よくある心配ごと

Cカードってなに?
ダイビングのライセンスカード、免許証とおもってください。
ただし国家資格ではなく、複数の民間の各指導団体が、おのおのCカードを発行しています。あまりにも知名度の低い指導団体のCカードを取得した場合、海外などでダイビングサービスを受けられない場合があるので、どこの指導団体でCカードを取るか、ちょっとだけ判断が必要です。
年齢や身体的制限は?
10歳以上から始められ、それ以外に年齢制限はありません。体力や運動神経も必要としませんので、他のどのスポーツよりも「始めやすい」と言えます。
ですが、投薬中・通院中・呼吸器または心臓疾患が当てはまる方など、場合により、お医者さんに判断を仰ぐことがあります。
OCEAN TRIBEでは、10代から70代までの方がライセンスを取り、趣味として続けています。
泳げませんけど・・・。
泳ぐための簡単なコツをお教えします。 息継ぎが出来なくても、体力がなくても、チャレンジすることが出来て、なおかつ続けられることがダイビングの良いところ。
おぼれないための確かなコツを、プール実習・海洋実習でインストラクターとしっかり練習しましょう。
サメは大丈夫ですか?
ダイバーが襲われた例は極めて皆無です。さらに、伊豆半島を取り巻く環境で獰猛な種類のサメに遭遇することはありません。
コンタクトでも大丈夫?
大丈夫ですが水中でコンタクトがずれる・流されるというリスクはあります。
自分のマスクをご購入されて、度入りのレンズを入れることも可能ですが、この場合は水から上がった後で、マスクを取ってしまうと見えなくなるなどのデメリットがあります。視力・今後のダイビングロケーションなどを踏まえてご相談ください。
女性1人でも大丈夫?
なんの問題ありません。マンツーマンになっても料金が変わることもありません。
OCEAN TRIBEでは女性がお1人で始めるというケースが約7割。
海洋実習の宿泊が、女性お1人様のみになった場合、原則女性インストラクターが担当します。
寒い?
気温・水温に合わせて、お貸出しするスーツを変えています。
「スーツ」と一口に言ってもその種類はいっぱい。ベストな選択は、年中通してのダイビングを可能にします♪
冬場は、身体が全く濡れないドライスーツを使用します。ドライスーツの中には、たくさん空気を入れて保温するので寒くありません。
ライセンス取得にかかる費用・日数は?
学科講習(1日)→プール講習(1日)→海洋実習(2日間)→Cカードお渡し(海洋後即日仮カード発行)。
4日間でライセンスが取得出来ます。
ここまでの料金は総額¥68,000(税別)です。
同じCカードを発行しているお店でも、日数・料金はバラバラ。「結局どれぐらいかかるのか。」料金も日数もきちんと調べましょう。
どこで、どんなことを講習でするの?
基本、全ての行程は自由が丘のお店に集合。
学科講習はお店で。プール講習はお店から徒歩10分の提携プールで行います。
海洋実習は、伊豆半島の海でコンディションが一番良さそうなポイントまで、インストラクターが連れて行ってくれます。
※現地集合希望の方はご相談ください。

学科講習は、店内のレクチャールームにて、ダイビングの予備知識を頑張って勉強♪(所要時間:1日 5時間程)
プール講習は、お店から徒歩10分の提携プールにて、水中でのトラブルシューティングを中心に、浮力の調整、フィンキックの練習♪(所要時間:1日 5時間程)
海洋実習は、プールで習得したことを、実際の「海」で試してみます。 (所要時間:2日間 計5本ダイビング)
器材はレンタルできますか?
OCEAN TRIBEのライセンス取得コースは、すべての器材がレンタル出来ますし、料金もレンタル料込みで計算されています。
まずはレンタル器材で講習をしっかり受けて、ダイバーになる。
「趣味として」、「もっとうまくなりたい」という方はMy器材を。
「まだよくわからない」「年2~3回ダイビング出来ればいい」という方はレンタル器材で続けられます。レンタル器材も手入れの行き届いた清潔な器材です♪

器材が欲しい方には・・・
限られたプロショップでしか扱う事の出来ないダイビング器材メーカー「NDS」の取り扱いがあるお店です。興味のある方はインストラクターにご相談ください。
販売する器材もちょっとこだわって、何十年経っても ”かっこいいもの” を。