

 

 

 

ハナビラミノウミウシっ

 

メラメラウミウシ誤  ミアミラウミウシ正 オオミウマっ

 

はい。もう一匹別バージョンカイカムリ

 

はい。カイカムリ―。

 

イバラタツっ! byひろこ

 

ガラスハゼの幼魚っ    byひろこ

 

 

 

 

あ、そうそう。

 

 

海にも入って。(笑)

 

 

 

 

 

 

まさ

 

「なにしに?」への2件のフィードバック

  1. まあそんな感じのツアーってことは否定できませんが、最後にかろうじて海の話って笑
    でも、3本→1本は正解だったね

  2. あっきー
    妥当でしょ?
    2日目に1本だと窒素的にもがっつり攻められるし!
    アルコールもしっかり抜けるしっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。